マタニティー名刺活用術

マタニティー名刺とは?

最近人気が増えているマタニティ名刺。いろんな場面でお手軽に活用できることで、今後は雑誌などのメディアでも取り上げられる機会が増えてくるかもしれません。ちょっぴりお洒落なマタニティー名刺、ここでは活用術について考えてみました。

マタニティー名刺

春は別れや出会いの季節ですね。 花粉症の人にはまだまだ辛いかもしれませんが、暖かくなって妊婦さんにとっても過ごしやすくなります。そんなときには気分転換に公園、運動不足の解消に散歩、母親学級の参加など、外出の機会もどんどん増えてくるでしょう。

そんな出会いの場では同じような悩み、楽しみを持つプレママとの会話にすごーく共感を覚えるものです。しかし少し会話をするような関係になっても、こちらから名前やメールアドレスを聞くのは気が引けたり、お互いが手元に携帯がないときも多いものです。

そんなときに自己紹介を兼ねて大活躍するのが「マタニティー名刺」です。名前、趣味、よく行くお店、携帯アドレスなど。そして自分の写真?などを印刷して相手に手渡したらメール交換よりもずっとインパクトがあり印象に残るでしょう。何よりマタニティー名刺はやりとりが手軽なのが大きなメリットです。

赤ちゃんの写真が入るスペースを空けておき、出産を終えて妊婦時代のママ友達との再会時にお互いに写真交換をしたりして楽しんでもいいと思います。 出産時の入院生活では出産した後も連絡をとりあうほど仲良くなることも多いので 出産準備品の中に名刺を用意しておくと入院中、スムーズに自己紹介を兼ねて活用できます。

パソコンが得意な人は無料ソフトなども利用して自分で作ってみるのも楽しいですね。マタニティー名刺を作るのは大変という妊婦さんには名刺を作る販売サイトもあるので利用してみるのもいいと思います。

マタニティー名刺をうまく活用すれば、病院検診の時、母親学級、出産時の入院生活中と、あなたの妊娠生活はより充実した時間になるでしょう。スマートでお洒落なマタニティー名刺、妊娠生活の強い味方としてぜひ利用してみては?

2015・4・8 e-妊娠、みほペン


トピックスサイトマップ→



関連イメージ