子宮筋腫

子宮筋腫とは子宮にできる良性のこぶ(腫瘍)のことです。ガンのように悪性ではないので生命に関わる病気ではないし、悪性化することもほとんどありません。

子宮筋腫の知識

気づきにくい筋腫

子宮筋腫は決してめずらしいものではありません。自覚症状がないために気づかない人もたくさんいて、成人女性の5人に1人はが筋腫持ちであると考えられています。

子宮筋腫の特徴

妊娠前には月経過多や強い生理痛、貧血を起こしやすくなります。妊娠中には筋腫が大きくなりやすく、出産するとまた小さくなります。閉経後には小さくなります。

主にできる場所

  • 筋層内筋腫-子宮壁筋層内にできる筋腫でもっとも発生率が高い。
  • 粘膜下筋腫-発生率は少ないが小さくても過多月経や月経痛などの症状がでやすい。
  • 漿膜下筋腫(しょうまくかきんしゅ)-子宮漿膜の下に向かって大きくなるが症状は軽いことが多い。
  • 子宮頸部筋腫-発生率は少ないがお産に影響を及ぼすことがある。

子宮筋腫の原因と予防

はっきりとはわかっていませんが女性ホルモンが影響すると考えられています。ホルモンの分泌が多い30~40代の女性が多く、閉経後は小さくなる傾向があります。

また遺伝や食生活にも関係すると考えられていますが、現在のところ予防することはなかなか難しいようです。積極的に定期健診を受けるしかありません。

妊娠前の筋腫の症状

筋腫が大きくなると下腹部にしこりができたり、膀胱を圧迫して尿が近くなったりします。また長期にわたり圧迫し続けると動悸や息切れ、心臓にも負担がかかる場合もあります。できる場所が粘膜下筋腫、筋層内筋腫ですと月経過多や強い生理痛、あるいは貧血を起こしやすくなります。

不妊の影響と流産

できた場所が粘膜下筋腫、筋層内筋腫ですと子宮内膜に凹凸ができてしまい、不妊や流産早産の原因になることがあります。妊娠中期には今度は筋腫が大きくなり、ごくまれに胎のうを圧迫して赤ちゃんを押し出してしまう事があるようです。

子宮筋腫の治療

経過観察、薬物療法、手術があります。

経過観察

閉経が近い人や筋腫の小さい人(3cm程度)は3~4ヶ月に1度の健診で様子を見ることが多いようです。妊娠中も他の治療は取りにくいので筋腫の経過を見ていくことになります。

発生率は低いですが子宮頸部筋腫の場合のときは赤ちゃんが通る産道を筋腫が邪魔をするために帝王切開になることがあります。

薬物療法

子宮筋腫を完全になくすことはできませんが、筋腫を小さくしたり症状を軽くしたりできます。エストロゲン分泌が低下し、一時的に閉経状態になります。

子宮筋腫の摘出手術

妊娠中に筋腫を取り除く手術をすることはまずありません。筋腫だけを取り除く子宮筋腫核手術と子宮すべてを取り除く子宮全摘術があります。

子宮筋腫の摘出手術体験談

よくある質問

子宮筋腫を早期発見するには?

定期健診をうけるしかありませんが、急に生理の量が多くなったり生理痛が重くなったりします。出血にレバーのようなかたまりがあったり、下腹部のしこりがわかる場合もあります。

子宮ガンになりやすいの?

子宮筋腫が子宮ガンになることも、また子宮筋腫があるから子宮ガンになりやすこともないようです。ただまれに子宮筋腫だと思っていたものが肉腫だったというケースがあるようです。

妊娠したいけど子宮筋腫がある

子宮筋腫は不妊症の原因になることもあり、また流産を起こしやすくなります。妊娠との影響は筋腫の大きさと場所によります。筋腫の大きさが3cmぐらいまでは問題がないとされていて、それ以上の場合は医師と相談し手術するか決めるようです。

妊娠中に子宮筋腫がわかった

妊娠中に薬物療法や手術をすることは普通ありません。胎盤が圧迫されて多少小さめの赤ちゃんになることがありますが障害などを起こすことはまずないようです。筋腫が子宮口以外ならもちろん普通分娩も可能です。






関連イメージ