丸最新のトピックスはこちら!

新型インフルエンザと季節性インフルエンザの違い

今年は世界的に新型インフルエンザが大流行していますが、同じインフルエンザでも流行性インフルエンザと比較すると少し違った特徴があります。実は紀元前から人と関わりあいのあるインフルエンザについて、もう1度、予防のための基礎知識を再確認してみましょう。

新型インフルエンザと季節性インフルエンザの関係

今年流行しているインフルエンザは、季節性のインフルエンザに加えて新型インフルエンザと呼ばれるタイプですが、季節性のインフルエンザは毎年、人と人の間で感染しています。

実はこの季節性インフルエンザには、もとは新型インフルエンザと呼ばれていたウイルスも含まれているのです。流行し続けているうちに、やがて遺伝子が定着して人の間でしか感染しないように変化するのです。

一方、定着したインフルエンザウイルスも何年かに1度の割合で全く異なる変化をきたすことがあります。これが新型インフルエンザと呼ばれるウイルスで、動物にしか感染していなかったウイルスが突然、人間にも感染してしまいます。それまで定着していたウイルスがモデルチェンジしているので、誰も免疫を持っていません。その為、ひとたび発生すると急速に広まってしまいます。

ですから、インフルエンザウイルスがある限り、新型インフルエンザは発生してしまうと考えられます。その発生した新型ウイルスが定着して季節性インフルエンザのウイルスとなるのですから、今年に限らず、新型インフルエンザはいずれ発生するものなのだと思います。

インフルエンザウイルスの発生源

インフルエンザを根絶させるためには原因となるウイルスを絶やさねばなりません。このインフルエンザウイルスは、もともとはカモなどの鳥が保有しているウイルスです。私たちにとっては脅威のウイルスですが、保有している渡り鳥や、彼らが夏に訪れるシベリアの湿地帯にはインフルエンザウイルスが常在して共存しているそうです。

北の大地で共存しているウイルスが、暖かい季節に渡り鳥にくっついて各地に広まります。しかし先に感染するのは動物です。渡り鳥から感染するのは人間の近くにいる鳥で、人間に直接感染することは珍しいと言われています。

でも安心はできません。新型インフルエンザはこのような動物に感染するウイルスが、何らかの突然変異で人に感染するようになるのですから、動物の病気だといって無関心ではいられません。それに動物に感染して大流行を起こすと、私たちの生活にも支障がきたします。最近では鳥インフルエンザの大流行で、食生活にダメージを受けていますね。

つまり、インフルエンザウイルスは日本で発生しているのではなくて、外部から持ち込まれるウイルスなので、簡単に根絶させるのは考えにくいです。だとすると、ウイルスに対抗する体力と予防策はとても大切だと思います。

インフルエンザウイルスの感染経路

インフルエンザウイルスは本当は気管を通って肺に向かっています。でも、肺にウイルスが到達するのは危険なことです。その為、体は防衛機能を働かせて鼻の奥の咽頭(いんとう)でウイルスを捕まえます。体内の良い菌が対抗してウイルスをやっつけると気管に生えている線毛(せんもう)が粘液で捕まえた悪い菌を食道を介して胃に運び出して、胃酸で弱まらせて体外へ排出させます。

もしも食道まで運べなかった時は、痰となって口から吐き出されます。ですから痰がでる時は、体内の菌が悪いウイルスと戦って体外へ排出させようとしている場合もあるのです。しかし線毛の働きが鈍いと、逆にウイルスは咽頭を繁殖の場所としてしまいます。こうしてウイルスが繁殖してしまうと、やがて全身にインフルエンザの症状が現れ始めます。

ただし、感染して体内で拡大するには乾燥や低温など、ウイルスが好む条件を満たさなければなりません。逆に考えると、ウイルスが体内に入っても線毛や良い菌が活発で、体が温まって体内が乾燥していなければ拡大を防げるのだと思います。

そう考えると、咽頭にウイルスが侵入した時点で体が充分な力で対抗できれば、ウイルスを排出できるかもしれません。このように、私たちの体はインフルエンザに限らず体内でウイルスに対抗する力を保有しています。その力を最大限に発揮するためには日々の健康管理で、体内で良い菌が活発に活動できるコンディションの維持が大切なのだと思います。

インフルエンザに対する心構え

今年は新型インフルエンザが世界的に流行し、抗体のないことからも感染に対する恐怖心が煽られていると思います。

新型ウイルスに対するワクチンの接種順位や、予約の殺到を見る限り、例年以上に多くの人がインフルエンザを予防しようと考えていると思います。しかし例年以上の情報と噂や予測に翻弄されて、肝心の自己管理がおろそかになることは避けたいものです。

ワクチンだけに頼らず、もう1度予防策を考え直して基礎体力の向上に努める生活を心がけることも忘れないように、特に年末は生活リズムや食生活が崩れがちです。疲れた時は十分な休養と、体に良い栄養を摂取しましょう。

2009・12・12 e-妊娠、みみいペン




トピックスサイトマップ→



関連イメージ