丸最新のトピックスはこちら!

妊娠線の基礎知識と予防など

妊娠線とは

妊娠線(にんしんせん)は、腹部や太ももなどに縦に何本もできる細い線です。妊娠線と言っても、妊娠中だからそう呼ぶだけで、いわゆる肉割れの状態です。別名「ストレッチマーク」とも呼ばれています。妊娠線予防の商品の中には「ストレッチマーク」と記載しているクリームもあります。

妊娠線は最初は赤紫のような細い筋です。血管よりも細く皮膚の表面に鉛筆で描いたようなラインが出ます。定着してくると赤紫を帯びていた妊娠線は、白っぽくなります。妊娠線とはの続きを読む→

妊娠線の予防

妊娠線はお腹が急激に大きくなる時が1番できやすい時です。その時になって慌てて肌のコンディションを整えるより、いつ妊娠線ができそうな状態になっても対処できるように、妊娠初期から予防すると安心です。

体重管理、肌管理、食事管理の3つのポイントを念頭において妊娠線を増やさないように頑張りましょう。妊娠線は1度できてしまうと、目立たなくはなっても完全に消失することはありません。妊娠初期から妊娠線に興味を持つことが、妊娠線予防の第1歩です。妊娠線の予防の続きを読む→

妊娠線のマッサージ

妊娠線の予防マッサージをする部分は、思うよりも広範囲です。図のオレンジ色の部分は、どれも妊娠線が出やすいと言われている箇所です。妊娠すると皮膚の表面である表皮(ひょうひ)の、伸びやすいオレンジ色の部分に変化が起こります。

前から見ると妊娠線のできやすい部分は上半身に集中しているように見えますが、後ろから見ると、おしりやひざの裏といった部分が妊娠線のできやすい部分です。場所によっては、体重の増加によって妊娠線が早くからできることもあります。妊娠線のマッサージの続きを読む→

2010・5・31 e-妊娠、みみいペン



トピックスサイトマップ→



関連イメージ