妊娠初期の尿漏れ

ホルモン変化によるの尿漏れ原因

妊娠するとホルモン分泌が変わります。これは妊娠初期からあらわれる変化です。妊娠を継続させるための黄体ホルモンの働きによる影響です。

これから大きくなる子宮を支えるため、やがて訪れるお産のために、黄体ホルモンが骨盤低筋(こつばんていきん)という子宮を支える筋肉部分が柔らかくします。その結果、今までよりも膀胱にむけて尿路が刺激されやすくなります。

普段よりもトイレに行きたい、でも行っても少ししか出ないという繰り返しに悩む妊婦さんは、妊娠によって周辺の筋肉が緩んでいることに敏感に反応していると考えてください。

黄体ホルモン

つわり症状と並行する大変さ

妊娠初期はつわりと尿漏れが並行しておきるケースもあります。この場合、ちょっと大変ですが乗り切るしかありません。

つわり症状を改善することと、尿漏れを改善することは全く違います。どちらを優先させるかで、もう一方が改善されないこともあります。時と場合によって、どちらを改善させたいか考えてみましょう。

水分摂取に悩む

気をつけたいのは、つわり症状の不快感から水分摂取が多くなるときです。妊娠初期ならまだ子宮による圧迫は少ないものの、徐々に育ち始めている子宮は、尿道に刺激を与えるので普段よりも早くトイレに行きたくなります。

つわりによる嘔吐は脱水症状を予防するためにも水分摂取が大切です。口内をスッキリしたくて水分をこまめに飲むのも、つわり対策の1つです。尿漏れがあるからといって、水分を控えるとつわり症状の不快感が改善されないのも悩みです。

でも、もしも軽い尿漏れが始まっているなら水分摂取が多いほど尿漏れの心配も増えてしまいます。どちらかを優先しても、どちらかの症状が出てしまうのでストレスが溜まりがちです。

運動不足が尿漏れを悪化

つわり中は運動不足になりがちです。妊娠初期は特に初期流産を防ぐためにも、妊娠がわかったら無理をしないことも大切なので、運動不足に陥りやすい妊婦さんも多いのです。

ところが運動不足によって筋肉が落ちると、妊娠で柔らかくなった骨盤低筋がさらにパワーダウンします。筋肉の活動の1つである「引き締める」働きが弱まって、尿が漏れてしまいます。

だからといって妊娠初期は母体も赤ちゃんも不安定なので、筋肉を鍛えるとはいっても可能な運動やストレッチは限られています。妊娠初期は運動不足だとわかりつつ、鍛えることのできない期間でもあるのです。

経産婦は要注意

妊娠初期から尿漏れに悩むケースは、2人目以降の妊娠になる経産婦さんに多いようです。

1人目の妊娠で骨盤低筋が緩んだあと、産後も尿漏れが続いている場合は、妊娠初期から尿漏れに悩むことがあります。

骨盤低筋は筋肉ですが、お産のために緩んだら元に戻す努力が必要です。自然と戻る人もいれば、産後の体の回復に合わせて骨盤を集中的に鍛えて戻す人もいます。

ただ、こうした骨盤低筋を鍛えるストレッチや運動は、妊娠初期ではできない動きもあるので注意してください。

我慢すると膀胱炎に

膀胱炎

妊娠前からトイレに行くことを我慢しがちな生活だった人も、妊娠中はできるだけ我慢しないでこまめにトイレに行きましょう。

妊娠初期は、つわりさえ緩和できれば仕事も継続できるので、ついつい妊娠症状を我慢しがちです。

でも、尿意だけは我慢しないほうが、膀胱炎(ぼうこうえん)を予防できるうえに、尿漏れも予防できます。

膀胱炎になると熱や痛みを生じる他にも、尿漏れがあっても残尿感が続いたり、尿漏れの不快感が増えて悪循環です。

もしも妊娠初期で尿漏れがあるときは、これからお産に向けて症状が進むことも考えられるので、尿意を感じたらこまめにトイレに行くことを心がけましょう。

また、尿漏れに多量の水分摂取は逆効果ですが、膀胱炎の治療では水分が必要になります。対処方法を、よく医師に相談してください。妊娠中の膀胱炎は珍しくないので、早めに診察を受けることが大切です。

おりものと尿漏れ

妊娠初期は、尿漏れの量も少ないので、おりものか尿漏れか区別しにくい状況もあります。おりものが透明で水っぽい場合、「尿漏れかもしれない」と焦ってしまいます。

べたついたり白っぽい場合は、おりものと判断しやすいのですが、水っぽくて判断しにくい場合は時間がたつほど雑菌が増えて臭いが変わるので、判別しにくくなります。

妊娠初期でも、おりものと尿漏れの判断が不安なときは医師に相談してください。時には、子宮のトラブルや細菌による炎症のサインにもなるので、異変を感じたら我慢し続けないようにしてください。

おりものシートで確認

少量ならば、おりものか尿漏れかの判断はおりものシートで確認してください。外出中に下着に染みてしまったら臭いが変わったり、雑菌が繁殖したまま放置しがちです。

おりものシートなら出血の有無や色もわかりやすいので、異変に気がつきやすいメリットがあります。おりものシートは、尿漏れが大量になると水分をたっぷり吸収できないので、尿漏れが少量の場合のみ活用できます。





関連イメージ