生理痛の症状

生理痛とは、生理によって生じる体調の変化です。別名を「月経痛(げっけいつう)」とも呼びます。生理そのものよりも、生理痛に悩まされる女性は多くいます。

生理痛の症状は人によって、気になる部分や痛みが異なります。例えば生理による腹痛があったとして、お腹全体がキリキリ痛む人もいれば、下腹部が重たい感じで痛む人もいます。

生理痛経験者の中には、症状の辛さから起き上がることもきつい人もいます。座っていることも辛くなる場合は学校や仕事を休まざるを得ないという悩みが出来るほどです。

生理中の体調不良は、生理の影響があると考えられます。生理痛は風邪や歯痛とは違って、薬で完全に完治できる症状ではないことが特徴です。また次の生理がきたら同じ症状に悩まされる女性が多いようです。

生理痛と毎月上手に付き合うためには、自分が生理になったときにどのような症状に悩むか、その症状はどうすれば楽になるかを知りましょう。症状や改善策は人それぞれなので、自分の体を知ることが生理痛と付き合う最善策です。

生理痛による頭痛

生理痛の頭痛

生理痛の頭痛を経験する女性は、生理の出血よりも頭痛にストレスを感じることがあります。頭痛になると電話や人と会って会話すること、音楽をきくことなど聴覚を使うだけで疲れます。

頭痛のメカニズムははっきりと解明されていません。頭痛の原因は脳の血行拡張による影響や、ストレス、疲労と様々な方面から考えられます。生理による頭痛がおこる時は血行が悪くなっていることが多いと言われています。

頭痛の心配なところは、完全な治療策が解明されていないところです。生活に支障をきたすので、毎月生理が来るたびに頭痛に悩まされることは避けたいものです。

生理痛による頭痛の改善策は、頭痛の痛みを緩和させる環境作りとストレスの軽減です。本当はゆっくり休むことが必要です。特に頭痛に加えて目のチカチカ、発熱、けいれんが伴うなど他症状があるときは無理はできません。

頭痛は体の不調のサインでもあります。生理痛の頭痛に長く悩まされる時は、生理だけが原因とは言い切れません。市販の薬で緩和させるだけでなく、医師に相談することも考えましょう。

生理痛による腹痛

生理痛による腹痛は、生理痛のなかでももっとも代表的な症状です。お腹の痛みはキリキリ痛みが強い症状から、下痢を伴う痛みまで人それぞれです。稀に、痛みで起き上れない人もいます。

生理痛による腹痛は月経症状の多い生理2~3日目に強く出る人から、生理が始まる前日から始まる人もいます。生理前に子宮の収縮を促すホルモンが排出されるから出血より先に腹痛症状が出るのです。

痛みの度合いも軽く違和感を感じるものから、痛くて歩いたり電車にも乗れずに冷や汗をかくケースまであります。

出産未経験者では、生理で不要な子宮内膜が排泄される働きに腹痛を伴うことが多くあります。出産で経血が流れやすく改善されると、その傷みが緩和されることもあります。そのため出産前と後では腹痛症状が変わることがあります。

腹痛には精神的要因や冷え、ウイルスによるものなど原因も様々ですが、女性にとって腹痛は子宮の健康状態のバロメーターでもあります。子宮筋腫や子宮内膜症の兆候で腹痛がおこる場合もあるのです。

生理痛による腹痛は市販の薬では完治できず、症状を緩和することが目的とされています。生理痛による腹痛を和らげるためには冷えによる血行不良やストレス、疲労も見直していく必要があります。

生理痛による腰痛

生理痛による腰痛は、腰の痛みだけではなく倦怠感や重たい感じも含みます。生理が始まる少し前から腰に違和感を感じる人もいます。

生理痛による腰痛の痛みはジワジワと弱い痛みが長く続くケースや、経血の多い日に特定して重たく感じるケースなど様々です。

腰痛は骨盤とも密接しています。骨盤の異常が腰痛となって現れるケースがあります。骨盤がゆがんだ状態で生理になると血行不良から、生理症状が重たくなりがちです。

生理痛による腰痛には、血行不良も関係しています。特に足がむくんだり指先が冷えやすい人は、慢性の冷え症になる心配があります。腰を温めるように気を付けましょう。

生理痛による倦怠感

生理痛による倦怠感

生理痛による症状は痛みだけではありません。生理が始まることで体内のホルモンバランスが変化するので精神的な倦怠感も現れます。

生理前の倦怠感は黄体ホルモンが関係しています。排出した後に、卵胞は黄体ホルモンに変化します。つまり黄体ホルモンがあるということは妊娠できる状態ということなので、生理の倦怠感を治療するために黄体ホルモンを除去することはできません。

生理中の倦怠感では、出血による不快感もあり体を動かすことが辛く感じる人もいます。特に経血の多い生理2~3日目は疲労も溜まりやすく、倦怠感による体調不良が目立ちます。

ストレスの溜まりやすい時期は、自分なりの解消法やリラックスできる何かを見つけておくと便利です。

倦怠感は解消されずに続くと気分が悪くなって吐き気がしたり、全てにおいて無気力になるので腹痛や頭痛とは違った、薬ではなく気持ちのケアが大切です。

気を付けたいのは生理中の倦怠感が精神的な原因や、ホルモンの影響ではない時です。貧血の初期症状でも倦怠感はあるのでふらつきや顔色の変化がある時は医師に相談しましょう。

生理痛の倦怠感と妊娠のつわりは、人によって症状が似ている場合があります。もしも出血が無かったり少ないのにも関わらず倦怠感や疲労感だけ続く時は妊娠の可能性も考えられます。