子宮外妊娠/腹腔鏡手術体験談

*このページはずっと赤ちゃんが欲しいと頑張ってこられた「いちますさん」が書き残してくれた、辛い子宮外妊娠の開腹手術の体験談です。

リセット3日目から高温期に入りました。4月の事だったので、気温と共に体温も上がったのかな?とあまり気にしていませんでした。

しかし、リセット後も高温期は続き、胸の張りの取れないままだったので、軽い気持ちで妊娠検査薬を使用しました。結果は陽性でした。

その後病院へ行きました。尿検査でやはり陽性が出たので、超音波検査をしたのですが、胎のうは確認出来ませんでした。すぐに子宮外妊娠を疑われ、腹腔鏡の設備のある病院へ紹介状を出してもらって、転院する事に。

転院した病院で、血中hcg値は高いのに、なかなか胎のうが確認出来ない状態が2週間程続きました。 この頃からつわりの症状が出ていて、私自身、子宮外妊娠に間違いないだろうと感じていました。

『不全流産の可能性もあるから、1度子宮の中をキレイにしましょう』という事で子宮内膜掻爬の手術を受けました。静脈麻酔で、中絶のような手術でした。時間は10分程度です。日帰り入院で出来ました。

子宮内膜掻爬の手術後の内診で、やっと赤ちゃんが見えました。場所は右の卵管で、心音も聞く事が出来ました。7週~8週目くらいだったので、いつ卵管が破裂してもおかしくないらしく、緊急で手術をする事になりました。

すぐに点滴を打たれて、術着に着替えました。

・梅毒血清反応   ・B型肝炎ウィルス
・C型肝炎ウィルス ・HIVウィルス
の感染症検査の為、血液を何本も抜かれました。

同時に、耳に針を刺して、血液の止まる時間を調べていました。(ピアスホールを開ける感じでした。) ここまで、すべて診察室の中で行ったので、本当に緊急なんだな~、と意外と冷静に考える事が出来ました。

いつ大出血を起こしてもおかしくないので、移動はすべて車椅子でした。心電図、胸部レントゲンを撮った後、病室で横になっていました。主人と義母が病院に到着し、そのまま手術の説明を受けに行きました。

手術は約1時間半でした。朝ご飯を食べていたため、局部麻酔で、切開での手術となりました。 脊椎に麻酔を打った後、両脚が痺れてきて、感覚が無くなってきました。

尿管を入れられた感覚も分からない程でした。少し薬で眠らせてもらったのですが、手術中は意識もあり、先生の話なども聞き取る事が出来ました。

術中に切除した卵管と赤ちゃんを見せてくれました。ただ頷くしか出来ませんでしたが、不思議とその時は自分の事ではないように思っていました。その後、洗浄をして手術は終わりました。

処置室へ運ばれ、皆と話をする事が出来ました。気を使って、明るくしてくれたのが、救いでした。 麻酔が切れてくると、下腹部がズキズキ痛みました。痛み止めを打ってもらったりしましたが、その夜は眠る事はできませんでした。

翌朝から常食の食事が出ましたが食べられる状態ではなく、残してしまいました。 入院する部屋が処置室の隣りだったので、歩いて移動しました。(点滴台にしがみ付いて、やっと歩きました) 癒着と血栓予防の為に歩いて下さいと言われました。歩けたので、尿管も取ってもらえました。

傷の痛みは日に日に和らいでくるのですが、私を悩ませたのが頭痛でした。 麻酔の影響らしいのですが、割れてしまう位の頭痛が4日続きました。

お風呂は術後4日目に入る事が出来ました。その時に傷口を見ました。下腹部に横5~6cmの傷でした。体に吸収されてしまう糸を使用したため、抜糸はありませんでした。

手術から1週間で退院する事ができました。改めて、卵管が破裂する前に姿を見せてくれた赤ちゃんに、命を助けてもらったと感謝しています。それと、8週間私のお腹の中で生きてくれていた事も。 その子は今回お空に帰ってしまったけど、また私達夫婦の元に舞い降りて来てくれる事を信じています。

長くなってしまって、ゴメンナサイ。私のこの経験が、少しでもお役に立てれば・・・と思っています。みゆままさん、投稿する事を後押しして下さって、ありがとうございました。

*いちますさん 辛い体験を報告してくださって本当にありがとうございます
こうのとりが再びいちますさんのもとへ訪れることをお祈りしています。