便利チェック帳 基礎体温

性感染症(STD)

Sexually Transmitted Disease

性感染症(STD)は必ずではありませんが、かなりの確率で性交によって感染します。自覚症状がないケースも多く、自分では性感染症に感染していることすら気付かない人もいます。

性感染症に感染していることをわかったら、パートナーと一緒に治療する必要があります。不特定多数の人と行為を持たない、ゴムを使うことが予防策になります。
性病と呼ぶことも多い

カンジダ膣炎

カビの一種で膣内で繁殖して起きます。かゆみがあり白いチーズのようなおりものが特徴です。妊娠中はカンジダ膣炎にかかりやすく、出産までに治療できていないと赤ちゃんに感染するため帝王切開になるケースもあります。膣錠や塗り薬で簡単に治ります。

カンジダ菌(真菌)はもともとすべての女性が膣内に持っているもので、妊娠中などにからだの抵抗力がなくなると増殖します。(正確にはSTDに含まれない)

性器ヘルペス

ヘルペスは身体のどこにでも感染しますが、性器に出来たものを性器ヘルペスといいます。症状は外陰部の痛みやかゆみ、発熱や頭痛などがあり、水泡ができてかさぶたになったりします。出産時に病巣があると、赤ちゃんが産道を通るときに感染する可能性があり、帝王切開になります。

治療には抗ウイルス剤を服用します。症状は1週間もすればなくなりますが、このウイルスは死滅しないで体内に潜伏するので、分娩前には注意深く経過を見ていくことになります。

クラミジア感染症

クラミジアは最近になって特に増えている性病です。自覚症状も少なく気づかない人も多く、妊娠して初めてわかったと言う人が増えています。

出産時に産道感染して肺炎や結膜炎を引き起こす可能性もあり、パートナーとともに治療が必要です。治療は抗生物質を2週間くらい服用します。

またクラミジアは不妊の原因にもなります。放っておくと子宮や卵管、卵巣などに炎症や癒着を起こして、排卵障害や着床の妨げとなり子宮外妊娠の原因になることもあります。

淋病

症状がないこと多いですが、排尿時に痛みがあったりおりものに悪臭があります。産道を通るときに赤ちゃんに淋病が感染すると、失明したり結膜炎を引き起こします。淋病が見つかったときはペニシリン系の抗生物質を投与を完治するまで繰り返します。

梅毒

微生物の感染による病気で、先天異常や死産の原因となります。梅毒は胎盤を通して赤ちゃんに感染するために、それまでに抗生物質を投与すれば赤ちゃんへの影響はまずありません。

細菌性膣炎

早期破水や絨毛膜羊膜炎などの合併症を伴い、早産の可能性があります。症状としては痛みやかゆみはほとんどなく、外陰部ににおいがあったり、違った色のおりものがでたりします。

尖圭コンジローム

パピローマウイルスが原因で、性器のあらゆるところに「いぼ」ができます。赤ちゃんに感染する事はまずありませんが、膣炎を起こしたり子宮頸ガンを起こす可能性もあります。

治療は外用薬を用いますが、大きなイボの場合は電気メスやレーザー療法、冷凍凝固などで取り除けます。

トリコモナス膣炎

トリコモナス原虫が原因で膣や子宮頸管などに感染します。産道感染することはありませんが、早産を引き起こす可能性があります。

悪臭の黄色のおりものと、膣や外陰部にかゆみを伴う場合もあります。治療は妊娠初期にも安心とされる経口薬で簡単に治ります。

エイズ

HIVは後天性免疫不全症候群(エイズ)を引き起こすウイルスで、感染経路は血液、性交、母子感染の3つです。HIV陽性反応の妊婦さんから生まれた赤ちゃんは、かなりの確率でHIV感染が認められるようです。最近では妊娠初期にHIVの検査を行う病院が増えています。

関連記事

妊娠までに直しておきたいSTD
カンジダ膣炎
クラミジア
トリコモナス






関連イメージ