妊娠中のトラブルの心構え

多くの妊婦さんはからだに大きなトラブルもなく無事に赤ちゃんを出産していきます。しかしどんな些細な症状にだってトラブルの可能性はあります。

妊娠中のからだのトラブルはあっという間に重症になるケースがあります。そのときには心構えと医師の対応が重要になってきます。

医師任せにしない

妊娠中は医師の説明や意見は絶対的なものがあります。しかしどんなに素晴らしい医師だって何もかも知っているわけではないし、いつだって正しい判断を下せるわけではありません。

トラブルの心構え

トラブルが起こったときに危ないのはあなたの赤ちゃんです。不安なときは医師の説明だけではなく落ち着いてより多くの情報を集めましょう。

しっかり説明を受ける

何か特別な症状が起きたときは、医師にしっかり伝えてしっかり説明を受けるようにしましょう。タイミングを逃すと検診期間があいて不安が大きくなるばかりか、症状が悪化する可能性もあります。

大きな病院が安心とは限らない

どうしても大きな病院が安心という心理が働きますが、いざというときには頼りになるとは限りません。医師がたびたび変わったり、診察に口を挟みづらい雰囲気だったりすることがトラブルの発見を遅らせることもあります。

セカンドオピニオン

他の医師の診察を受けることをセカンドオピニオンといいます。主治医の説明に納得がいかないとき、診察が信頼できないとき、また対応に大きな不安が残るときはセカンドオピニオンを考えてみてください。

実際に医師によって対応は様々で、まったく正反対なことを言われる場合もあります。

安心情報を過信しすぎない

参考書や参考HPでは、確率の低い症状やトラブルに対して多くの場合「ほとんど影響ありません」とか「まず心配はいりません」という書き方が目に付きます。実際この「e-妊娠」でもそのようなページがあります。

しかしどんなに確率が低くたってトラブルが起こる可能性はあるのです。何か特別な症状が出た場合は情報を過信しすぎないことが大切で、必ず医師に相談をしてください。

インターネットで相談する

当サイトのリンクからインターネットで産婦人科の医師たちに相談できるサイトがあります。少し返答に時間がかかってしまうサイトもありますが参考にしてください。

また過去の妊婦さんの相談も見れます。様々な悩みがありますので、同じような症状が見つかる場合もあるかもしれません。

役立つリンク






関連イメージ