レム睡眠とノンレム睡眠

睡眠は、レム睡眠とノンレム睡眠の2種類に分けることができます。どちらも質の高い睡眠を得るために必要な働きをもっています。それぞれの特徴や、睡眠時の体と脳の状態をわかりやすく紹介します。

レム睡眠とは

レム睡眠とは、眠っているけれど脳は日中の活動時と同様に働いている状態です。つまり体は休んでいるけれど、脳は休んでいない状態です。

レム睡眠中の特徴

・筋肉がゆるんで体が休憩中。
・脳は起床時と同様に活動中。
・目を閉じているのに、眼球が動く。
・血圧が安定せず、上昇気味。
・10~20分程度しか持続しない。

体は動かないけれど、脳が活動中なので完全に眠っているとは言い難い状態です。よく「眠りが浅い」「熟睡できていない眠り」と言われるのが、レム睡眠です。

ちなみに目を閉じても眼球が動くことを英語では「Rapid Eye Movements」と呼びます。その単語の頭文字をとって「REM(レム)」と呼ばれるようになったそうです。

夢を見やすいレム睡眠

レム睡眠中は脳が活動しているので、その影響で夢を見ることが多いようです。しかも、脳が夢を見たことを記憶しているので、目覚めても夢を覚えていることが多いのです。

レム睡眠は通常10分、長くても20分しか継続しません。つまり、かなり長い時間を過ごしたような夢も、実際はレム睡眠中のほんの短時間でみた夢だったりします。

浅い眠りは必要?

レム睡眠レム睡眠の特徴でもある「眠りが浅い」状態は、質の高い睡眠には不要に見えてしまいます。もっと深く熟睡した眠りだけのほうが、目覚めも良いのではないかと思いますが、実はそうでもありません。

本当は、質の良い睡眠だと感じるようなスッキリとした目覚めは、レム睡眠中の目覚めなのです。それはレム睡眠の特徴でもある「浅い眠り」が関係しています。

浅い眠りと聞くと、充実していない眠りだと思ってしまいます。でも本当は睡眠を充実させるためには、レム睡眠が必要です。

眠りながらも脳が働いていたり血圧が安定しない状態は、目覚めて活動している時の状態と似ているのです。

だから、レム睡眠から起床したら脳や体の変化が少なく、すんなり活動できるのです。心地よく目覚めるためにはレム睡眠が必要です

ノンレム睡眠とは

ノンレム睡眠とは、体が休んでいる時は脳も起床中の活動時とは違って休憩している状態です。つまり、脳も体も休息をとっているのがノンレム睡眠です。

ノンレム睡眠の特徴

・脳は休憩中。
・筋肉がゆるんで体が休憩中。
・起床時とは異なるホルモン分泌。
・目を閉じたら眼球も動かない。
・血圧は落ち着いて低下する。
・入眠後すぐにノンレム睡眠になる。

夢を覚えていないノンレム睡眠

ノンレム睡眠の時は、脳が働いていないので記憶を残すことがありません。例え夢をみていたとしても、ノンレム睡眠中だと覚えていないのです。

ノンレム睡眠は就寝後すぐに90分ほど続きます。それからレム睡眠が10~20分あって、またノンレム睡眠に戻ります。就寝中のほとんどがノンレム睡眠ですから、長く夢を見ていたと思っても意外とぐっすり眠っている時間があります。

肌をつくるノンレム睡眠

女性にとってノンレム睡眠は美肌をつくる大切な時間でもあります。ノンレム睡眠中は脳が休んでいる状態ですが、起床中には分泌されないホルモンが発生しています。これが肌を生成することに役だっています。

だから、寝不足が続くと肌が荒れたりメイクのノリが悪くなりがちです。美肌の為にも睡眠は、とっても必要なことなのです。

理想的な睡眠サイクル

睡眠サイクル

理想的な睡眠サイクルは、ノンレム睡眠が90分ほど続いたら、レム睡眠が10~20分ある組み合わせを4~5回セットで眠ることです。これで体も脳も、しっかり休息を摂ることができます。

そして、起床前のノンレム睡眠は少し眠りが浅くなり、レム睡眠中に目覚めることで脳が活動しやすくなって、「スッキリ目覚めることができる」状態になります。

理想的な睡眠サイクルで眠るためには、体内時計を整える必要があります。規則正しい就寝時間や起床時間、リラックスして快眠できる寝室作りも大切です。

出産はとても体力が要ることで、出産後は赤ちゃんのお世話でなにかと時間に余裕が持てず、睡眠不足になりがちです。妊娠中から睡眠不足をクセにしないように、睡眠サイクルのある眠りをとるようにしましょう。






関連イメージ