丸最新のトピックスはこちら!

心に残るひとこと

届けコウノトリまでから〜

こうのとり妊娠・出産を予定している女性にとって、周囲の何気ないひとことで、心をえぐるような傷を作ることがあります。なかなか妊娠・出産が予定通りにいかない時は、そんな言葉ばかりが気になることもあります。

でも、言葉は自分を奮い立たせる勇気になったり、ちょっと心を落ち着かせてくれる効果もあります。e-妊娠の「届けコウノトリまで」の投稿で、心に残った言葉や文を、少しだけ紹介します。

涙が出るほど会いたいよ。でも会えるまで泣かない。

涙が出るほど会いたいよ。でも会えるまで泣かない。会っても泣かない。きっと笑顔で会えるよね。・・・FILE367/あきこさん。

こんなにも貴方に逢うのは難しい事なんだね。

こんなにも貴方に逢うのは難しい事なんだね。でも、諦めたりなんかしないよ。私も旦那さまも絶対パパとママになれるって信じてる。待ってるから大丈夫だから、安心して来てね。・・・FILE379/ガチャピンさん。

君を待ち望んで初めて、「妊娠」、「命」っていう「奇跡」を噛み締めました。

君を待ち望んで初めて、「妊娠」、「命」っていう「奇跡」を噛み締めました。君と会える、奇跡は起きる、ママ、ここにいるよ。・・・FILE66/みぃこさん。

「愛する人との子供を授かり家庭をもちたい」という思いに変わりました。

ただただ「赤ちゃんがほしい」という気持ちから、「愛する人との子供を授かり家庭をもちたい」という思いに変わりました。・・・FILE18/ひろ&えりさん。

真剣なほど周囲が気になってしまう

妊娠したいと考えている時期や、妊娠中はどうしても周囲の目が気になったり、どんなことを言われるのか気になってしまいがちです。

妊娠したい気持ちに反する意見や、妊娠していない自分に対する周囲の目が気になるのは、それだけ「妊娠」を重要に考えているからです。妊娠で1つの命を宿すことは責任を伴うことで、簡単なことではないと理解している証拠です。

周りを気にしないようにしても、どうしても聞こえてしまう話もあります。嫌なことは真正面から受け止める必要はありません。

たまには第三者になろう

でも実際に周囲の声を聞いてしまうと、それ以外が聞こえなくなるくらいに気になってしまうものです。そんな時は、e-妊娠の他の人の投稿を読んで、当事者から第三者になってみてください。

第三者になって、他の人の気持ちや悩みを聞いたり読んだりすると、共感して気持ちが軽くなることもあります。逆に、「私はこう思う!」と自分の気持ちに気がつくこともあります。

実際は、皆が教え合う機会がないだけで、沢山の人が色んな言葉に傷ついたり励まされたりしています。自分だけではなく、皆も色んな不安や焦りを抱えていることを知ってください。

人に言えないときは言葉にする

妊娠「妊娠したい!」と声を大にして言える相手は少ないかもしれません。だからといって、心の中で呟いているだけでは原動力にならない時もあります。

e-妊娠の投稿に限らず、メモ帳や手帳に書いてみましょう。心の中で思うだけでなく、文字で書くことで自分の気持ちを再確認して、大きな原動力に変えることができます。

心にのこるひとことは、人それぞれです。でも、上記のように第三者の私の心にも残るひとことは、きっと紆余曲折や様々な思いを経て、たどり着いた思いです。ちょっと自分の気持ちに浸ってしまうことも、あって良いんだと思います。

もしも、妊娠・出産を考えている時に、強く思う気持ちや悩み・ストレスがある時は心の中でくすぶらせていないで、言葉にしてみてください。きっと自分の気持ちを後押ししたり、一歩踏み出す原動力になってくれます。

丸届けコウノトリまではこちら→

2012・11・20 e-妊娠、みみいペン



トピックスサイトマップ→



関連イメージ