丸最新のトピックスはこちら!

あなたのストレス発散法は?

妊娠とストレス発散妊娠・出産を迎える女性にとってストレスは大敵です。でも、どんなに前向きにストレスをためないように心掛けても、ちょっとずつストレスが溜まってしまうものです。あなたのストレス発散法はなんですか?自分にピッタリのストレス発散法を再確認してみましょう。

よく耳にするストレス発散方法を紹介します。これを読みながら「私と同じ」と共感したり、「私は違う」と考えてみましょう。自分にとって1番気持ちよくストレス発散できる方法が見つかれば、ストレスをため込まない妊娠・出産ライフに近づきます。

美味しいものでストレス発散

ケーキでストレス解消女性にとってストレス解消の代表格といえば、美味しいものや好物を食べることです。ただし妊娠中の人は、脂肪分や糖分の摂りすぎに注意してください。体の中に脂肪が蓄積されると簡単には除去できないので、産道を狭くしたり妊娠中毒症の原因になり兼ねません。

可能ならば、妊娠前から脂っこい食事や糖分の多いスイーツ類の摂取量を考えてください。そうはいってもストレス解消に糖分の摂取量を気にしていては、逆に神経をとがらせて疲れてしまいます。

例えばケーキが食べたくなったら、カフェまでの道のりは徒歩でのんびり。家で食べたい時はお皿を変えてみましょう。沢山食べたい時は一口サイズに切って、果物やヨーグルトと一緒に仕切りプレートに載せれば、ケーキの量は少なく盛り付けることができます。

美味しいものを食べることだけを目的にしないで、美味しいものを食べるまでのプロセスも楽しんでください。

食べるだけでなく、作る方にも挑戦してみては。産後は、時間をかけて凝った料理を作る機会も減ります。今のうちにレパートリーを増やしてみましょう。

歌ってストレス発散

カラオケや、ドライブ中の車内、自宅で思いっきり好きな歌を歌うのもストレス発散法になります。

音楽は医学的にも効果のある場合があり、妊娠・出産とも深いかかわりがあります。先ず妊娠中は、母体のリラックスと赤ちゃんへの語りかけ(胎教)としてモーツアルトや癒し系と呼ばれる音楽が根強い人気です。

お産の時も分娩室では、好きな曲を聞きながら陣痛と闘う妊婦さんがいます。これも音楽による癒し効果やリラックスを期待したり、お産への恐怖を解消するためです。

大声を出す時は、お腹に力が入ります。妊娠中は、お腹が張らない程度に楽しんでください。大声で叫ぶよりも、ハミングや流れる音楽に見を任せる楽しみ方を見つけてください。ママが心地よい時は、赤ちゃんもリラックスできます。

スポーツでストレス発散

ウォーキングスポーツをすると聞くと走るイメージがあるかもしれませんが、適度なスポーツはストレスを発散できるうえに、基礎体力の向上や理想体重のキープにもなります。

スイミングのよいところは、妊娠中でも水中でウォーキングして運動不足を解消したり、妊娠を機に止める必要が無いところです。

同じく妊娠中も活用できるのはウォーキングです。お腹が大きくなっても、自分のペースで歩き、出産後も背筋を伸ばして歩くことで体の歪みを戻します。スイミングに行く時間の無い人も続けてください。

妊娠を望んでいる人で低体温に悩むときには、全身を動かすことで血行不良を改善して体全体の代謝アップを目指してください。軽いストレッチや近所をウォーキングするだけで、体がポカポカします。息を切らすよりも、ゆったり深呼吸しながら運動することがコツです。

ドライブでストレス発散

運転の好きな人は、ドライブがストレス解消になります。好きな音楽を聴きながら運転したり、行き先を決めずにドライブします。

妊娠が確定してからは、運転には注意してください。急に、つわり症状で気分が悪くなったり腹痛が始まることがあります。体調が優れないと、注意力散漫になって安全確認を怠ります。

運転する時は母子手帳を必ず携帯してください。でも、なるべく助手席に座るほうが安心ですね。

丸妊娠初期の運転

美容でストレス発散

お風呂でストレス解消いつもよりも美容にかける時間を増やしたり、自分の為に投資することもストレス発散になります。

妊娠中はまだしも、出産後は赤ちゃんを優先するママが多いので美容に費やす時間も減るかもしれません。今のうちに、自分の肌や髪をいたわったりネイルを楽しんでください。

赤ちゃんの口元に触れる指先の衛生面を考えて、ネイルは育児中は控えることが多くなります。人によっては、つわり中はネイルの臭いも気になります。興味のある人は妊娠前に試してみましょう。

入浴剤も、赤ちゃんと一緒に入る時は低刺激で無香の限られた入浴剤を使用することがほとんどです。特に発汗作用のある入浴剤は妊娠中から控えることになります。好きな入浴剤は、今のうちに楽しみましょう。

自分にご褒美

ストレスが溜まった時は、自分で自分を労わってください。これは自分を甘やかしているのではありません。自分の努力や、良いところも悪いところも含めて自分自身をたたえましょう。

ついつい自分に厳しくしたり、自分のことは後回しにしていませんか?たまには周囲に合わせることをお休みして、自分がしてみたかったことを優先してください。

自分自身に優しい気持ちで向き合うと、ストレスよりも余裕が生まれてリラックスすることが期待できます。「人にやさしく自分に厳しく」から「人にも自分にもやさしい日」を作ってみましょう。

2012・12・14 e-妊娠、みみいペン


トピックスサイトマップ→



関連イメージ