妊婦のコート選び

妊娠中のコート選びは、大きくなるお腹に対応できるデザインで体を締め付けない素材を選びます。寒い季節にむけて、妊婦がコートを選ぶ時のチェックポイントを紹介します。

コートの素材

妊婦はお腹が大きくなると肩が凝ったり、腰に負担がかかります。コートの素材は温かくても軽い方が楽です。フェザーは温かくても軽い素材が主流です。薄く見えても着ると暖かいので楽です。

コートの素材は家庭で洗える商品も多くなっています。気軽にドライクリーニングに出せるかも確認します。特殊なクリーニングの場合は自分でもお手入れできるか検討します。

妊娠中の体系変化が気になる人は、普段は着ても気にならなかった着用ラインも気になります。ファーのモコモコした素材は妊娠後期になると雪だるま用に見えることもあります。体系変化が気になる時は色で引き締め感を出すなど工夫します。

お腹回りにゆとりのあるデザイン

ママのコート選び

妊娠中に着るコートはお腹回りにゆとりがある方が、着まわせます。産後も赤ちゃんを抱っこして羽織るので前面にゆとりがあると使いまわしできます。

コートのお腹回りにベルトが付いている場合は取り外しができるかチェックします。お腹が大きくなるとベルトで締め付けることが窮屈になります。

ママの腹部を圧迫させないためにベルトを取り外しても、ラインがおかしくならないか鏡で確認しましょう。無理にベルトを締めてウエストをキープすることは控えてください。

ママのお腹がベルトで圧迫されると血液の流れが制限されます。赤ちゃんはママの血液から酸素や栄養を得るので、血液の流れが悪くなると息苦しい感覚になると想像してください。

さらに腹部をベルトで圧迫することで赤ちゃんのいるお腹は外から押しつぶされるような状態になります。大げさですが、ベルトを締め付けることは赤ちゃんにとって良いことではありません。ベルト無しでも活用できるコートがお勧めです。

肩口にゆとりあるサイズ

妊娠中期以降はママの体系にも変化があります。お腹が大きくなり、バストもふっくらします。コートの肩回りも少しゆとりがある方が安心です。

お腹が大きくなるとコートを着る時に腕を上げたり反らすことが疲れるようになります、なるべく、さっと羽織れるように腕を通しやすい肩口が便利です。妊娠後期は、あまりにフィットしたサイズだと最初の片腕は通せても、もう一方の腕を通すのに苦労します。

ベルスリーブ

ベルスリーブの袖はデザイン的にゆとりがあるので、体型が変化しても着やすいのが特徴です。肩から袖口までが太めの幅なので腕を締め付けません。

ただ、ベルスリーブは袖丈が短いタイプもあるので七分丈のトップスを好む人は手首回りが寒くなってしまいます。着回しを考えながら選びましょう。

お腹が隠れる丈

コートには短い丈のジャケットタイプが可愛いものや、暖かさを重視した膝丈等様々です。妊娠中はお腹が隠れるほうが、冷えを防止できます。妊婦は冷えやすいので腰回りは温かいほうが安心です。

妊娠前は冷えと無縁の人も、お腹回りの冷えには注意してください。お腹が冷えると、子宮が収縮してお腹が張ってしまいがちです。一度冷えると癖になりやすいので赤ちゃんの為にもお腹回りの保温を心掛けましょう。

妊娠中期になると、お腹をサポートする腹巻のような腹帯を着用するようになります。お腹回りはトップスともボトムスとも別に考えます。

ポンチョ

最近はポンチョタイプが多く出ています。ポンチョはお腹の大きさに関わらず羽織れます。室内では膝かけにもなるので便利に使いまわせます。

ポンチョを選ぶ時は前身頃に留め具が付いているほうが楽です。フードが付いているタイプもあるので着回しによって選びます。ポンチョはマントのようなラインなので、トップスにボリュームのある服を選びがちな人にも便利です。

必ず試着しましょう

妊娠中は自分の思っているラインが出ない時期があります。お腹が膨らむと横から見た体型も変化します。コートを選ぶ時は、必ず試着して鏡で着用中の姿をチェックしてください。

前からチェックする時は、お腹が膨らんでもバランス良く見える丈か確認します。まだお腹のふくらみが少ない人は、手持ちの服やタオルを腹部に当てて、大きくなったお腹をイメージしてください。

妊娠中はコートを着て横からも鏡を見てください。お腹とお尻がきちんと暖まるか、お腹が目立った時はどんなラインになるのか確認します。

ママコート

冬に妊娠後期を迎える妊婦さんには、ママコートもお勧めです。ママコートは、赤ちゃんを抱っこしても着ることができるデザインです。

出産時も寒い季節なら、退院後も赤ちゃんを抱いて着ることのできるコートがあれば1ヶ月検診や、急な外出にも困りません。

以前のママコートはデザイン性よりも機能を重視したデザインがあり、見てすぐ分かるタイプがありました。でも最近はデザインも変わってきて妊婦や産後ママが羽織っても、ママコートとは分からないデザインに変わっています。

特に母乳育児中は、コートを羽織ったままでも授乳できます。産後の母乳育児や抱っこひもの活用を重視しているママには、ママコートが便利です。






関連イメージ