妊婦の冬服選びのコツ

妊娠中の冬服選び

・着やすい。
・締めつけない。
・冷やさない。
・洗濯しやすい。
・着まわしできる。

妊娠中は月齢によって大きくなるお腹や、それに合わせて圧迫される胃を締め付けるようなデザインは着る機会が減ってきます。妊娠中に冬服をそろえる時は、月齢が進んでも着ることのできるデザインを選ぶと便利です。

短期間しか着ないかもしれないマタニティウェアにお金をかけることが、もったいないと感じる人もいます。でもお腹や胸のサイズが変わると着にくい服も出てきます。だからといって全部買い替えるのも大変です。

そこで冬服を購入する前に、自分でシュミレーションしてみましょう。例えば検診や買い物で着るマタニティを用意する場合、やみくもに買いそろえるよりも着回しを考えて揃えたほうが少ない枚数で済みます。

手持ちの冬服を仕分け

手持ちの冬服を仕分け妊娠中は、体重増加だけではなくお腹など特定の部位だけがサイズアップするので、普段着なれている服が着れない場合があります。

もう一度冬服を試着して、お腹が大きくなっても着れる服と産後にとっておく服を分けてみましょう。ここで足りないものが冬に足りないアイテムなので、マタニティを意識して買い足します。

手持ちの服でまだ着ることができるゆったりしたタイプが見つかったら、それに合わせたコーディネイトを考えてみましょう。足りないものが分かります。

例えば、白のカットソーと黒のカットソーがゆったりサイズで、妊娠中も着れそうな場合は、その2枚どちらにも合う羽織ものを探せば良いというわけです。家で過ごすことが多い妊婦さんはスウェット生地のパーカーも重宝します。働く妊婦さんは会社でも羽織れるカーディガンが便利です。

妊娠期間を考えると、どうしても適当になりがちなのが冬服です。特に寒い季節は妊婦の体を冷やさないために、外出も減りがちです。何度も買い物に行けないことを想定して足りないものを明確にしておくと便利です。あと通販を賢く利用して、無理なく冬服を揃えていきましょう。

大きくなるお腹に対応できる素材。

妊娠中は1ヶ月でお腹回りが変化するので、その都度買い替えるよりは続けて使いまわせる素材を選んだほうが経済的です。

綿はリブなどの伸びの良いものを選びます。天竺も綿の種類で下着に使われる素材なので、伸びても使いやすい生地です。トレーナーなどのスウェットはお腹を締め付けずに暖かさも保てるので部屋着にも便利です。

セーターなどの毛糸も縦横に伸びるので着やすい素材です。ただし毛(ウール)やツイードは、人によっては肌に直接触れるとチクチクしたり痒くなります。妊娠で肌が敏感になることもあるので、その時は下にインナーを着用します。

ウールで痒みやチクチク感が気になる時には、フリースやキルティングもお勧めです。冬ならではの厚みがあるタイプは防寒対策もバッチリです。薄手のタイプなら色によっては春まで着用できます。

逆にマタニティとして不向きなのは伸びがなく、着用時の形が決まっているような服です。スーツのスリムジャケットのように肩幅が決まっていたり、ウエスト回りがスッキリしている服は無理に伸ばして着ると窮屈そうに見えます。

ウエストには余裕をもって

妊娠中の冬服

・ウエストは伸縮可能なゴムやアジャスター。
・ウエストを絞ったデザインは妊婦に不向き。
・フリースやニットならお腹回りも暖かい。
・迷ったらオーバーオールや、ワンピースを活用。

妊娠中は、どんなに体重管理をしっかりしてもお腹回りのサイズは変わるものです。特に冬はパンツの下にタイツをはいたり、靴下をはいて足を冷やさない努力もします。ウエスト回りがジャストサイズのパンツの下にタイツを履くと、月齢が変わった時に窮屈に感じることがあります。

妊娠中にはくパンツやスカートのウエストは、ゴムやアジャスターで伸びるタイプが長く使えます。実は産後もすぐには妊娠前のウエストに戻りにくいと言われ、産後しばらくはマタニティウェアを併用して着ることも考えられます。このことからも、ウエストは多少の伸び縮みが可能なタイプを選びましょう。

もしも妊娠中から産後まで着続けるパンツに悩んだ時はオーバーオールが便利です。オーバーオールなら、産後の育児中も動きやすく重宝します。同じようにスカートに迷ったらジャンパースカートやワンピースも着てみましょう。

妊娠初期から中期のまだマタニティを着るほどお腹が出ていない時は、巻きスカートが便利です。ハンドメイドでも簡単に作ることができ、通常の巻きスカートよりも横幅を広く作れば、ある程度のお腹のふくらみにも対応します。

妊娠中はウエストが窮屈に感じたら、我慢せずに違う服を着ます。妊娠前のようにお腹をへこませることは避けましょう。

ミニ丈よりもミディアム・ロング丈

妊婦の冬服選びでは、体を寒さから守ることも大切です。ミニスカートやショートパンツは、どんなに温かい素材でも下半身を冷やしがちです。膝丈くらいのミディアム丈や、ロング丈のスカートやパンツは下半身を寒さから守ります。

冬は風も冷たいので、お腹回りに冷たい空気がはいってこないほうが安心です。ただし歩きにくいタイトなロングスカートは、お腹回りにシワガよりがちです。少しフレアーなほうが足を動かしやく、立ち座りもラクです。

家庭で洗濯できる服

冬の妊婦服は、家庭の洗濯機で簡単に洗うことができると便利です。冬は外干しでなかなかカラッと乾きにくいこと、寒い時期はいちいちクリーニングを出しにいけないことと、なにより妊婦服は着まわすので家庭で洗ってどんどん着るものです。

妊娠中は家事に時間をかけることができる時期と、家事が進まない時期があります。お手入れが大変な服は、洗濯を後回しにしたり着る機会が減ってしまいます。それよりも、どんどん洗濯して室内干しできる冬服の方が活用できます。

冬服を購入する時は、洗濯のマークを必ずチェックしましょう。ドライマークでも、ドライ用の洗剤で洗えるなら大丈夫です。そうでない場合は妊娠中にどれだけ活用できるかを、考えてから購入しましょう。

上手に重ね着

妊娠中は冷えを意識して沢山着こんでしまいがちです。着る組み合わせによっては着ぶくれして動きが制限されることも考えられます。特に厚手の服の重ね着には注意してください。

厚手の服を組み合わせる時は袖や首回りの形の違うものを重ね着します。タートルネックの上にはUネックのカーディガンを羽織れば首回りがスッキリします。腕が動かしにくい時は長袖だけではなく、ボレロやベストを組み合わせて動きやすくしましょう。

1番上に羽織るものは場所によって脱ぎ着できるほうが便利です。冷えを気にするあまり、常に着すぎているとあせもや、のぼせの原因になります。肌着は温かいものにして上着は簡単に着脱して、場所によって体温調節してください。





関連イメージ