過食症とは

過食症は肥満の始まり?

過食症は手あたり次第食べては太ってしまう、自己管理のできない人だと思われがちです。でも、本当は自己管理を真面目にやろうと思うからこそ、自分を責めてしまう真面目な人が陥りやすい症状です。妊娠前や妊娠中も、過食症のきっかけは沢山あります。

過食症は人事だと言えない症状です。今は10代~30代の女性に多く、ほんのちょっとしたきっかけで始まってしまうこともある、珍しくない症状です。

過食症の兆候

・ダイエットが止められない。
・ダイエットが成功しない。
・拒食症が継続中。
・ストレスが溜まっている。
・完璧な自分でありたいと思う。
・人がいないと大量に食べたくなる。
・食べている時間はストレスが軽くなる。
・食べた後は、自分を責めてしまう。

過食所は拒食症と密接です。全く食べることができずに拒食症だった人が、ある一口をきっかけに過食症に変わることもあるほどです。

過食症だから太っているとも限りません。嘔吐を繰り返す人は、過食で食べても栄養が体内に残らないから痩せてしまいます。

太りたくない切迫感

過食症になる人は、食べることが大好きで楽しんで食べているわけではありません。妊娠前は、妊娠に備えて太らないように気をつけたいし、妊娠中は赤ちゃんの為に血圧や体重増加に気を配る必要があります。

だから「太りたくない!」と思ってはいるのですが、そう思えば思うほど食べたくなってしまうことがあります。これは太りたくない切迫感からくるストレスの反動です。

切迫感と聞くと、ちょっと怖いかもしれませんがダイエットでは「痩せたい、でも食べたい」という気持ちはごく普通のことです。ただ、その気持ちが強くなるとストレスとなって自分に返ってきてしまうことがあるのです。

ダイエットに本気に取り組むと、こうしたストレスとぶつかることがあります。そして妊娠中は、このストレスがさらに強くなることがあります。赤ちゃんのためだという使命感が、より「太りたくない」という気持ちを義務にしてしまいます。

食べてしまった自責

過食症

過食症は、食べてしまった後にすごく後悔する気持ちがあります。これは、自分をよく見ている証拠です。でも、その場では自分を見つめているというよりも「自分を監視している」ような気持ちになってしまうことが多いようです。

特に拒食症傾向のあった人は、人に食事を見られたくない気持ちが強くあります。食事を短時間で済ませようとするので一気に食べてしまいます。

短時間のうちに食事をしてストレス発散して、後悔する気持ちを経験するので非常にストレスが溜まります。だけど、そのストレスがまた爆発したら暴飲暴食に走ってしまい終わりがありません。

過食と自責を繰り返していくうちに、自信も失ってしまいます。「こんなに食べてしまって、どうして我慢できないのだろう」と自分を責めてしまいます。妊娠中は赤ちゃんへの罪悪感と、母親としてのプレッシャーから自責の念は強くなりがちです。

嘔吐や下剤で無かったことにできる?

食べてしまったことへの自責で、食べる前の状態に戻りたいと思った時、過食症では指を口の奥に入れて無理矢理に嘔吐しようとしたり、下剤を飲んで排泄しようとします。

ここでいう下剤の使用方法は、とても危険です。なんとか腹痛を起こしてでも排泄しようとするので、胃腸が荒れてしまいます。

食べる度に薬を飲んでいると、だんだん使用間隔や使用量が曖昧になります。思わぬ薬の副作用に悩まされるようになることが不安です。

妊娠中はふっくらして当然

妊娠中は、もともと体力を使う期間なので普段よりもお腹がすいたり、好きなものを沢山食べたくなります。これは過食症とはちょっと違います。

赤ちゃんや羊水の重さを入れるのですから、毎月体重は増加して当然です。ここで「太りたくない」と感じて、絶食をしたら赤ちゃんに栄養が行き渡らなくなります。

それに下剤はもっと危険です。妊娠中の下剤が、赤ちゃんに不要な刺激を与えることが心配です。

医師の判断する体重増加の範囲内ならば、一時的なものだと考えてください。どうしても食べたい時は、便秘防止に野菜スティックやヨーグルトなど栄養価が期待できる食品を間食に選びましょう。

食べてはいけないと決めてしまうと、余計気になってリバウンドが大きくなります。食べないことよりも、食べる食事の内容に気をつけてみましょう。






関連イメージ