丸最新のトピックスはこちら!

汗と上手に付き合いましょう

今年は猛暑と節電対策で、電力を多く使用する冷房を使わずにいかに涼しく過ごすかが話題となっています。しかし汗を全くかかないのは、体にとっては良くないことです。汗をかいても、対処1つで不快感を減らすことができます。汗の出る仕組みや、多少の汗が必要な理由を考えました。

汗の成分

汗の大切な役割

汗はヒトの体内にある汗腺からの分泌物が皮膚状に出たものです。汗の99%は体内の水分です。残り1%は塩分や尿素ですが、多くは塩分が占めています。

汗の主要成分は水と塩分ということになります。汗がしょっぱいと感じたことがある人は、汗の成分がごくごく薄い食塩水のようだからです。

汗をかくと体内の塩分も一緒に失われていきます。そのため、スポーツで大量の汗をかいた時に飲むスポーツドリンクには、塩分補給の塩化ナトリウムなどが含まれているのです。

妊娠中は汗の放出によって体温よりも塩分が減ることが心配です。貧血や寝不足の心配のある時は、汗をかいたら水分補給を忘れずに、休息時間をもうけて無理をしないでください。

汗の大切な役割

・汗で熱を放出して体温調節。
・汗で皮膚をうるおして体を乾燥させない。

汗は体内の温度を調節してくれます。つまり暑くて汗をかくのは当然のことだと言えます。暑くて体温が上昇してしまい、その熱を体にこもらせないために汗をかくのです。

汗をかくと不快感がありますが、汗も体への役割を果たしているということになります。高熱を出すと汗をかきますが、これは典型的な体温調節の汗ということになります。

また、気温の高い時の汗は皮膚の表面上をうるおします。ベタベタしていますが、肌にとってはコーティングしているようなものです。そして汗が皮膚の表面で蒸発する時、皮膚表面の熱も一緒に奪ってくれます。

汗をかかないのも問題

汗が嫌われる理由

最近では、体を冷やして汗をかかないことに力を入れている人が多く見られます。汗をかかないということは、不快感が減るということですが、同時に体が体温調節する機会を奪っています。

室内では汗をかかないように、エアコンや扇風機を使って室温ばかり気にしていませんか?エアコンや扇風機に体温調節を任せ続けていると、自分の力で体が体温を下げなくなります。

家事をしていても掃除機をかける時にエアコンを止めて窓を開けると一気に汗をかいたり、洗濯ものを干しているとじんわり汗をかきますが、これは体にとって当たり前の機能です。

特に妊娠中は、暑さで熱中症にならにように日中の気温の高い時間帯を室内で過ごしがちです。家事や少しの間の作業で汗をかくことは、妊娠中も必要なことです。

妊娠中にエアコンにあたりすぎると、体が冷えて体が冷えると血液の流れが滞ります。その結果、体がむくんでしまいます。ここで多少のウォーキングや汗をかく機会があれば改善させますが、そのまま就寝するとこむら返りになることもあります。

汗が嫌われる理由

・汗のべたつき。
・汗のにおい。
・汗による衣類の染み。
・汗によるメイク崩れ。

汗をかくと不快感ばかり感じます。いくら汗が体温調節の大役を担っていても、この不快感が大きいために汗をかかないで済む過ごし方が広まってしまいます。

妊娠中は汗をかく状況に居続けると、体内の水分が失われて貧血になりやすいので、汗が必要といえど無理は禁物です。

少しの汗や短時間ならば、汗をかかない努力よりも、汗をかいた後の処置を考えてみましょう。例えば、汗をかいたら冷たい水に浸したタオルを当てるなど、汗をかいた後の行動次第ではすぐに快適になります。

汗が嫌われる理由も考え方次第では、対応策があります。上手に汗と付き合うには、汗を嫌いな理由に対してどう対処するかなのです。

妊娠中は真夏でも体力維持が第一ですが、汗をかかないことに徹して逆に体内の機能が崩れないように気を付けましょう。


2011・7・15 e-妊娠、みみいペン


トピックスサイトマップ→



関連イメージ