e-妊娠 



妊娠初期のからだ

悩みとその対策

疲れやすいし眠い

からだが赤ちゃんのための環境作りを始めたからです。ホルモンバランスが変化し自律神経にも影響を及ぼし、おなかの中では胎盤が作られ始めます。

疲れたり眠くなるのは赤ちゃんからの「休め」のサインと受け止めて、妊娠4ヶ月目くらいまでは無理はしないようにしましょう。妊娠4ヶ月くらいになると胎盤も完成して、ホルモンバランスが安定してきます。

妊娠初期におなかが張る

下腹部を圧迫されて「流産」や「子宮外妊娠」を心配する人もいるでしょう。しかし痛みや出血がなければ、流産などの心配はまずありません。

子宮が大きくなり始め、胎盤を作り出す過程でおなかの張りを感じる人がほとんどです。しかしいつまでも圧迫感が続き、出血の混じったおりものが出る場合は健診前にでも病院で相談してみましょう。

おなかにガスがたまる

ガスが腸に溜まり赤ちゃんが圧迫されないか心配する人もいますが、羊水に守られている赤ちゃんには全く影響がありません。しかし満腹感と不快感のせいで、きちんと食事ができないと赤ちゃんに影響が出てしまいますので、次のことに気をつけてみましょう。

  • 定期的に排便する
  • 何回かに分けて食べる
  • ゆっくりよく噛んで食べる
  • 空気を飲み込まない
  • ガスを発生させる物を食べない

ウエストが太くなった

妊娠初期からウエストが太り始める人もいます。子宮が大きくなるほかにも、おなかのガスや便秘で腸がふくらんでいる場合もあります。

ただ急に体重が増えてきた場合はカロリーを取り過ぎていないか、もう1度確認してみてください。

ソバカスや吹き出物が出る

妊娠中はホルモンの変化によって、肌が荒れてしまう人がほとんどです。生理前にこういう症状が出る人は、妊娠中にも出る傾向が強くなります。

肌荒れ対策

  • バランスのいい食事を心がける
  • 水分をたっぷり補給する
  • 部屋を乾燥させないように加湿する
  • オイルフリーなもので肌を十分保湿する
  • 刺激の少ない洗顔料で顔を洗う
  • 睡眠をたっぷり取る

もし湿疹等で皮膚科にかかる場合は、必ず妊娠していることを告げてください。(皮膚の治療薬の中には胎児に影響があるものがあります)

うつぶせで寝てしまう

妊娠初期にうつぶせで寝ていたからといって、赤ちゃんに影響する事はまずありません。ただ神経質になる必要はありありませんが、なるべくならあおむけや横向きで寝るようにしましょう。おなかが大きくなったときの練習にもなります。

頻尿になった

子宮は膀胱の裏側にあります。妊娠初期に子宮が大きくなり始めるとまず膀胱が圧迫されるのです。この症状は妊娠4ヶ月ごろまで続き、子宮が大きくなっておなかの方にあがってくると少なくなります。

唾液がたくさん出る

唾液もムカムカなどの症状を受けてより酸性化することが多く、ネバネバする等の不快感を感じることがあります。

またホルモンバランスが崩れ歯や歯茎に栄養が届きにくくなり、虫歯や歯槽膿漏になりやすくなります。

よく頭痛がする

ホルモンの変化や、疲労、緊張、ストレスなどが原因です。我慢できないほどの痛みなら医師に相談すると、赤ちゃんに安全な薬を処方される場合もあります。また日頃から次のようなことを意識してみましょう。

  • リラックスする
  • 十分休息を取る
  • 規則正しい食事を取る
  • 静かな環境で過ごす
  • 換気を浴する
  • 照明を変える
  • 姿勢をよくする

偏頭痛に悩んでいる

妊娠すると偏頭痛を起こしやすくなります。逆に今まで悩んでいた人が症状がなくなる場合もあります。偏頭痛は脳の血管が収縮して、急激に拡張されることが原因ですが、人によってその症状はさまざまです。

