母乳に良い食品

母乳に良い食品の特徴

母乳に良い食品は、ママの健康にも良い食品です。美味しい母乳を作るためには、母乳のもとになるママの血液が良質の栄養成分を摂る必要があります。

母乳に良い食品は、基本的には家庭で調味料を考えて調理することが鉄則です。調味料で油分や糖質が増加しすぎないように心掛けてください。

母乳に良い米類

母乳の生成に良い米類は、白米・胚芽米・あわ・ひえです。米類はエネルギーになりやすいので、体力維持の効果もあります。良く噛んで食べてください。

食パンは無添加のほうが、糖分や添加物の心配がありません。自宅でパンを作る時は、米粉を使うのもお勧めです。天然酵母や無添加のパンの作り方や販売しているお店を知っておくと、離乳食が始まってからは家族で安心して食べることができます。

米にはお菓子とは違う糖が含まれています。お米の糖はエネルギーに代わるので、脂肪になりにくいと言われています。水分も含まれているので授乳時も毎日食べて美味しい母乳を作ると同時に、ママの健康も維持できます。

お餅や赤飯は、昔は母乳の良く出る食品だと言われていたそうです。それは栄養の偏りがちな食生活でも、ママがしっかり体力をつけるようにとの考えもあったようです。

現在は飽食の時代といわれるほど、様々な食品から栄養摂取できます。逆にお餅や赤飯は、白米と比べて高カロリーなので注意が必要です。全く食べてはいけないわけではありませんが、頻繁に食べ過ぎないように気を付けましょう。摂りすぎは乳管の詰まりの原因になります。

母乳に良い野菜

母乳に良い野菜は、人参やゴボウといった根菜類(こんさいるい)です。根菜とは地面から出ずに土中で成長する野菜です。食べる部分が土の中で育つ野菜のことを根菜と総称します。

人参やゴボウの他にも、大根、ユリ根、生姜、カブ、レンコン、ジャガイモ等のイモ類が母乳に良いと言われています。

根菜類には食物繊維が豊富なので、妊娠中の便秘予防にもなります。味噌汁やスープに調理すると、栄養成分をしっかり摂取できます。

母乳に良い果物

母乳によい果物はその季節ごとの旬の果物です。旬の果物はビタミンや栄養が豊富です。でも、体を冷やすのは避けたいので摂取は午前中や昼間がおすすめです。

柿、メロン、スイカは体を冷やすので量に気を付けましょう。特に冬は冷えやすいので夕方以降に食べると体がむくみやすくなります。体が冷えると血行が悪くなるので乳管の流れに影響します。

果物はシロップ漬けや缶詰だと糖分が多すぎます。シロップを落として食べると糖分は減らせます。

母乳に良い飲み物

母乳に良い飲み物は、糖分や添加物のすくない飲み物です。カフェインやアルコールも母乳に影響するので控えるのが理想です。

母乳に影響しない飲み物は、ほうじ茶、番茶、麦茶、タンポポ茶、ルイボスティーなどです。

番茶(ばんちゃ)とは成長した茶葉で作られたお茶です。タンニンが多くてカフェインが少ない特徴があります。番茶はさっぱりした飲み心地ですが苦みを感じることがあります。そのため、葉を煎ってほうじ茶として販売されています。

母乳にあまりよくない飲み物は炭酸飲料、ビール等のアルコール、カフェインの含まれるコーヒーやウーロン茶です。

炭酸や清涼飲料水は、飲み心地は良くても糖分が非常に高いので乳管が詰まりやすくなります。果物を絞った果汁のほうが栄養価が高くて添加物の心配も減ります。

アルコール類はビールなら1日1杯は大丈夫だという意見もありますが、完全母乳で育てる場合は注意が必要です。アルコールを摂取すれば母乳を通じて赤ちゃんにも伝わります。

控えめに摂取すべき食品

良い母乳をつくる観点から考えると、ファーストフード類や菓子パンは控えめにします。毎日食べ続けるなら控えたほうが良いですが、妊娠中に気分転換に食べる程度なら問題はありません。

食べ過ぎると皮下脂肪が付きやすいので、体重増加を気にしている時は控えたほうが安心です。






関連イメージ