丸最新のトピックスはこちら!

保険の見直ししてますか?

保険の見直ししてますか?

今、加入している保険は女性ならではの病気に対応できるタイプでしょうか?契約した時だけではなく、自分の体調に合わせて保険項目は見直しましょう。

過去に契約している保険に比べて、新しい保険は対応できる範囲が広がっている場合もあります。何年かに1度は保険の見直しをお勧めします。

保険の見直しは、今よりも良い条件が理想です。さらに今の自分に最も良い補償条件を提示してください。今自分が病気や怪我で入院・手術をするとなったら、どのようにサポートして欲しいか想像してみましょう。

保険を見直すタイミング

・結婚したとき。
・妊娠を考えているとき。
・出産で家族が増えた時。

結婚と妊娠で保険を見直すタイミングがくる理由は、ちょうど家族が増えたり、家計を見直すタイミングでもあるからです。

結婚は、保険の見直し・確認によい機会です。家計や貯蓄を考えて、入院や手術補償が手厚いタイプに切り替えることもできます。

自分の病気や怪我だけではなく、パートナーや子どもの病気や怪我も考えてください。保険に加入しておけば、自分でも病気や怪我に備えることができます。こうして家庭単位で、急なトラブルに備えることも必要になります。

20〜30代女性に多い病気

・子宮頸がん(しきゅうけいがん)。
・子宮内膜症(しきゅうないまくしょう)。
・子宮筋腫(しきゅうきんしゅ)。
・卵巣のう腫(らんそうのうしゅ)。
・バゼドウ病。
・月経不順。
・性感染症。

20〜30代は婦人科系の病気が気になる世代です。保険内容によって、手厚く補償してほしい病気をさらに指定することができます。例えば子宮にまつわる女性特有の病気などに強い保険があります。

入院したらどうする?

保険の見直し入院と一口に言っても、手術のための入院や、投薬治療のための入院など人それぞれです。実際は、病気が発覚したり怪我をしたり、その時にならないと分からないことだらけです。入院にかかる費用も、その時にならないと確定しないことがほとんどです。

入院の際、最初に保証金として一定額を支払うことがあります。これは入院費用とは別で、退院時に戻ってはきます。とはいえ一度は支払うので、入院と一口に言っても予算は予定よりも必要になることがほとんどです。

入院に加えて手術をする場合、高度先進医療を選ぶと100万単位の治療費が必要となる場合もあります。その時の自分の体に最適の治療を受けるために、加入していた保険が役立ちます。

女性特有の保険

一般的な任意の健康保険には、がんは特約で扱われている場合があります。通常の保険に、特約をつけるので、各自どんな病気の時に備えておきたいか考える必要があります。

女性の場合は、子宮や乳房など女性特有の場所に発生する癌(がん)が心配です。女性特有の、女性がなりやすい病気を特に補償する特約や、がん治療ですぐに一部の保険金が一時金として支払われるタイプなど様々です。

保険の見直し方

保険を見直すためには比較資料がおおいほうが、より自分に合った保険を確認できます。でも、保険の資料はけっこう解りにくいものです。

そんな時は専門家の意見を聞くことも考えます。ただ、そうした保険業者に声をかけると必ず契約をしないといけないのではないかと、億劫になりがちです。自分の家に呼ぶことに嫌悪感を持つ人もいるようです。

最近では保険の窓口やカウンターが様々なところにあるので、買い物ついででも気になるところを聞いてみましょう。契約の前に、先ずは保険自体を知ることです。

逆に無理に契約ばかり押し付ける担当者や、個人情報ばかり求める担当者を利用する必要もありません。ネットでも資料請求や申し込みができるので、じっくり考えましょう。

丸妊娠、出産のための保険についても詳しく説明しています→

2012・11・3 e-妊娠、みみいペン


トピックスサイトマップ→



関連イメージ