また妊娠合併症で偏頭痛に似た症状が出る場合もありますので、おかしいと感じたときは必ず医師に相談しましょう。

おっぱいが大きくなった

女性ホルモンのプロゲステロンとエストロゲンの分泌が増えるからです。乳輪が黒くなったり広がったりもしますが、産後には元に戻ることがほとんどです。

おっぱいが大きくならない

経産婦や乳腺が発達している人は、あまりおっぱいが大きくならないこともあります。この場合は妊娠後期に大きくなるか授乳中に大きくなることがあります。

静脈が浮き出る

妊娠すると血液循環量が増えるために、血管が拡張して静脈が浮き出ることがあります。特にやせている人や色白の人が目立ちますが、静脈瘤にならなければ問題はありません。

静脈瘤を予防したい

静脈瘤とは、血液の流れが悪くなり血管が拡張して硬くなってしまうことです。静脈瘤は太っている人がなりやすく、女性は男性の4倍なりやすいと言われています。

妊娠中は特に静脈瘤になりやすく、静脈が目立つ人、血管が「ボコ」っと盛り上がる人やふくらはぎに痛みを感じる人もいます。

静脈瘤の予防は次の通りです

  • 体重が増えすぎないようにする
  • 長時間立っていない
  • 長時間座っていない
  • 重いものを持たない
  • 排便時にいきまない
  • からだを締め付ける服を着ない
  • 平らな靴を履く
  • 適度な運動をする
  • ビタミンCをたっぷり取る
  • 足を高くして寝る

妊娠初期の3ヶ月で体重が増えていない

妊娠初期に赤ちゃんの体重が増えないことはよくあります。逆につわりのせいで体重が減ってしまう人もいます。

しかし妊娠後期と比べて、この時期に体重が増えないことは心配ではありません。しっかりした栄養さえ摂取していれば、赤ちゃんはカロリーをそれ程必要としていないからです。

とくに体重が増えないからと言って、ジャンクフードなどを多めに取るのは間違いです。ジャンクフードはからだに「お肉」はつきますが、赤ちゃんの栄養にはなっていませんから。

妊娠初期に6キロも体重が太った

妊娠初期に太りすぎてしまったからといって、妊娠中期や後期に栄養を取らないのは間違いです。赤ちゃんは成長していくのに定期的に栄養が必要で、今ある「ぜい肉」から栄養を取ることは出来ません。

しかしこれからは今までと同じような食事をしてはいけません。食事のバランスを考えて、質が高く効率のいい食べ物だけを摂取するように心がけましょう。

妊娠線の予防をしたい

妊娠線は急激に体重が増えることによって出来る、赤紫色のすじのようなものです。出来る場所は、胸やおなかやお尻にといった場所でかゆみを伴う場合もあります。

お風呂上りにクリームを塗って保湿して、マッサージをすることで予防できますが1度できた妊娠線は消えません。しかし出産後しばらくすれば白っぽくなり目立たなくなるので心配は要りません。




関連ページ
お勧め葉酸


ネイチャーメイド 葉酸
ネイチャーメイドの葉酸は、1粒(0.3g)当たり: エネルギー1.2kcal、タンパク質0g、 脂質0.007g、炭水化物0.285g、 ナトリウム0mg、葉酸200μg 。葉酸2粒当たりの葉酸含有量400μg ≒ホウレン草 小1わ分

ピジョン 葉酸
胃を通過して腸で溶けるので胃のムカムカを防止します。ビタミン特有のニオイもカットしているから、つわりの時も飲みやすい!
葉酸
ヤマノ 葉酸サプリ
葉酸 ヤマノの「葉酸サプリ」は乳酸菌と食物繊維配合のオリジナルサプリです。 あなたの腸内環境を整えながら効率よく栄養を吸収できる体になることも、体内バランスを整えることに繋がります。


戻る妊娠中のよくある質問 / e-妊娠top


*信頼できる情報の収集に努めていますが、その内容を保障するものではありません。内容一切の無断転載、使用を禁じます。Copyright(C) e-妊娠