丸最新のトピックスはこちら!

秋から始める冷え予防

秋から冷え予防冬の寒さによる手足の末端の冷えや、体全体の運動不足による血行不良は妊娠への大きな壁です。冬が近づいてきたら秋から冷え対策を初めて、冬本番までに冷え予防を徹底しましょう。

冷えは妊娠を考えている人にとって、予防と対策が重要です。冷えが慢性化してしまうと血行不良が起きやすく、なかなか暖まらない体になってしまいます。

冷えから来る例として足がむくむと夜中につって、熟睡できないことがあります。足が冷えることに慣れていると、むくみやすく肌のつやも衰えがちです。

冷えが治らない理由は体質的なものもありますが、生活習慣や自分で変えていけることも沢山あります。冷えが慢性化する前に対策を知り、自分が続けやすい方法を見つけてください。

秋から冷え予防するメリット

秋から冬の冷え予防を始めると、以下のメリットがあります。

・秋のほうが外出しやすく、冷えずに運動できる。
・秋は気候が良いので外で運動やウォーキングを始めやすい。
・秋から運動を始めると、本格的な冬には血行不良が改善される。

・秋から冷え対策を考えると、冬には生活改善が進んでいる。
・冷えやすい生活リズムを焦らずに治すことでストレスが軽減。
・冷え対策の冬服選びも、素材や着心地を秋からゆっくり考えることができる。

秋か冬の冷え対策を練ることは、自分自身にとってメリットがいっぱいです。本格的な寒さの前に、秋から冷え対策を始めることで様々なことを焦らずに考えられます。

冷え予防に運動をして体内の血行を良くすることは、風邪を予防する健康作りにもなります。血行の良い状態で寒い季節を迎えたほうが、体が冷えても対処しやすい傾向があります。

冷えは生活スタイルや着る服、入浴方法でも改善できます。逆にそれらが上手に活用できない時は冷えになりやすい生活スタイルです。自分の生活習慣はなかなか、すぐに変えることができません。

逆に冬の寒さを痛感してから焦って冷え対策を考えると、以下のデメリットが考えられます。

・服選びもすぐに必要なので手近で済ませて、比べて選ぶことができない。
・寒い季節になってから外での運動を始めるのは、おっくうになりがち。
・真冬のは明るい時間が制限されるので、ウォーキングの時間も合わせにくい。
・冬になると、冷え対策を練る前に冷え症状がでてしまうことがある。

焦って冷え対策をしても、その場ですぐに冷え症状が改善される可能性は低いです。その時だけ冷え症状が緩和されるだけで、体質は簡単には変わりません。だからこそ、しっかし冷えと向き合うためには秋から冷え対策をしっかりすることがお勧めです。

冷えチェック

冷えは自分でも気がつかない習慣が原因になっていることがあります。以下の項目でチェックが多い時は、今から生活スタイルの見直しを始めましょう。

冷えチェックは一般的に冷えになりやすい項目をあげています。たとえチェックが入っても、毎日それをケアすることが出来ていれば冷えの原因にならないこともあります。

就寝時の冷えチェック

・朝起きると指先や。つま先が冷えている。
・夜寝ていると足がつって、こむら返りをおこしやすい。
・寝る時の布団が少なく、部屋も寒いと感じることが多い。

・お風呂上がりに髪が濡れたまま寝てしまうことが多い。
・入浴をシャワーで済ませて、湯船にゆっくり入ることが少ない。
・入浴後に時間が開きすぎて、再び体が冷えてしまうことが多い。

冷えやすい人の中には、寝室を十分暖かくしておいて布団はかけずに眠る人がいます。部屋が暖かいのは体感温度を上げますが、体本来の冷えを改善するには体そのものを温めたほうが効果的です。

衣類の冷えチェック

冷えチェック・秋冬服も薄着が多く、寒くても我慢しがち。
・寒い季節に汗をかいてもそのまま放置している。
・ファッションの為に寒さを我慢した服装を選びがち。
・寒くなると足がむくむのか、靴がきつく感じることがある。

寒い季節に汗をかくと、最初は体が火照って温まったように感じます。ところが汗を放置していると肌表面の熱を一緒に奪って蒸発するので、結果手的には体を冷やしてしまいます。

姿勢から冷えチェック

・寒くても我慢しているので姿勢が丸くなりがち。
・寒い時は肩をすぼめて歩く癖がある。
・寒い時は腕を振らずに足幅も小さくなる。

冷えやすい寒い季節は、体が本能的に体力を温存しようとしまう。そうすると歩く時も手足のふり幅が小さく、動きの少ない移動になります。寒い季節こそ意識的に姿勢よく元気に歩くことが効果的です。




トピックスサイトマップ→



関連イメージ