子宮頚管(頸菅)ポリープ

ポリープとは粘膜から発育したイボを総称して言います。子宮にできるポリープは子宮頚管ポリープと子宮内膜ポリープがありますが、そのほとんどは子宮頚管ポリープです。

子宮頚管ポリープの知識

良性の腫瘍

子宮頚管ポリープは良性の腫瘍で、粘膜の上皮細胞が増殖して形成されています。大きさは3mm~5mmほどで大きくなっても1cm程度にしかなりません。

子宮頚管ポリープの症状

痛みはありませんが簡単に出血するようになります。おりものに血が混じったり、仲良しの後や内診の後に出血しやすくなります。

子宮頚管ポリープの原因

はっきりとわかっていませんが、細菌が感染して炎症を起こすことが原因と考えられています。

妊娠前の治療

子宮頚管の場所は子宮の入り口に当たります。根元が細いものであれば外来で鉗子という器具でたいした痛みもなく取ることができます。根元が太い場合は切除に出血をともなうので手術室で切除することになります。手術は短時間で終わる簡単なものです。

妊娠中の治療

子宮頚管ポリープ自体が妊娠に影響することはまずありません。妊娠初期の流産しやすいときは放っておきます。胎盤が完成する妊娠4ヶ月以降には切除することがありますが、医師によって違うようです。

再発の可能性

子宮頚管ポリープを取り除いてもまた繰り返しできてしまうことは、よくあります。原因である炎症が改善されていなかったり、切除したときに根っこが残っていたりするのが理由です。

組織検査の理由

ポリープは良性なのに病院でガン検診をする場合があるでしょう。それはガンの中にはポリープ状に成長するものがあります。そこで念を入れて組織検査をすることがあるのです。

子宮内膜ポリープ

子宮内膜ポリープは女性ホルモンのエストロゲンが大きく関係しています。子宮頸管ポリープと比べると発生率は非常に低く、生理の出血が多くなったり貧血になったりします。

*詳しくは子宮内膜ポリープ






関連イメージ