丸最新のトピックスはこちら!

e-妊娠トピックス、2007年

2007年topics

妊娠中の喫煙が子どもを肥満にする?

妊娠初期であっても喫煙していた女性の子どもは、喫煙しなかった女性の子どもに比べて、肥満になる確率が3倍近く高いとの報告がありました。(07/10/29)

十八歳未満の妊婦さんに特典

18歳未満の妊婦さんやママさんには、地域ぐるみで妊娠生活や育児を支援していこうとする嬉しい特典が広まってきています。

妊婦検診しっかりと受けて!

最近では妊娠しても妊婦検診(初診も含めて)に行かない人も増えているようです。陣痛が始まってから、始めて病院に訪れる「飛び込み出産」。

妊婦がたらい回し、11病院で拒否

妊婦さんは奈良県内の11病院に受け入れを拒否され、病院到着は119番通報から約3時間後ということが起こりました。

「葉酸」妊婦の摂取進まず

妊娠前から積極的に摂取していた妊婦はわずか1割台にとどまることが、横浜市立大などの調査で分かりました。(07/8/16)

産後うつ病とマタニティーブルー

出産後に訳もなく涙が出たり不安になったり、あるいはイライラしたりと自分の感情をうまくコントロールできないことがあります。(07/8/15)

もっと見る

30代出産女性「不妊治療受けた」13%

日本経済新聞社が行なった調査で、2006年に出産した30代女性のうち、「13.8%」が不妊治療を受けていたとのことです。(07/6/16)

持田製薬、妊娠診断補助試薬「ゴナスティックW」を自主回収

持田製薬から発売されている妊娠診断補助試薬「ゴナスティックW」が、6月の15日からすべての商品の回収を開始しました。

女子高生がトイレで出産

今月の5日に、新潟の県立高校3年の女子生徒が学校内のトイレで男児を出産しました。赤ちゃんはへその緒がついたままで洋式便器の中に産み落とされました。

妊娠6週目で性別判定検査

妊娠6週目から赤ちゃんの性別を判定できる検査キットが開発されて、英国内での販売が開始されているようです。

赤ちゃんぽすと「想定外」

熊本市の慈恵病院が今月10日に設置した、国内初の赤ちゃんぽすと(こうのとりのゆりかご)に3歳の男児が預けられていたことが分かりました。

2007年5月頃の注目トピックス(妊婦さん)

2007年の5月頃に注目された妊婦さん向けのニュースを集めています。

2007年5月頃の注目トピックス(不妊関連)

2007年の5月頃に注目された不妊関連向けのニュースを集めています。

代理母ボランティアを公募へ

諏訪マタニティークリニックの根津八紘院長が、「代理母」を引き受けてくれるボランティア女性を公募すると発表しました。

代理出産 実子と認めず

代理出産で授かった双子の男児(3つ)の出生届受理を求めていた、タレント向井亜紀さん(42)と元プロレスラー高田延彦さん(44)夫妻の訴えを最高裁が退けました。

民法772条、離婚から300日以内の子は受理せず

民法772条には「離婚後300日以内に生まれた子供を「前夫の子」として、現在の夫の子供としては受理しない」という規定があります。

受精卵の移植に制限

日本生殖医学会が2007年3月16日に、体外受精した受精卵を子宮に戻す数について「年齢に応じて1?3個に制限する」との方針を固めました。

赤ちゃんポスト

親が育てられない新生児を匿名で受け入れる「赤ちゃんポスト」が誕生することが波紋をよんでいます。(07/2/27)

283グラムの超未熟児が退院へ

去年の10月にフロリダ州マイアミで、21週6日で生まれた赤ちゃん(世界で4番目に小さい記録)が、無事に退院する見通しです。

日弁連が国に提言

日本弁護士連合会が2007年2月7日に、「代理出産の禁止」と「死後生殖を法律で禁止」を、国に対して提言しました。

不妊治療費に追い風

少子化対策の動きが活発化して、各都道府県でも不妊治療をしている人を対象とした「治療費軽減対策」を打ち出すところが増えてきています。

無資格助産 起訴猶予へ

横浜市の産婦人科「堀病院」の無資格助産で、横浜地検は2月1日、保健師助産師看護師法違反容疑で書類送検されていた前院長ら11人を起訴猶予処分にしました。

柳沢厚労相 「女性は産む機械」発言

柳沢厚労相が2007年1月27日に、島根県の松江市で開かれた集会で少子化問題を説明する際に、女性を「産む機械」とも例える発言をしました。

妊婦無料健診を拡大、5回以上

厚生労働省は2007年1月28日に、無料妊婦検診の回数を5回以上に拡大することを決めました。

2055年の仮定人口、1億人台

厚生労働省は2007年1月26日に、国民の結婚や出産に関する希望がかなった場合の「仮定人口試算」を公表しました。

お産の現場 パンク寸前

出産前後の医療現場の減少が、深刻な問題となっています。背景には医師不足に加えて、医療行為の結果責任を、医師個人が追及されるかもという危機意識があるようです。

不妊治療の実績調査へ

厚生労働省は、2007年1月25日に「特定不妊治療費助成事業の効果的・効率的な運用に関する検討会」を行いました。

大阪府、出産育児一時金5万円上乗せ

大阪府は2007年1月20日までに、少子化対策の一環として第三子出産で出産育児一時金5万円上乗せする方針を固めました。

未婚女性の卵子凍結容認

日本産科婦人科学会(日産婦)の倫理委員会小委員会は2007年1月22日に、がんの治療で不妊になる恐れがある未婚女性の卵子凍結を容認しました。



トピックスサイトマップ→



関連イメージ