便利チェック帳 基礎体温

おりものの役割

おりものの役割

おりものには、おりものにしか担えない役割があります。正常なおりものが、女性の体を健康的に保っている1つだと言っても過言ではありません。逆におりものに異常がみられる時は、体のどこかに不調を抱えているシグナルです。

おりものが担っている大切な役割を紹介します。これを読んで、おりものが私たち女性の体にとって、とっても便利で助かる存在だということを知ってください。

おりものは膣内の掃除屋さん

おりものは膣内の掃除屋さん

おりものは子宮から膣へ流れてきます。この時、子宮からの分泌液は、膣御分泌液と混じります。そして膣内の不要な雑菌や悪玉菌も取り込みます。

おりものが液体として膣内を流れることで、膣内は清掃されるのです。おりものが流れてこなければ、雑菌や悪玉菌は常駐したまま動かないので、膣内はどんどん不衛生になります。

おりもので膣内の悪玉菌を増やさない

おりものは膣の中でデーテルライン桿菌(でーてるらいんかんきん)を活用して、善玉菌と悪玉菌のバランスを維持しています。

デーテルライン桿菌は乳酸菌のなかでも健康を保持するために、大切な善玉菌を持っています。おりものが膣内に流れてくることで、デーテルライン桿菌は膣内で増殖しようとしている菌をくい止めてくれます。

おりもので性交をスムーズに

おりものは粘り気があり、滑らかな状態で肌表面を覆います。膣口におりものがあると、性交では挿入時の潤滑油になります。

もしも、おりものが少ないと性交時は痛みを感じることもあります。女性がおりものを出すことで、性交時に自身の膣口に感じる痛みを緩和させることができます。

また、精子が子宮にたどりつくように、おりものを排出していくことで、精子の通り道を掃除しています。おりものが出ているということは、受精しやすい環境を保ってくれているということなのです。

おりものが精子を長生きさせる

おりものが精子を長生きさせる

排卵期はちょっとドロッとしたおりものが目立つこともあります。このドロッとしたおりものは、弱アルカリ性です。

酸性を保っている膣内では長く生きることのできない精子を、弱アルカリ性のおりもの内に取り込めば、精子は膣内でも長生きできます。

排卵期の後の高温期は、弱アルカリ性のおりものが精子を守り、子宮までの道のりを助けてくれます。この働きが、さらに妊娠しやすい期間を後押ししてくれています。つまり、おりものは妊娠するためにも必要な存在なのです。

おりもので病気を発見

女性にとって膣や子宮のトラブルは、場所柄聞きにくいものなので発見が遅れがちです。おりものは、色や状態・においで細菌の感染や膣内の異常を発見することができます。色によっては、ガンを発見するきっかけにもなります。

おりものの異常を自分で確認して、婦人科や泌尿器科に相談すれば早期発見・早期治療が可能です。おりものの状態で、ある程度疑われる病気も絞られるので、受診する病院も正確に選ぶことができます。

毎日のおりものの状態をチェックするだけなら、自分だけでもできます。普段のおりものの色や状態、排卵期の色や量を知っているだけで、わずかな変化に気がつくことができます。

おりものチェック法は、自分にしかできないことです。毎日チェックする習慣をつけましょう。基礎体温をつけている人は、一緒におりものの状態も記入してみると、更に自分の体を知ることができてお勧めです。

おりもので出産サイン

おりものは、出産のサインを知らせる「おしるし」にもなります。赤ちゃんが産道に移動する準備をする時、赤ちゃんの部屋を作っていた子宮の壁がはがれ始めます。これが血液となって、おりものに混じります。

そのため、赤ちゃんが産まれる準備を始めたら、おりものに血液が混じって薄いピンク色に変化します。もしも、臨月でおりものに血が混じっていたり、おりものの色が薄いピンク色の時は、出産が近づいているサインだと思ってください。