丸最新のトピックスはこちら!

出産費用が値上がり傾向

皆さまは1年前と比べて、約半数の病院(施設)が出産費用を値上げしたことをご存知でしょうか?

ここに訪れている大半の方はこれからの出産を見据えていて、出産費用の値上がりは家計に直接影響がある話しでしょう。しかし国は政策として「少子化対策」をかかげてきたのに、どうして「出産費用の値上がり」という妊婦さんの負担が増える傾向にあるのでしょうか?

当サイトで考える出産費用の値上がりの大きな原因は2つ。その1つは、去年(2009年)10月1日から、出産育児一時金(出産時に国から戻ってくるお金)が「42万円」に引き上げられたことです。(*詳しくは「出産育児一時金」の支給額と支払方法が変わります

2009年の1年間に7万円引き上げられ「42万円」となった出産育児一時金ですが、本来この出産育児一時金とは、保険が利かない「出産」に対する助成制度なのです。当然、「出産育児一時金と出産費用が同じような金額であることが望ましい」という考え方があり、今までは出産費用額を安めに設定していた病院(施設)が、出産育児一時金の引き上げともない出産費用を値上げをしたということです。(*去年の出産費用の平均は35〜40万円といわれていました)

出産費用私たちにとっては「出産育児一時金」が引き上げられたのは「自分たちの出産に対する負担を減らすお金だ!」と言えますが、産科医離れが急激にすすむ病院側にしてみれば「少しでも産科医の負担を減らしたい」という思いがあるのかもしれません。

そして出産費用が値上げ傾向にあるもう1つの原因は、出産育児一時金が医療機関へ直接支払われるようになるということです。今までは出産時に妊婦さんが出産費用を1度支払い、それを妊婦さんが加入する医療保険に申請することによって、戻ってくる仕組みになっていました。

つまり病院側は妊婦さんに出産費用を請求することで、妊婦さんの退院と同時にお金(費用)を計算できたのですが、新しい仕組みでは病院が医療保険から一時金を受け取るには、その妊婦さんの出産から約2ヶ月ほどかかるということです。(*詳しくは出産育児一時金、導入は半年間の猶予

そのため出産をメインに行っている小さな施設などでは「その2ヶ月の資金繰りが困難」という声があがり、実際に「病院を閉鎖しなければならなくなる」という施設もあるようです。

ながなが説明してきましたが、「それでもあまり納得ができないかも・・」と思われる方が多いでしょう。それはマニフェスト(政府公約)として、「出産は今まで以上に負担が少なくなるよ!」と、さんざん思わされてきたからかもしれません。(子ども手当て、どうなるでしょうね・・)

ともあれ出産費用が値上がり傾向にあるのは間違いなく、予想外の出費とならないためにも出産を控えた妊婦さんは、1度病院に聞いてみるほうが安心です。




トピックスサイトマップ→



関連イメージ