妊娠前の食生活は影響する?

妊娠すると心配になるアルコールやカフェインの摂取量、妊娠前の過度なダイエットは赤ちゃんに影響するのでしょうか?妊娠後に改善すべき食生活のポイントや、胎児へのリスクをわかりやすく説明します。

アルコールを多量に飲んでいた

アルコール

妊娠前、毎日の晩酌が楽しみだった人や1度の飲酒量を気にしなかった人にとって、赤ちゃんへのアルコールの影響はとても気になることです。今までの飲酒が、お腹の赤ちゃんに影響してしまったらと不安になります。

アルコールの摂取量や内容に関わらず、アルコールはほぼ1日で体内で消化されるので、妊娠前に飲んだアルコールについてはさほど心配は要りません。心配なのは妊娠中も飲酒を続けないかということです。

アルコールは常習性の高い飲みもので、夕食時にビールを飲んでいた人や、睡眠前にワインを飲んでいた人にとって妊娠判明で急に習慣をやめることはストレスです。

ビールをコップ1杯飲んでも、全く酔わない人とすぐに酔ってしまう人によっても心配する度合いはかわってきます。どちらにしても飲酒は赤ちゃんに影響をあたえないと言いきれません。

妊娠したら母体の栄養を赤ちゃんに届ける胎盤(たいばん)が働きます。胎盤は赤ちゃんに栄養を届ける前のフィルターの役割もあって、不要だと判断した有害物質は排除します。でもアルコールの分子はとっても微細なので胎盤を通過する可能性が高いです。妊婦がアルコールを飲んだら、赤ちゃんもアルコールを飲んでしまうのです。

もしも赤ちゃんが胎盤を通過したアルコールを吸収してしまったら、胎児性アルコール依存症や発育トラブル、機能未発達が心配されます。これは大きなリスクです。

妊娠が判明したらアルコールは控える方向で考えてみましょう。毎日グラス1杯のビールを飲む程度なら大丈夫だという考えもあります。確かにビールは大瓶で2~3本以上にならなければ危険性は低いと言われています。でも、これは一般的な目安にすぎません。

母体や赤ちゃんの健康状態や体質によって、アルコールの影響力は異なると考えたほうが良いでしょう。妊娠がわかったらほんの少しの期間、赤ちゃんのためにアルコールを控えるのがリスク回避の安全策です。

コンビニ弁当や外食ばかりだった

食生活

働く女性に多いのが、妊娠前のコンビニ活用や外食の多さです。もしもコンビニ弁当や外食によって食生活が乱れて体調を崩していないのなら、特に心配することはありません。

妊娠が判明したら、今後の食生活を見直すことから始めてください。外食やレトルト食品は塩分や糖分が多いデメリットもあります。濃い味付けに慣れてしまった人は、妊娠中に健康的な食事を食べようとすると「味付けがうすい、物足りない」「もっと揚げものが食べたい」と感じるかもしれません。妊娠中は味付けに注意してください。

食生活の見直しの第一歩がわからないときは、妊娠初期の栄養に注目してください。妊娠初期は赤ちゃんの器官が形成される大切な時期です。この時期に必要と言われている栄養素の1つに葉酸があります。まず妊娠が判明したら、葉酸をどうやって摂取するか考えてみましょう。

コーヒーが大好き

妊娠前にコーヒーが大好きで、毎日飲んでいた人は妊娠中の飲みものに困ってしまいますがカフェインが赤ちゃんに届いてしまうのではと心配です。妊娠前に飲んでいたコーヒーのカフェインも赤ちゃんに大きな影響を与えることは考えにくいです。

妊娠しても1杯くらいは飲みたいと思うでしょうが、1日1杯なら特に問題はないと考えられています。ただし、カフェインは胎盤を通過して赤ちゃんまで届くと言われています。

妊娠中、お腹の赤ちゃんがカフェインを消化するにはかなりの時間が必要です。そんなリスクを赤ちゃんに与えるのなら、妊娠中はノンカフェイン飲料を選んだほうが安心です。

ずっと過度なダイエットを続けていた

妊娠前はダイエットが趣味になっていた人も多いのではないでしょうか?実際に妊娠中も太りすぎて「これ以上の体重増加はお産の妨げになる」と注されるケースもあり、体重管理が必要な場面もあります。ただし過度なダイエットは、逆に体調やホルモンバランスを崩す危険性があります。

妊娠前のダイエットは、お腹の赤ちゃんには影響しません。でもダイエットにより食生活が乱れたりホルモンバランスが崩れたまま妊娠中も過ごしていたら、赤ちゃんにも不健康です。過度なダイエットを続けていた人は、妊娠が判明したら食事制限や無理な運動をやめます。もしも過食気味や拒食症、不規則な生理が続いていた場合は医師に相談してください。

妊娠をきっかけに、ダイエットに頼らない健康的な食生活を築いていきましょう。そうすれば、胎盤を通じて赤ちゃんには有益な栄養素が届けられます。

ダイエットも制限ではなく、ウォーキングなど妊娠中の健康管理に繋がる運動に切り替えてみましょう。汗をかいたり減量するのではなく、今の健康を維持することを目的に取り組んでください。エクササイズマシーンの使用は赤ちゃんに刺激を与えることがあるので、必ず医師に相談してください。




関連イメージ