丸最新のトピックスはこちら!

出産育児一時金がアップ

出産育児一時金、35万円へ

2006年、10月1日から、出産するともらえる出産育児一時金の金額が、30万から35万円にアップしました。

出産手当金の引き上げは少子化対策の一環で、少しでも出産する人の負担を軽減しようとしたもので、私たちにとっては嬉しい変更となりました。

またもう1つ嬉しいことは、今までは後払い式となっていた「出産手当金」が、病院への直接支払いが出来るところが増えたと言うことです。

*ここから 2006 10/5 読売新聞引用

今年の10月からは、出産育児一時金を、健康保険から直接病院に支払ってもらえるケースが出てきました。健康保険からの出産育児一時金を受け取る制度を病院側が導入していて、出産の1か月くらい前までに申請しておけば、出産育児一時金は「後払い」ではなく、病院に直接払ってもらえることになったのです。この方法を利用すると、退院の際は35万円を超えた金額だけを、窓口で支払えばOK。帝王切開で出産したなど、35万円よりも入院費用が安くすんだ場合は、35万円との差額が後から還付されることになっています。

*ここまで引用

出産育児一時金とは

出産育児一時金とは、妊娠?出産で戻ってくるお金のことで、加入している健康保険から支払われます。出産育児一時金を貰える対象者は、夫婦のどちらかが「健康保険(種類に関わらず)」に加入していることです。

出産は病気ではないために、通常では保険が利きません。そのために平均40万円と言われる分娩、入院費用が負担にならないように、手当金として支払われる制度です。

出産育児一時金の特別事例としては、多胎妊娠の場合は人数分、また妊娠85日以上の流産・死産の場合でも支払われるということです。

また自治体によっては、出産育児一時金の他にも、付加金(+α)が貰える場合もあります。出産育児一時金は地域によって、多少違いがあるので役場などの窓口で1度聞いておくと安心できます。




トピックスサイトマップ→



関連イメージ