色でつくる心地よい眠り

心地よい質の高い眠りを得たいときに、おすすめの色を紹介します。寝具やインテリアの色彩を変えただけで、精神的に落ち着いて眠ることができ、不眠解消につながる効果が期待できます。

リラックスできるラベンダー色

花

リラックスできる色は、自分の好きな色を選びがちですが、意外と好きな色がリラックスできる色とも限りません。

リラックスできる色を選ぶ時は、その色をみて以下の感情が現れないかチェックしてください。

・焦ってしまう。
・さびしくなる。
・イライラしてしまう。

簡単ですが、この3点に当てはまる時は、あなたにとってリラックスできる色ではないということです。

ここでは淡いパステル調のラベンダー色を、リラックスカラーとしておすすめします。ラベンダーと聞くと、一面に広がるラベンダー畑のように嫌悪感がなく優しい印象があります。尖った印象が無く、丸みのある女性的なイメージをもつ色です。

ラベンダー色にも濃淡がありますが、睡眠環境を整えることを目的にパステルカラーを選びます。パステルカラーにすることで、優しさはそのままで、濃い色のもつ自己主張を抑えてくれる効果が期待できます。

時間に縛られない若草色

 

寝室や寝具の色が気になって眠りにくいのも考えものです。特に浅い眠りばかりで時間が気になってしまう時は、時間の経過を気にしない色がおすすめです。

例えば赤やオレンジ色の壁紙の部屋で1時間過ごすと、なかなか1時間たたないような錯覚に陥りやすいことがわかります。暖色系は見ていて暖かくて気持ちも明るくなるのですが、色によっては興奮してイライラしがちです。時間に関しても焦ったり、急かす気分が出てしまいます。

でも、暖色系は妊婦特有の冷えやお腹の張りには「温かい」イメージでサポートしてくれます。妊娠中は、そんな理由からも排除したくない色彩です。

そんな妊婦目線をふまえて、暖色系を使用しつつ、時間に縛られないゆったりとした睡眠時間を確保する色として若草色をおすすめします。

時間の進み具合がゆっくりに感じる色は寒色系(青やグレーなど)に多いのですが、妊娠中は体を冷やしたりお腹が硬くなるイメージの色を寝具に使用したくないと考える人もいるので、ここでは避けて若草色を紹介します。

若草色は緑のなかでも、芽吹いたばかりの新しさとみずみずしさがあります。暖色系のどの色とも合わせやすく、かつ暖色系にありがちな興奮しやすい作用を和らげてくれます。

若草色は植物を連想させる色なので、ベッドカバーやカーペットなど、目線よりも下に使うと落ち着く色としても便利です。どの色にも合わせやすいので、色同士の組み合わせも悩みません。

夜空を連想する群青色

 

夜空を眺めると、焦る気持ちや悩んでいる気持ちが少し緩和せることがあります。同時に夜空の色は、単純に「眠る時間」をイメージさせます。

群青色は青系だけど、明るい青ではなくてちょっと紺色や黒に近い、深みのある青色です。陽ざしのない夜空は、時間によって黒の分量が変わる群青色です。

質の良い睡眠環境を考える時、夜空の色を取り入れるだけで時間の設定が「眠る時間」になります。例えば、寝室の窓にかけるカーテンを例に説明します。

日中は白い薄手のカーテンで、太陽光を取り入れるので部屋が明るくなります。朝目覚めて太陽光を浴びると、体も脳も活動開始のサインがわかりやすくなります。

夕方から夜は、白い薄手のカーテンの上に群青色のカーテンを重ねて直接明るい光が入り込まないようにします。これで脳は休息の準備を始めます。

カーテンに群青色を使用するのはインテリアの一例ですが、妊娠中特有のパパにイライラをぶつけてしまう症状が強い時は、群青色のパジャマが効果的です。

群青色は、青の爽やかなイメージに加えて、落ち着きのある信頼感を連想させます。社会人が紺系統のスーツを着て信頼感を印象付けるように、群青色のパジャマは相手を信頼して好戦的な態度を抑えてくれます。

こんな色は眠りにくい!?

就寝時に目が冴えてしまったり、眠りにくい色もあります。以下に挙げる3つの印象をもつ色は、あなたにとって眠りの妨げになりやすい色です。

・イライラ、ソワソワしてしまう。
・目で追ってしまい落ち着かない。
・寂しさや不安を感じてしまう。

心地よいと感じる色でも、興奮してはしゃぎたくなるような色は寝室には不向きです。もし使用したい時は、その色の効果を和らげる落ち着いた色を組み合わせてみましょう。妊娠中は気分の浮き沈みが激しくなりがちです。色のもつ効果を上手に利用してください。





関連イメージ