妊娠中期の尿漏れ

妊娠ホルモンが活発化

妊娠中期は、ますます妊娠ホルモンが活発化します。この頃から母乳生成の準備も始まって、母体は赤ちゃんの母親としてお産に向けた体型に変化し始めます。

妊娠初期から活動し始めた、黄体ホルモンを中心とした妊娠を継続させるホルモンは、安定期を迎えるとさらに活発化します。

つわりの不快感が消えたら、今度は眠気が強くなったり、お腹が膨らみ始めたり、個人差はありますが乳房が張ったり痒くなる人もいます。

黄体ホルモンは、子宮が大きくなるので支える筋肉をさらに柔軟にさせます。これで子宮を支えやすく、お産に向けて産道ができやすくなります。

ところが、子宮を支える筋肉が柔らかいので子宮の重みで筋肉が下のほうへ下がります。

その結果、膀胱(ぼうこう)は上から子宮に押されてしまいます。これでは膀胱が刺激されて、尿漏れしやすくなってしまうのです。

安定期に突然の尿漏れ

妊娠初期の尿漏れは量も少ない人が多いのですが、妊娠中期になると尿漏れに気がつく人も増えます。

やっと、つわりも終わって体調が良くなったと思ったら、今度はトイレが近くなったり、尿もれや残尿感を感じるようになります。

子宮が大きくなると膀胱を圧迫

膀胱の場所

安定期に突然、尿漏れが始まるのは子宮が大きくなった影響です。膀胱(ぼうこう)の場所は、わかりやすく説明すると子宮の前面にあり、どちらかというと子宮のほうが上に位置しています。だから子宮が大きくなれば圧迫されてしまいます。

膀胱が圧迫されても、収縮すればよいのですが、膀胱の中に尿を貯めるので、尿が貯まれば膀胱も風船のようにふくらみます。すると、私たちのお腹が大きくなると皮膚が伸びるように膀胱を覆っている膜も伸びて薄くなります。

膜が薄くなれば刺激にも過敏になるので、子宮が圧迫を与えれば、普段よりも敏感に反応して尿を排泄してしまうのです。

もともと下腹部を鍛えていない人、運動不足で皮下脂肪が増えた場合は、より尿漏れを促進しやすいので気をつけましょう。

運動不足が長期化

つわり症状が目立った人や、産休に入って体を動かす機会や、歩く時間も減った人は運動不足になります。妊娠中期は比較的、体を動かしやすいといっても妊婦にできる運動は限られています。

でも、妊婦の体は赤ちゃんを守って子宮の成長を促進させるために、お腹周りに皮下脂肪をつけ始めます。運動不足で筋肉は落ちるのに、皮下脂肪がつくのでますます膀胱に重みがかかります。

おもらしが恥ずかしい

妊婦の尿漏れ妊娠初期から「尿漏れかもしれない」と悩んでいた人は、中期になってさらに尿漏れ量が増える可能性があります。

くしゃみや、階段をおりただけでも尿漏れしそうになります。多量になると、おもらしをしたようで恥ずかしいいものです。

ただ、妊婦にはよくある症状です。常に膀胱に力を入れているとお腹にも力が入ってしまうので、今から膀胱を鍛えたり骨盤低筋を鍛えるのではちょっと遅いです。リラックスしてお腹にストレスを与えないように心がけてください。

安定期はお出かけもしやすいので、尿漏れにどう対処するか考えましょう。服によっては尿漏れでシミができる場合もあります。おしりまで隠れるチュニックは尿漏れしても目立ちません。淡い色や、シミが出やすいフィットしたパンツは避けます。

尿漏れパッドで対応

尿漏れが大量になることがあったら、おりものシートでは水分を吸収しきれなくなります。生理用ナプキンでは、水分を含みすぎてパッド内に水分を閉じ込めておけなくなります。

抵抗があるかもしれませんが、尿漏れパッドが安心です。尿漏れの量に合わせて、使用を考えてください。

または、ちょっと早い購入になりますが産褥パッドも試してください。通常のパッドよりは大きいので、前後の漏れをキャッチします。しかし、尿漏れパッドほどの吸水率はありません。

ショーツは防水加工のある生理用ショーツが便利です。ただ、お腹が大きくなってくると窮屈です。産褥ショーツも防水加工があるので外出に安心です。通常のショーツよりもお腹周りがゆったりしているのが特徴です。

妊婦検診で相談

妊娠中期で尿漏れに悩んだら、対処方法を考えると同時に妊婦検診でも相談してみましょう。

尿漏れをすぐに止める処方はありませんが、エコー検査で子宮の位置に異常がないか確認してもらいます。体重管理、食生活の見直しを指導されることもあります。早く見直すことで症状悪化を予防しましょう。

そのためにも、安定期で体調がよいときでも定期健診には通うことを心がけてください。





関連イメージ