丸最新のトピックスはこちら!

紫外線の基礎知識

夏に向けて紫外線が気になる季節になってきました。まだまだ夏にはなっていないと、安心しがちですが、実は春から夏が始まるまでの期間が最も紫外線量の増える時期です。

紫外線と言えば夏のイメージです。7月にはいると気温も高いので、紫外線を気にする人が増えます。でも、6月まではまだ気にしていない人も多いようです。紫外線の基本を、わかりやすく紹介します。

紫外線の多い時期は?

紫外線の多い時期紫外線は夏ばかり注目されますが、私たちは1年間を通して毎日、紫外線を浴びています。なかでも紫外線の多い時期は4〜8月です。

関東でも、ちょっと気温が上がると半袖で十分だと感じる時期は、真夏以外でも紫外線の多い時だと覚えてください。

紫外線量でちょっと驚くのは、ピークは6月の夏至前後だということです。だいたい6月の20日前後が夏至です。

実は6月の夏至前後は7〜8月の真夏よりも、紫外線量が多いのです。そのわりには紫外線ケアを本格的に頑張る時期が遅い人が多いようです。

9月も秋になるとは言っても、まだまだ夏の延長だと考えてください。10月後半になってやっと紫外線量は低下し始めます。

紫外線の強い時間帯は?

紫外線の強い時間帯紫外線の強い時間帯は午前中の11時から、午後3時までです。天候にも左右されるので毎日決まった時間にピークを迎えるとは予測できませんが、お昼を挟んだこの4時間が紫外線量ピークを迎える時間帯です。

紫外線量は日本では南の地域に行くほど増えると考えてください。極端ですが、北海道と沖縄では倍近くの紫外線量の差があります。

紫外線量の強い時間帯は、日陰にいても100%紫外線をブロックしていません。レースのカーテン越しでも、紫外線は肌に到達しています。髪の毛の下の地肌だって日焼けしてしまうことがあります。

UVって何の略?

よく耳にする「UV(ゆーぶい)」は、英語の「ultraviolet(うるとらばいおれっと)」の略です。紫外線が光のスペクトルの紫よりも外側にあることから、アメリカでは紫外線を「ultraviolet」と呼びます。日本ではそれを略して「UV」と呼びます。

紫外線は悪者?

紫外線は日焼けによるシミ・ソバカスを生成したり、目の表面を傷つけてしまうなど良いイメージがありません。UVケアまでして紫外線を避けますが、悪い影響ばかりとも言えません。紫外線を浴びると肌はビタミンDを作り出します。これは紫外線の良いところです。

ビタミンDが足りないと、ビタミンD欠乏症(びたみんDけつぼうしょう)になります。骨が弱くなって姿勢が悪くなったり、すぐに骨折する「くる病(くるびょう)」が有名です。だから。赤ちゃんも日なたぼっこが必要だと言われているのです。

他にも紫外線は殺菌能力が強いと言われています。小さな虫を光で誘導して電気ショックを与える害虫駆除も、紫外線を利用しています。紫外線を過度に浴びずに、上手に利用する方法は沢山あります。

紫外線とオゾン層破壊

紫外線とオゾン層破壊と聞くと難しい話しに聞こえますが、ようするに環境破壊は紫外線を強めてしまうという話です。

紫外線は太陽光の中に含まれています。つまり紫外線をシャットアウトすることは太陽をシャットアウトするようなものです。その中でも紫外線はUVA・UVB・UVCの3つに分類されます。UVCは大気を通過して私たちまで、あまり届かない性質があるので、気にしたいのはUVAとUVBです。

UVAとUVBはオゾン層を通過して、私たちのいる地上に降り注いでいます。つまりオゾン層が、ちょっとしたフィルターの役割を担っています。太陽光は本来もっと強い光線ですが、オゾン層で有害な紫外線を吸収するので、私たちまで直接届いていないのです。

ところが私たちの生活が豊かになると、様々な物質が大気に排出されていきます。中でも塩素を含んだフロンと言う物質は、オゾン層まで到達すると太陽光で分解されて、オゾン層を分解してしまう成分になってしまうと判明しました。

そこで、フロンガスなどフロンの規制をして、現在はオゾン層の回復を進めています。でも、まだ完全に回復していないので、紫外線は薄っぺらいフィルターを通って、私たちまで到達しているようなものです。

参考:経済産業省「オゾン層を守れ」

2012・5・16 e-妊娠、みみいペン


トピックスサイトマップ→



関連イメージ