丸最新のトピックスはこちら!

ポカポカ体質になるコツ

妊娠中でも実践できる冷え症対策、ポカポカ体質つくりのコツをわかりやすく説明します。妊婦にとっても、妊娠を考えている人にとっても体の冷えは天敵です。ポカポカ体質を完成させることで、妊娠から出産に向けて悩みが解消されるメリットがたくさんあるのです。

ポカポカ体質とは

手浴

ポカポカ体質とは、自分の体の内側からポカポカしているいる体質のことです。暖房やコートだけに頼らず、自分の体を温めることで、もっと冷え性を予防します。

ポカポカ体質は1日で出来上がるとも言えません。だから、寒い冬よりもちょっと早めに、秋から始めることがおすすめです。

ポカポカ体質には妊娠中や、妊娠を考えている女性にとって嬉しい効果が沢山あります。その中の幾つかを紹介します。

太りにくい体

血行がよい燃焼系のポカポカ体質はエネルギーをしっかり代謝します。妊娠中も気になる余分な脂肪は停滞しにくくなります。

冷え症改善

ポカポカ体質は指先など血行が回りにくい部分まで、新鮮な血液を循環させるから冷え症予防できます。

お腹の張り予防

妊娠中にお腹が張る原因の1つは血行不良です。体を温めると血のめぐりも停滞しなくなります。

むくみを解消

ポカポカ体質は体の中から代謝をよくするので、運動不足や同じ体勢続きでむくみやすい妊婦の体をサポートします。

足のつり予防

妊娠後期に近づくと、夜中に急に足がつって痛みで目が覚めることがあります。このとき足はパンパンで血行が止まっているかのように見えます。日頃からポカポカ体質を心掛けて、健康的な体温を保つことで足のつりは予防できます。

睡眠不足の解消

妊婦はお腹が圧迫されて、不眠や浅い眠りになりがちです。ポカポカ体質なら体が温まりやすいので、眠りやすい状態をつくります。

ざっと挙げても、これだけの効果が期待できます。もしも上記の悩みが解消されない場合は、なおさらポカポカ体質をおすすめします。

根菜類を食べよう

食事でポカポカ体質を目指すには、特別な料理や高価な食材は必要ありません。ちょっと食材選びに気をつけるだけで大丈夫です。

根菜類は、食べる部分が土の中で育っている野菜のことです。根菜には体を温める効果が期待できます。具体的にはゴボウ・人参・サツマイモ・レンコン・こんにゃく・生姜などが根菜類に含まれています。

ゴボウは食物繊維(水溶性食物繊維イヌリン)も豊富だから、便秘気味でも薬を飲めない妊娠中は便秘薬代わりにおすすめです。色味も薄くて、それだけでメインにすることが少ないので地味な野菜だと思われがちですが、酢水に浸してアク抜きすれば調理後もきれいな色をしています。

ゴボウに限らず根菜類には食物繊維が豊富です。中には水溶性食物繊維のため溶けだしてしまうものもあります。しっかり摂取するには味噌汁やスープに加えます。基本的に、味がしみ込むと美味しいと言われる食材が多いので煮込み料理にも適しています。

他にも、生姜(ショウガ)は血行促進や体温保持、唾液や胃液の分泌を促して食欲増進と消化促進、殺菌作用も期待できるので風邪などウイルスに感染したくない妊婦にとってはおすすめの食材です。

簡単にポカポカ体質を体験するには、紅茶やハチミツ湯に、すりおろし生姜を加えてみましょう。体の内側がポカポカ発熱し始めるのがわかります。

体を温める果物選び

ポカポカ体質を目指すなら、果物の種類にも注目してください。果物には沢山の栄養がつまっているので、妊娠中もおすすめですが、もっと詳しく紹介すると体を冷やしやすい果物と温める果物に分類できます。

