丸最新のトピックスはこちら!

どうして妊婦は汗っかき?

妊娠中の汗

妊娠すると、普段以上に汗をかいたり、体が熱くなることがあります。妊娠初期症状として、体の熱や汗を感じる人もいます。

汗をかきすぎていると悩んでいる妊婦さんや、普段以上に体がポカポカしている妊婦さんはけっして異常ではありません。妊娠中に汗を沢山かくようになったり、体がポカポカ熱くなる理由と、汗をかいた時の対処法を紹介します。

どうして汗が増えるの?

妊娠中の汗妊娠中に発汗量が増えたと感じるのは、体内が大きく変化しているからです。

妊娠すると母乳を作るために乳腺が発達して、乳腺の血液の循環が活発的になります。血液の循環が増えれば、その部分は体温が下がらなくなります。妊娠前よりも、胸に汗をかきやすくなるのです。

妊婦は胸だけではなく、体全体が熱っぽく、汗をかきやすい状態になります。特に上半身が熱っぽく感じるのは、体が赤ちゃんのために脂肪をつけようとするからです。

赤ちゃんのいるお腹周りは、赤ちゃんを守るために丸みを帯びて膨らみます。この時、ママのお腹につくのは筋肉と言うよりは脂肪です。脂肪は体温を保持しやすいので、さらにママの体をポカポカにします。

体がポカポカしている理由

妊娠中に、体がポカポカしていると感じる人は多くいます。妊娠に気がついた時に「そういえば最近、体がポカポカしていた」と初期症状に挙げる妊婦さんもいるほど、妊娠すると体温は高温を維持します。

基礎体温を記録している人は、妊娠すると生理や低温期がくるはずの時期になっても高温期が維持されます。これも妊娠のサインの1つです。

妊娠によって体がポカポカする理由は、ホルモンが変化しているからです。頭痛が伴う場合もあります。ちょっと風邪症状と似ているので、自己判断の難しいところです。

高温にならずに低温期と大差のないまま妊娠するケースもあり、誰もが体のポカポカを強く感じるわけではありません。

ポカポカを感じる度合いも、汗をかくほど暑いと感じる人もいれば、なんとなく体が温かいと感じるだけの人もいます。ポカポカしているから、妊娠中は冬の外出でも寒さを感じにくいという人もいます。

体温の上昇を感じることや、体がポカポカしていると感じる度合いは個人差があるので、妊娠中の一過性の症状だと思ってください。

胸の汗はどうする?

マタニティブラやスポーツブラ妊娠中は胸の下側に汗をかきやすくなります。暑い時期は、汗がたまって、あせもが出現することもあるので注意してください。

妊婦が胸に汗をかきやすくなる1つめの理由は、乳腺(にゅうせん)の発達が影響しています。母乳を作るために乳腺が発達しますが、まだ赤ちゃんが飲まないので乳腺の中は停滞しがちです。詰まると熱をもつことは、出産後にもあるトラブルです。

妊婦が胸に汗をかきやすい2つめの理由は、下着による締め付けです。妊娠すると、どんなに体型管理をしていてもお腹が膨らんだり、バストサイズが変わってきます。妊娠前の下着がだんだん合わなくなります。

特にワイヤー入りの下着は注意してください。形が変わりにくくサイズ変更にも対応しにくいので、体型変化がある時は向いていません。ワイヤーの締め付けで息苦しくなったり、肌に跡が残ることも心配です。

妊娠中に胸に汗をかきやすくなった時は、汗を吸収しやすくて洗濯しやすい素材を選びましょう。サイズが変わりやすいので、スポーツブラやパッド付きのキャミソールタイプの下着が重宝します。

妊娠してから胸に汗をかきすぎると感じている人は、妊娠月に関係なく早めにマタニティブラの使用も考えてください。きっと乳腺の発達が影響しているので、産後も汗をかきやすい傾向にあります。早めに購入しても、産後の授乳期でも使用するので損はしません。

マタニティブラ(楽天)

脇の汗はどうする?

妊娠中は、脇の汗にも気をつけてください。外出時は汗をかきやすいので、脇の汗染みに困ることがあります。汗が停滞すると、臭いが発生することもあるのでこまめにケアしてください。

脇に汗をかきやすい妊婦さんは、汗脇パッドなどを活用してください。脇にパッドをつけると夏の暑い季節では、汗が衣類に染みて周囲に気がつかれることや、服の変色を防ぎます。

汗ふきシートや、ウェットティッシュでこまめに拭きとると不快感が減ります。汗をかきやすい季節は、携帯用を持ち歩くと安心です。

妊婦さんが脇の汗を気にする時は、ノーズリーブやキャミソールが気楽な服装ですが、外出先や室内での冷房の冷えに注意してください。羽織れるものを用意して、冷えを防ぎます。

妊婦の体が冷えると、血液の循環がわるくなって、お腹が張りやすくなったり、夜中に足がつってしまうことがあります。

汗をかくのは良いこと

妊娠中は、ただでさえ疲れやすく眠くなったり、つわりに悩まされて辛いものです。汗をかきやすい妊婦さんは、なるべく汗をかかないようにしたいものですが、まったく汗をかかないのも体に良くありません。

私たちが程よく汗をかくことは、体の老廃物を排出したり、体温の調節に役立つからです。

サウナや過度の運動で、大量に汗をかく必要はありませんが、お散歩や家事で多少の汗をかくことは必要です。

夏は熱中症にも気をつけたいところですが、汗をかきにくい体質の人は体に熱がこもりやすく、体温調節が活発に行われないので熱中症になりやすいそうです。多少は汗をかいた方が体温調節もできて、熱中症予防になるのです。

2012・8・3 e-妊娠、みみいペン


トピックスサイトマップ→



関連イメージ