丸最新のトピックスはこちら!

育児休業3年を考える

政府の成長戦略の一環で妊娠出産に関わるプランが浮上しています。現行の育児休業制度の期間を延長して最大3年間の育児休業を取得できる制度です。休業期間延長で期待したい待機児童解消、職場復帰にむけた不安を解説します。

現在の育児休業制度をおさらい

育児休業3年現在の育児休業制度の取得期間は最長1年半です。具体的には赤ちゃんが出生して、1歳になる前日までが育児休業を取得できる期間です。でも、赤ちゃんが1歳に達するまでに育児休業している労働者および配偶者が、1歳以降も休業が必要だと要望した場合は1歳6ヶ月まで延長できます。

その際は、延長を申し出る本人が、赤ちゃんが1歳に達するまでに育児休業制度を利用していることや、もしも夫婦で交代する場合は1歳に達する前に育児休業制度の交替を行っていなければならない、保育所に申請しているが面接が終了しないなど多少の条件があります。

最長1年半という期間が短いと感じる母親も多く、「本当はもっと子どもと過ごしたい」と思うことがほとんどです、でも女性の社会進出がめまぐるしい現在、必要とされている仕事も多く、簡単に育児休業制度をふりかざして赤ちゃんと過ごせない状況もあるそうです。

実際は長く育児休業制度を利用できる状況であっても、職場復帰が遅れるほど自分の仕事上での立場や役割が減っていくことが心配だったり、収入的に不安で働かざるを得ないママも多くいるのです。

そのため社会では、育児休業制度を取得しやすい環境を作ると同時に、産後の女性の社会復帰を前向きに受け入れる姿勢も求められています。

育児休業3年延長とは

現在、育児休業制度の最長1年半延長を3年に引き延ばすプランが浮上しています。まだ本格的に採用されてはいませんが、この案が成立した場合、働く女性にとってはメリットが増えると同時にデメリットや不安も増える可能性があると指摘されています。

これから出産を控えている家庭では、育児休業を取得するかどうか、もし取得するならどの程度の期間が必要なのか考えてみましょう。

待機児童問題の解消

もしも育児休業制度が最長3年延長できたら、育児休業中の待機児童数は減少するから、待機児童問題が解消につながるという考えがあります。

育児休業を赤ちゃんが1歳を迎える前日までで終えずに、さらに半年延長するのはママ自身の問題と言うよりは赤ちゃんの問題が多く考えられます。赤ちゃんを安心して預けることができないなら、ママは働くことができないのです。

育児休業が3年に延長されたら、職場復帰を早々に諦める必要がなくなるママも出てくるでしょう。また、「これでは赤ちゃんの預け先や保育を母親だけが担っているようだ」と考える意見もあります。

職場復帰への不安

ママ産後、何年も職場に行かないということだけで復帰には不安が付きまといます。自分がいなくても仕事が進んでいることへの焦りもあります。

育児休業期間が延びれば延びるほど、自分がいなくても進んでいる仕事に、復帰してすぐに必要な人材になれるのかどうかも疑問です。

休業期間が長ければ長いほどママへのプレッシャーも増えがちなので、妊娠前と同様の待遇での職場復帰を考えたら延長するか悩んでしまいます。

適齢期の女性雇用への影響

女性にとって仕事面でも適齢期だと考えられる年代での妊娠出産、育児休業は会社にとっても人材の損失だと考えるケースがあります。

育児休業がさらに延長できると決まれば、会社は最長取得期間を他の誰かで補てんするなり、新たな人材を探すことを考えなければいけない必要に迫られます。

そう考えると法的には問題ない育児休業を取得している場合でも「これ以上休んでほしくない」と周囲が考える場合、企業としては育児休業をとらずに続けて働く人材を優先して選ぶことにもなり兼ねません。

家庭の収入問題

育児休業制度で心配されるのが家庭の収入です。共働きで生活していた場合、妻が産休に入ると必然的に総収入も減ります。さらに赤ちゃんが加わるので、収入と出費のバランスが変わります。

この問題が原因で、育児休業制度を長く利用できないという家庭もあります。解消するためには育児休業制度の期間ではなく、家庭の総収入をあげる必要があります。

もしも育児休業が3年に延長された場合、育児休業制度を取得する計画をパパとママはどう考えているのか、出産前にゆっくり話し合ってみましょう。

まだ決定されていないプランとはいえ、育児休暇を上手に取得するには育児の役割分担や復帰時期など、夫婦で話し合いたいことが沢山あります。

ママだけで進めないこともポイントです。育児休業制度は赤ちゃんの育児に関わることなので、パパにも意見を聞いて2人で育てる意識を高めてください。

2013・5・17 e-妊娠、みみいペン


トピックスサイトマップ→



関連イメージ