丸最新のトピックスはこちら!

院内助産院と出産事情

院内助産院について、やさしく説明します。今まで産婦人科と助産院は別の分娩施設でしたが、お産スタイルの多様化と産科減少に対応した院内助産院というシステムが普及されつつあります。

院内助産院とは

看護師さん

院内助産院とは、緊急時に対応できる病院と連携して、正常経過の妊産婦に対して診察や精神的なケアを助産師が行うシステムです。緊急時の対応や、院内助産院の利用基準はそれぞれの病院や医師の判断が必要です。

院内助産院は病院内にある安心感と、助産院のもつ女性が安心して頼ることのできる助産師のサポートを両方兼ね備えた存在です。

ただし細かな受け入れ基準は医師の診断や妊産婦本人の希望を照らし合わせたうえで判断されるので、どんな経過や症状でも利用できるとは限りません。

院内助産院が普及し始めたことで、妊産婦の希望を生かしたお産の多様化が今後も進むことが期待されます。

助産師の経験と安心感

医療施設の整った病院で、万が一のお産トラブルや新生児への医療的処置ができる出産環境をのぞむ一方で、助産師の妊産婦に適した対応やアドバイスも魅力的だと感じる妊婦さんも多くいます。

妊産婦が助産師に、求めることは医療的な技術とはちょっと違うようです。「自分らしい出産や希望を聞いてほしい」「緊張や不安を和らげてほしい」といった精神的なサポートを求める場合に助産師を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。

お産は多様化しても、妊娠出産の不安はいつの時代も変わりません。。そんな時に妊産婦と同じ目線に合わせて励ましてくれる人や、アドバイスをくれる存在は出産の緊張感を和らげてくれるものです。

日本では助産師の資格は女性に限られています。こうした安心感に加えて、妊産婦に特化して関わってきている助産師の女性ならではのアドバイスやサポートも信頼感があります。

助産院の減少

また、正常な妊娠経過でお産トラブルも予測されず助産院での出産を希望している一方で、本当に万が一赤ちゃんの命に関わるトラブルが起きた時の心配も捨てきれません。

助産師のもとでお産をしている時にたらブルが起きたら、医療的な処置は医師に任せることになります。医師の診察を受けるための移動や時間がかかる問題も捨てきれません。

例えば妊娠経過が順調でも、急きょ普通分娩が不可能な状態になったとします。もし、帝王切開に変更せざるを得ない状況になったら医師の医療行為が必要なので、助産院ではお産ができなくなります。

こうした時に備えて、助産院では近隣の医療施設と連携をはかっていますが、お産が始まる時間も決まっていないので移動経路や時間は確定されない部分も多く、これを「リスクがある」と考える人もいます。

そのため、助産院での出産は妊産婦の強い希望や、家族の了承が重要視されています。ただ近年は、これまで助産院で活躍していた助産師の高齢化や少子化による分娩そのものの減少も後押しして、助産院が減少しています。

助産師は医師ではない

赤ちゃんとこうのとり

では、どうして帝王切開など医療行為になると助産師にお願いすることができないのでしょうか?

日本では助産師は、正常な経過の妊産婦の分娩においてのみ助産行為が認められているからです。

正常分娩でない場合や帝王切開など医療行為にあたる場合は、助産行為ではなく医療行為に切り替わるから医療資格のある医師が必要なのです。ざっとかみ砕くと、「助産行為」と「医療行為」は全くの別物だということです。

じゃあ助産師は医師より信頼できないのかと言ったら、そんなことは決してありません。女性ならではの細やかなアドバイスや親身になった産前産後のケアを考えると、妊産婦にとって良い助産師に出会えることはかなり幸せなことだと言えます。

出産は多様化時代に

こうして「万が一の時に助産院から病院の医師へ引き継ぎが、ちょっとでも早くできたらもっと安心だ」という妊産婦の願いは、院内助産院で解消されつつあります。

院内助産院に求める信頼感は、女性ならではの産前産後の体のサポートでも高まります。医師に求める医療技術や知識とは別の、妊産婦が安心してお産に臨める環境作りも出産に特化した知識をもつ助産師だから気がつくことです。

どの病院でもこうした制度を取り入れているわけではありませんし、院内助産院や助産師に対する考え方も人それぞれです。でも、考え方が人それぞれだからこそ、これからもお産スタイルは多様化していくと考えています。

院内助産院をはじめとしてお産は様々な希望が取り入れられるようになっています。もっと、妊産婦が安心して出産して自信をもって育児を始めるサポートと、赤ちゃんが健康的に産まれることのできる環境作りが進むことを願います。



トピックスサイトマップ→



関連イメージ