妊婦と口臭の深い関係

妊娠中は、つわりや特定の食べ物に対する固執などの変化が見受けられます。例えば、それまでは苦手だった甘いものが大好きになったり、逆に酸っぱいものばかり食べたくなる時期もあるでしょう。そうした食生活の変化に加えて口内のバランスも微妙に変化していきます。

口内ケアを怠ると、先ず虫歯が心配ですが、実は妊娠中は口臭も発生しやすいのです。わりと自分では気が付きにくい口臭ですが、虫歯予防と同時に口臭予防も考えてみましょう。

妊娠中の口内の変化

常に口内に食べカスが残りがち

妊娠中は何も食べたくない時期もあれば、なぜか食欲が増加する時期もあります。飴を舐めたりガムを噛んで口内のネバネバ感や口寂しさを解消することもあるかもしれません。唾液が減少するので水分補給も頻繁になりがちです。そのようなことが続くと、口の中に食べ物や飲み物が停滞する時間が増えていき、必然的に食べカスも停滞しやすくなります。

唾液がアルカリ性から酸性へ

妊娠中は唾液がアルカリ性から、歯を溶かす酸が増えて酸性に変化します。さらに唾液が減少しやすく、歯の表面の汚れが残りがちです。そうした環境で虫歯が発生しやすくなるのですが、歯に食べカスがプラークとして残る状況は口臭を発生する原因にもなります。

歯磨きへの嫌悪感と唾液減少

歯磨きに関しては、歯ブラシを見るだけでも気分が悪くなる妊婦さんもいます。つわりの間は仕方のないことですが、やはり歯磨きに消極的になってしまうと口内清掃が不十分になりがちです。

もしも歯磨きが長くできなくても、通常は唾液が歯の表面のプラークを流します。ところが妊娠中は唾液も減少しやすいので、自浄作用があまり期待できません。

妊婦の口臭原因

糖尿病などの体の病気による口臭原因を省いて、妊婦に考えられる口臭原因を挙げます。

虫歯

なぜ、妊娠中の虫歯の原因とも思われる口内変化が、口臭の原因にもなるのでしょうか。それは虫歯のできる過程にあります。

そもそも虫歯は酸によって健康な歯が溶かされてしまうことです。この時に虫歯の菌がたんぱく質を分解すると、口臭の原因となる臭いを発生させるのです。特に神経まで虫歯菌が達すると歯の根っこから腐敗臭が出ます。ですから虫歯が進行すれば、口臭も発生しやすくなるというわけです。

歯周病

歯周病も口臭を発生しやすい症状です。歯と歯茎の間にある歯周ポケットと呼ばれる溝に汚れが溜まると、歯周病菌が汚れカスのたんぱく質を分解して溶かしてしまいます。この時にメチルメルカプタンや硫化水素といった成分が発生します。メチルメルカプタンは玉ねぎやキャベツの腐敗した臭いと称されるほど悪臭と呼ばれる成分です。

舌苔

最近では舌専用のブラシが販売される程、舌のケアも注目されていますが、舌の表面に付着する舌苔(ぜったい)も口臭の原因の1つです。

舌(した)の苔(こけ)と呼ぶほどですから、舌の汚れは気にかけて清掃しないと付着したままになりがちです。メチルメルカプタンは舌苔からも発生します。特に妊娠中は唾液が減るので舌の汚れも意識的に清掃する必要がありそうです。

虫歯治療の金属や義歯

意外なところでは虫歯治療の金属の被せものが挙げられます。実は被せものの隙間は汚れが溜まりやすく、歯と金属の境目は虫歯になる要注意ポイントでもあります。

なんとなく金属の被せものをすれば安心だと思われがちですが、吸収性があるのに取り外せない為、歯磨きを怠れば細菌のすみかになってしまいます。そこから口臭が発生しても、治療後の歯が原因だとは気が付きにくいと思います。

口臭の確認法

タバコやニンニクを好む人なら口臭を気にするかもしれませんが、口臭は妊娠の有無に関わらず、常に自分では分かりにくいものだと思います。よく聞くのはコップに吐いた息を自分で嗅ぐ、身内や気の許せる相手が臭いを確認するなどです。最近は、息を吹きかけるとメチルメルカプタン等のガスに反応する口臭チェッカーという商品もあります。

歯の治療や歯科検診の際に、口臭の相談をすることもお勧めです。歯科医側からの歯や口内の健康も踏まえたアドバイスは貴重な情報だと思います。

口臭の予防法

口臭予防としての歯科治療

口臭予防は口内の清潔と、虫歯や歯周病の治療で防ぐことができます。口臭スプレーやガムで口臭を消すことはできますが一時的な対処法に過ぎません。やはり、予防は歯と口内の健康を維持することだと思います。

その為には歯医者での定期的なケアが大切ですが、つわりや体調の変化によって、妊娠中は歯科検診が後回しにされがちです。妊娠後期になれば、お腹も大きくなって治療の為に椅子に座り続けるのも疲れるものです。しかし口内全体の健康は自分だけでは保てないことが沢山あります。歯医者で虫歯の早期発見・初期治療をすると口臭の発生も大幅に抑えることができると思います。

口臭予防に使える歯間ブラシ

歯間ブラシは歯と歯の間にある、歯ブラシでは取り除けない細かい隙間の汚れを除去できる特性があります。特に妊娠中は口寂しくて間食が増えることもあります。食事回数が増えれば汚れの付着回数も増えますが、歯磨きに加えて歯間ブラシで溝や隙間の汚れを除去する習慣があれば、細菌の繁殖を抑えることができます。

歯並びの悪い個所は、特に歯間ブラシが活躍します。大きさも携帯しやすいので外出時も使うことができます。

口臭予防に使えるマウスウォッシュ

マウスウォッシュは、妊婦に適した予防法だと思います。口内を洗い流して清潔を保つとともに、妊娠中にありがちな口内のネバネバ感や乾燥を緩和することができるからです。

食欲がない時や、歯ブラシを使うと気持ち悪くなる時期にも利用できます。しかし、これも一時的な処置に過ぎません。雑菌は洗浄できますが、歯の溝やこびりついたプラークまでは完全に除去できるとは言い切れないからです。

人気の高いマウスウォッシュ→

口臭予防に効果的な食べ物

口臭予防に効果的だとして注目されているのは乳酸菌です。乳酸菌と言えば腸の善玉菌を増やす役割があります。腸を内環境が悪化すると体臭や口臭がきつくなると言われています。乳酸菌を積極的に摂取すると、腸の健康だけでなく口臭の予防にも役立つと考えられます。

口臭は赤ちゃんに遺伝するの?

口臭の有無が赤ちゃんに遺伝することは認められていません。しかし、歯や口内のケアは過程での習慣作りが大切だと思います。特に赤ちゃんの口内ケアは親が気を付けてあげることの1つです。妊娠中に気を付けた口内ケアは必ず、その後の育児にも活用できると思います。

関連記事→妊婦と歯のトラブル






関連イメージ