便利チェック帳 基礎体温

丸最新のトピックスはこちら!

女子高生がトイレで出産、えい児が窒息

今月の5日に、新潟の県立高校3年の女子生徒が学校内のトイレで男児を出産しました。赤ちゃんはへその緒がついたままで洋式便器の中に産み落とされ、その後病院に運ばれましたもののすでに死亡していました。

女子生徒は当日の午後3時ごろまで授業に出席、その後に「おなかが痛くなった」と学校内のトイレに駆け込み赤ちゃんを出産したということです。そして出産直後にトイレ内から友人に携帯電話で連絡し、知らせで駆けつけた教職員らが病院に連絡をしましたが、すでに時遅し。男児の体重は約2800グラム。

この事件で県警長岡署は12日に女子生徒を殺人の疑いで逮捕しました。女子生徒はトイレで出産したものの、その処置に困ったと洋式便器内に産み落とし、水を飲ませて赤ちゃんを窒息させたということです。本人は容疑を認めています。

女子生徒は当日まで通常通りに登校をしていましたが、学校側や家族は女子生徒の妊娠に気づかなかったと言います。

周りの人間、とくに家族が「妊娠に気づかなかった」ということに大変違和感を感じますが、このような事件が後を絶たないのが現実です。教育現場や家庭では「10代の性」について、もう1度注意を呼びかけて欲しいと思います。

しかし・・・女子生徒はどういうつもりだったのでしょうか・・?
少なくとも女子生徒だけは、自分のおなかの中で赤ちゃんが動いているのを気づいていたはずですが・・・


*尚この出来事で、えい児(嬰児)という単語が多くの人に検索されたようです。えい児(嬰児)とは、生まれて間もない赤ちゃんの事を指しますが、当サイトでも検索してみたところ、少し広い意味で使われる場合もあるようです。




トピックスサイトマップ→