妊娠中のうつ病

赤ちゃんが欲しかったのに妊娠がわかっても喜べない。あるいは妊娠中にうつ病に陥っていく・・。
妊娠中に軽度のうつ病を感じる人は全体でも10%以上もいるようです。

マタニティブルー

妊娠中から産後にかけての軽度のうつ病のことをマタニティブルーといい少なからず誰にでもあるものです。妊娠中に強く症状を感じた場合、産後に繰り返すことも多いようです。しかし多くの場合マタニティブルーは時期的なもので1~2週間もすれば元気になります。

妊娠中のうつ病の原因

女性ホルモン

妊娠するとhCGという女性ホルモンが大量に増加します。それによってからだにいろいろな変化が起こるため。

エストロゲンやプロゲステロンという黄体ホルモンが分泌されホルモンバランスがくずれ母性本能も芽生えるため。

ママになる不安

いよいよママになることへの不安で動揺してしまう。生理前の症状のようにイライラしたり偏食したりしてしまいます。

うつ病の症状と陥りやすい人

妊娠中のうつ病の症状

  • 涙もろい
  • いつもイライラする
  • 無気力になる
  • 気持ちが落ち込む
  • 楽しくない
  • 眠れない
  • 食欲があったりなかったり
  • いつも疲労感がある

妊娠中のうつ病に陥りやすい人

  • 家族に心身症にかかった人がいる
  • 日常環境でいつもストレスをためている
  • パパに対しての不信感が強い
  • 妊娠合併症の疑いがある
  • 赤ちゃんへの不安が強い

妊娠中のうつ病の予防

1番大事なことは誰にでも起こる可能性があるということと、時期的なもので時間が解決してくれるということを知っておくことです。思いつめるのは逆効果です。

  • 食生活をバランスよく
  • 適度にからだを動かす
  • 気持ちを外に向けて外出する
  • 誰かと話す機会を増やす
  • しっかり休む

症状が2週間以上たっても治まらず、さらに悪化しているようならサポートが必要になるでしょう。医師に相談してみるか、電話相談などを利用してみてください。

<役立つリンク>
全国の精神保健福祉センター
地域別で電話相談に乗ってくれます。






関連イメージ