代表的な体を温める果物は、林檎(りんご)です。林檎なら妊娠中でも甘味料を使わずに食べることができるし、ちょっと甘味を持たせたいときは加熱すれば甘味がでます。

逆に体を冷やしやすいのは南国の果物です。実はレモンも冷えやすいと言われていますが、レモンだけを大量に食べることが継続されていなければ冷えに繋がるほどではありません。心配な人は、体を温める生姜(しょうが)のすりおろしと組み合わせてレモンジンジャーティーや、レモンのショウガ漬けがおすすめです。

お腹を温める

冷え性を予防するには、指先など末端を温めることばかり気にしがちが、妊娠中や妊娠を考えている人はお腹にも注目しましょう。

妊娠中はお腹のなかであかちゃんが過ごしています。いわば、母体には母体自身の心臓と別に、お腹のなかにも小さな心臓があるわけです。だから小さな心臓の周辺もポカポカ温かい環境にしてあげます。

腹巻や腹帯はダイレクトにお腹を温めることができます。お腹が温まると、張りが予防できたり、腰も温まって疲れが溜まりにくくなります。

マタニティウエアも活用してください。パンツはハイウエストでお腹をすっぽりカバーしてくれます。リブ編みなど伸縮に優れた素材なので、お腹を締め付けずに温めることができます。

妊娠初期や中期前半でお腹のふくらみが目立たない人や、妊婦体型に抵抗のある人はなかなかマタニティ用の下着も使わないかもしれませんが、マタニティ用はお腹を締め付けずに包むので体を冷えから守ってくれます。

朝は部分浴

足浴ポカポカ体質を目指すには、起床時から体を温めることが大切です。でも、秋冬は起床時から体がポカポカしていることが少なくなります。

かといって、朝からゆっくり入浴できるわけでもないときは部分浴で末端を温めます。指先や足先といった末端は、血行が行き渡らなくなって冷たくなりやすいので冷え症に悩む女性にとってはウィークポイントです。朝はウィークポイントの改善から始めることがおすすめです。

指先だけなら洗面台でも大丈夫だし、足だけなら部屋着のままでも温めることができます。

お風呂と違って準備も片付けも簡単なのが継続しやすいポイントです。寒くなる前から日課にして朝から体の内側を温めていきましょう。

特に朝のつわりで食事が進まないとき、お腹の張りが気になるときは血行を良くすることで体調が改善することがあります。10分以内で済むことなので試してください。

毎日歩いて全身運動

上記の3つで継続できることや、挑戦しやすいことにウォーキングを組み合わせると、もっとポカポカ体質を維持しやすくなります。

妊娠中は激しい運動ができなかったり、今まで通っていたジムをお休みしたりと運動の方法も変わってしまいます。そんな時は、家の周辺だけでできる運動をしましょう。歩くだけでは大したことがないように見えますが、ウォーキングはやり方次第で全身運動になるのです。

家の周辺でできるメリットは、自分の好きな時間に天候に合わせてできるから継続しやすいこと、体調がすぐれなかったりお腹が張ったら帰宅できることなど妊婦にとっては安心感があります。

ウォーキングが全身運動といっても汗だくになって体を動かさないところが、激しい運動のできない妊婦に適しています。

全身運動にするためには、腕を振って歩くことがポイントです。腕を振ることで、肩が動くからコリが解消できます。肩も血行が停滞しがちな場所なので、毎日動かすと軽く感じるようになります。

疲れを溜めない

入浴

ポカポカ体質を継続させるためには、疲れたらすぐに解消して、疲れを溜めこまないことも大切です。

もしもウォーキングや軽いストレッチでも疲れを感じたら、その日のうちに解消しましょう。そうでないと、疲れが溜まって歩くことが苦痛になったり、健康的な食材を考えて調理することが面倒になってしまいます。

起床時は簡単に部分浴をおすすめしますが、夜はゆっくり入浴しましょう。シャワーだけで済ませてしまう人も、疲れた日は湯ぶねにつかって本を読んだり音楽を聞いてみましょう。

秋冬は夜がとっても冷えます。入浴後のマッサージやストレッチで冷えてしまう人は、湯ぶねにつかりながら足をマッサージするのもおすすめです。しっかり足の疲れをとっておけば、夜中にこむら返りで目覚めることも予防できます。



トピックスサイトマップ→



関連イメージ