子宮外妊娠

子宮外妊娠とは、受精卵が子宮内膜以外に根をはって着床してしまうことです。軽い出血が間隔をおいてあったり持続したりします。出血量は少なく激しい腹痛があるのが特徴です。

子宮外妊娠の知識

まず子宮外妊娠は全妊娠の2%ほどしかありません。始めて病院に行った時に医師にはっきり「妊娠している」と診断をされないと、子宮外妊娠の不安を感じる妊婦さんが多いでしょう。

医師は子宮内に胎のうを確認できるまではっきりした態度を取らず不安になるかもしれません。でもそれは喜ばせて万が一があった時のことを考えているのです。

胎のうの確認

子宮内に胎のうが確認されれば子宮外妊娠をほぼ否定(*1)できます。胎のうは通常は妊娠5~6週までには確認されます。しかし生理の周期が不安定(着床時期のずれ)だと確認が遅れることもあります。(*1 唯一双子などの多胎妊娠のときにはもう1人の赤ちゃんが子宮外に着床していることがあります)

子宮外妊娠

正常な妊娠

正常な妊娠とは受精卵が子宮内部に着床することをいいます。子宮外妊娠は受精卵が子宮にたどり着く前に着床してしまうのです。

子宮外妊娠で着床する場所

卵管、卵巣、腹腔(ふくくう)、子宮頸管(しきゅうけいかん)などがありますが、そのほとんどが(98%以上)が卵管に着床します。

赤ちゃんの状態

着床しても赤ちゃんが育つスペースがありません。それなのに赤ちゃんは大きくなろうとするので、流産したり卵管が破裂したりして母体も危険な状態になることがあります。

子宮外妊娠の手術

子宮外妊娠がわかった時は卵管部分を切除するのが一般的です。しかし症状や時期によっても違うようです。以下のリンクは当サイトに報告された、子宮外妊娠の「腹腔鏡手術」と「開腹手術」の体験談です。

今このページを読んでいるほとんどの人は、「胎のう」が確認できずに不安な状態を過ごしている人だと思います。しかしイタズラに知識をつけることで、ますます不安が増してしまうことがあります。これらのページは「子宮外妊娠の可能性がある」と言われた人が見ることをお勧めします。

●子宮外妊娠/腹腔鏡手術
●妊娠初期での流産診断→子宮外妊娠発覚、手術迄の流れ
●子宮外妊娠/開腹手術
●子宮外妊娠/両卵管摘出手術

子宮外妊娠の症状

  • 陽性反応が出ます
  • つわりがおこることがあります
  • 差し込むような痛みがあります
  • 下腹部の特に片側だけに激しい痛みがあります
  • 痛みが広がってきます
  • 吐き気が起こることもあります
  • 肩の痛みがあることもあります
  • 初期の出血は少量で、出血がないことも
  • 卵管破裂すると大量な出血があります

子宮外妊娠の予防

残念ながら現在のところありません。過去に子宮外妊娠を経験している人や卵管の手術をしたことがある人、避妊リングをからだに入れている人などは子宮外妊娠を起しやすいとされています。






関連イメージ