バースプラン、考えていますか?

妊娠したらどんな場所でどんな風に出産したいか、譲れない希望や条件を考えたことはありますか?バースプランを考えることは、理想の出産を考えて実現に向けて一歩踏み出すこと。出産までの流れを考えるので、そのために必要な準備や心構えを知るきっかけにもなります。

バースプランとは

安産

バースプランとは、出産にむけた計画を立てることです。具体的に分娩方法や立ち会いの有無、母乳指導やケアの有無など自分にとって必要なことを明確にすることです。

妊婦検診や出産までの打ち合わせは、時間が限られていて全てを伝えることも大変です。バースプランを書き出しておけば、希望を簡潔に伝えることができます。

ただし全ての希望が叶うとは限りません。バースプランはあくまでも希望を伝える目安です。バースプランをもとに医師や助産師さんの意見を取り入れて、現実的な出産計画を固めていきましょう。

バースプランを書くタイミング

バースプランを書くタイミングは決まっていません。でも、思いついたらどんどん書いていくことをおすすめします。早くプランを考えるほど、医師や助産師に伝えるタイミングも多く、アドバイスを求めやすくなります。

特にはじめての妊娠で産院探しに悩んでいる妊婦さんは、産院探しの前に簡単なバースプランを書いてみましょう。その希望が実現しやすい条件で、産院探しができます。

バースプランの書きかた

書き方

バースプランを書く用紙は、産院でアンケート用紙のように準備されている場合もありますが、基本的にはどんな用紙でも大丈夫です。

書きかたのポイント、は空白を作りながら書くことです。あとから追加したい情報やアドバイスをメモできる空白があると便利です。

具体的にはっきりと

バースプランは自分の気持ちを確かめるものでもあります。具体的にはっきりと書くことで、今後の進め方がわかります。

例えば「立会出産ができるならお願いしたい」ではなく、「立会出産を希望」と書いたほうが立会出産について行動しやすくなります。立会出産が可能な分娩施設、そのために必要な準備をスタートできます。

恥ずかしがらないこと

バースプランを書いたら、相手に見せるることを恥ずかしがらないでください。「こんなに書いてもいいのかな?」と思うかもしれませんが、希望が多いのは出産をちゃんと考えている証拠です。後悔しないように気持ちはしっかり書いてください。

医師や助産師に見てもらうこと

実際に陣痛が始まったり、妊娠中にトラブルが起こった時はなかなか希望を全て伝えることは難しいものです。さきに見てもらったほうが、サポートする側の判断材料も増えます。理想を叶えるためのアドバイスや、不可能な場合はその理由も知ることができます。

不安も書いてしまおう

妊娠や出産にたいする不安も書いて大丈夫です。ママ自身も不安解消にむけて考えるきっかけになるし、読んだ相手は不安を取り除くためにサポートしてくれるはずです。バースプランを公開することで不安や悩みも共有して、出産にむけて一歩ずつ進んでいきましょう。

バースプランの記入例

陣痛促進剤を使いたくない

陣痛がなかなかおこらないとき、赤ちゃんの安全と母体の体力などから陣痛促進剤を使うことがあります。もしも陣痛促進剤を使わずに自然の流れでお産までもっていきたいときは予め、バースプランに書いておきます。

ただし母体や赤ちゃんの安全を考慮して、やむを得ず陣痛促進剤を使うこともあります。

好きなアロマや音楽を流したい

分娩施設によりますが、可能な限り音楽やアロマでリラックスして過ごしたい時に書きます。安全面からアロマではろうそくを使用できなかったり、条件がある場合も考えられるので、どんなアイテムなら持ちこめるのかを確認する必要もあります。

立ち会い出産希望

パパに立ち会ってほしいときに書きます。気をつけてほしいのは、ママ自身が立会出産を希望しているのか、夫婦2人で立会出産を希望しているのかです。どんなにママが希望してもパパが前向きでない場合は実現できないこともあります。

立会出産の場合は、前もって医師とパパの面談やレクチャーをうけることが多いので、ちゃんと夫婦で話しあうことを忘れずに。

産声を録音したい

赤ちゃんが産まれた瞬間の産声をおさめたい時に書きます。お産はいつ始まるのかわからないので、担当医や助産師がいない日かもしれません。必ず伝えておかないと録音のチャンスを逃してしまうので気をつけてください。

ときには母体や赤ちゃんのケアが優先で、録音を手伝ってもらえないケースもあると理解しておきましょう。

代替案の可能性

バースプランをしっかり考えても、母体の健康状態や赤ちゃんの様子によっては理想通りにいかないこともあります。そんなとき、医師や助産師と代替案を考える可能性もあります。

1つの希望から、いくつもの方向性が考えられることも覚えておきましょう。もしかして最初のバースプランよりももっと母体と赤ちゃんにとって良いプランが見つかるかもしれません。代替案は諦めではなく、前向きな変更点だと考えてみましょう。

ママ自身の努力も忘れずに

バースプランはママの希望をもとに赤ちゃんが安全に生まれてくるためのガイドラインの1つになりますが、プランを周囲に伝えたから終わりではありません。

「母乳育児がしたい」と書いたら、産院からの母乳指導を待つだけではなく、自分から母乳ケアや母乳のためのマッサージをはじめる努力もしましょう。

大切な出産ですから、わがままや理想があって当然です。わがままを押しつけるだけのバースプランにならにように留意して、わがままを通すための努力と下準備も忘れないようにしたいです。




関連イメージ