流産の知識

悩みとその対策

流産の定義は?

妊娠22週未満の妊娠中絶を流産と言います。赤ちゃんやママに原因があり妊娠が継続できないことを自然流産と言い、意図的で人工的に中絶する場合を人工流産と言います。

流産の確率は?

流産の確率は15%程度と言われ、100人の妊婦さんがいたら12~20人くらいの人が流産してしまいます。

流産は悲しい出来事であり、自らが進んで他人に伝える話ではありません。そんな理由から流産している人は身近にいないように感じられるようです。

1人目が流産だと2人目もしやすい?

1人目の流産の原因が心拍も確認できない超初期であれば影響はありません。心拍数が確認できた場合だと何らかの原因があるとも考えられます。医師に相談すると薬を出される場合があります。

流産の種類は?

妊娠期間による分類

早期流産

妊娠12週未満の流産

後期流産

妊娠12週以降22週未満の流産

死産

妊娠22週以降の妊娠中絶

臨床的形式による分類

切迫流産

おなかの張りや腹痛、出血といった症状がを合併した状態を切迫流産と言います。妊娠を継続することが可能な状態です。

進行流産

今まさに流産が進行している状態をいいます。激しい腹痛と出血をともないます。子宮頚管が開き赤ちゃんが娩出しかかってる状態です。

稽留流産

赤ちゃんが死んでしまっているのに、出血などの症状もなく子宮の中にとどまっている状態をいいます。

感染性流産

子宮内感染をともなった流産を言います。

子宮外妊娠

受精卵が子宮内膜以外に根をはって着床してしまうことです。正確には流産に含まれません。

科学的流産

妊娠超初期の排卵から着床の時期、胎のうが確認できない流産をいいます。正確には流産に含まれません。

胞状奇胎

胎盤になるはずの絨毛が異常に増殖してしまい、子宮内がぶどうの粒状になってしまう状態です。正確には流産に含まれません。

習慣流産

連続で2回繰り返す事を反復流産といい、3回以上繰り返す事を習慣流産と言います。

子宮内の状態による分類

完全流産

子宮内の赤ちゃんとその付属物が完全に排出された状態を言います。

不全流産

子宮内容が完全に排出されずに、1部の組織が残されている状態を言います。

自然流産の原因は?

赤ちゃんの染色体異常が50~60%と考えられています。そのほかの原因としては母体の異常である黄体機能不全、子宮異常、感染、内分泌疾患、免疫異常などが考えられます。

切迫流産の治療は?

安静に過ごすことが1番の治療法です。治療の薬としては子宮収縮抑制剤(塩酸リトドリン)や、ホルモン投与(プロゲステロン)などが行われます。


誕生死

11家族が実名で語る小さな小さな命の物語。






関連イメージ