妊娠中の強力な睡魔

妊娠中の睡魔に悩んでいませんか?妊娠すると、我慢できないほどの強力な睡魔を経験することがあります。つわり中の妊娠初期に集中する人もいれば、出産までずっと悩まされる人もいます。妊婦の眠気の原因と対策をわかりやすく説明します。

妊娠中の強力な眠気

眠気

我慢できない程の睡魔

妊娠した途端に、今まで我慢できる程度の睡魔しか経験していなかった人も「自分でもコントロールできないほどの睡魔」に襲われます。

強い睡魔を認識するのは、妊娠初期が多いようです。特につわりに苦しむときは肉体的にも精神的にも疲労が溜まりやすいので、普段以上に体が休息を求めます。ところが、つわりの軽い妊婦や、安定期にはいった妊婦も強い睡魔に悩まされることがあります。

ですから妊娠月数やつわりに関係なく、強い睡魔はやってきます。この睡魔の特徴は、通常なら効果がある軽いストレッチなどの眠気対策がまったく効かない点です。

妊娠したら睡眠時間がふえた

妊娠すると、妊娠前よりも睡眠時間が増えるケースは珍しくありません。今までは夜更かししたり睡眠時間を削って生活していた人も、妊娠中は睡眠時間を削ることが難しくなりがちです。

妊娠中の睡眠時間の増加は、私たちの気持ちとは別に、妊娠中の体が必要としている印象を受けます。なかには、起床時に起き上がるのもつらい人もいるほどです。

毎日決まった時間に眠くなってしまう

妊娠中の睡魔で不思議なことは、毎日同じような時間帯に眠くなってしまうことです。今までは夜になると自然に眠くなっていたのに、他にも昼食後や夕方に強い睡魔を感じるようになりがちです。

就寝時間とは別の決まった時間に眠くなることで、仕事中に眠くなって困ったり、長時間の車の運転が心配になります。

いつも眠さが残っている

どんなに睡眠時間を増やしてもボーッとしてしまうことが増えたり、明らかに眠気が残ったままで悩まされるケースもあります。

妊娠中の薬の服用や睡眠不足もなく、健康なのに眠気だけが解消されない状態です。しっかり睡眠時間をとっているはずなのにアクビが出たり、眠そうにしている姿で周囲に心配や誤解を与えかねないので困ります。

また、いつも眠さが残る状態を理解してもらえずに、仕事意欲が低いとみなされたり集中力に欠けると判断されることも心配です。

眠気を我慢できない原因

妊娠中の眠気を我慢できない原因は、ホルモン変化が影響しています。妊婦のホルモン変化はつわり症状もおこすので、妊娠初期の眠気もつわりの一部だという考えもあります。

妊娠すると私たちの体の中に分泌されるホルモンは、劇的に変化します。特に有名なのは、赤ちゃんの成長を促すために子宮の状態を維持するプロゲステロンです。妊娠中はプロゲステロンの分泌が継続的になります。ちょっと感情の起伏が激しくなるのもプロゲステロンが影響していると考えられています。

プロゲステロンは妊娠継続には欠かせない女性ホルモンですが、肌荒れや精神的な不安定をひきおこしたり、妊娠継続のために体を守ろうと眠気を発動させます。

ですから、妊娠中の眠気には、妊娠継続に欠かせないホルモンが関係しています。なにもしていないのに眠気が我慢できないのは、妊娠ホルモンが影響しているのです。

妊娠中の眠気対策

首のうしろを冷す

首の後ろを冷やす

首のうしろを冷すと、血行が促進されてポカポカ眠くなっている体に刺激を与えます。首の後ろにはツボもあるので、冷しながらよくマッサージすると目がシャキッとします。

首を冷すには、冷たいタオルや発熱時の冷却シートが便利です。ただし肩こりが慢性的になっている人は、温冷交互がおすすめです。暖かいタオルで首や肩の血行をほぐしてから、冷たいタオルで引き締めてください。肩から首にかけての重たさが解消できます。

ホットドリンクでリラックス

妊娠中の眠気に我慢できない時は、冷たい飲料よりも、温かい飲料を選びます。胃腸を温めて体内を活発にさせます。

眠い時にホットドリンクで体を温めるので、「眠くなってしまうのでは?」と心配かもしれませんが、ちゃんと選べば体にやさしくリフレッシュできます。

妊娠中はカフェインを控えたいので、ノンカフェインのお茶がおすすめです。他にも健康面でもおすすめしたいのは生姜です。すりおろしたショウガを加えると、ちょっと辛味もでて刺激のある味覚になります。

休憩タイムを導入

妊婦にとって眠気を100%なくすのは無理だと考えてください。無理をするほどに、体も疲れて集中力も途切れます。睡魔が強い時間帯は10分単位でもよいので、休憩タイムを作ってみましょう。

眠気を覚ますのではなく、眠気の解消をするために体を休めてください。このような強力な睡魔は、妊娠中だけの特別な作用です。けして病気ではないので、体をいたわることも忘れないでおきたいです。

睡眠時間を気にしない

睡魔が目立つ妊娠期間中は、1日の睡眠時間をきにしないこともストレス軽減ポイントです。働いている妊婦さんも、休日は時間を気にせず体を休めてください。

妊娠中だからといって寝てばかりいると運動不足になったり、体重増加やむくみの原因になるとも言われていますが、たった1日睡眠時間をたっぷりとったところで、妊婦の体にマイナスなことはありません。

逆に睡魔をごまかしながら、無理をするほうが心配です。時には睡眠を優先して、妊婦自身の体力回復と精神的なリラックスも大切にしたいですね。

関連:
妊娠初期症状データ館「眠気を感じますか?」
妊娠初期の眠気対策
妊婦の睡眠時間





関連イメージ