母乳の飲ませ方・縦抱き授乳

縦抱き授乳のメリット

縦抱き授乳は、赤ちゃんの首をママの手で固定できるので、小さめの赤ちゃんで横抱き授乳が合わない時にも試すことができる授乳スタイルです。

ママがゆったりと座って授乳できるので、座り抱きとも呼びます。妊娠・出産で腰を痛めたママも楽に授乳できるメリットがあります。

縦抱き授乳では赤ちゃんとママの顔は向い合せにはなりませんが、一生懸命飲もうとする赤ちゃんを見ることができます。赤ちゃんの口と、乳頭の高さも調節できるので深く吸着できない赤ちゃんにも向いています。

横抱き授乳とどちらが良いのかは、赤ちゃんとママの都合でそれぞれですが、乳腺炎や乳首のトラブル等で、同じ姿勢で授乳することが困難な時には縦抱き授乳を取り入れます。

縦抱き授乳のママの姿勢

縦抱き授乳の抱き方

縦抱き授乳のママは、背中に背もたれやクッションを当てて、前のめりにならないようにリラックスした姿勢になります。

縦抱きの授乳中に、背中に支えがないと前のめりになりがちです。前のめりになると、赤ちゃんには乳首だけではなく乳房全体を押しつける形になりやすく、逆に哺乳しにくくなることがあります。

横抱き授乳のときは赤ちゃんの背中部分にクッションや枕を置いて上げ底しますが、縦抱きでも同じようにクッションや枕などで赤ちゃんを上げ底します。ただし、クッションや枕は赤ちゃんの背中ではなく、おしりの下に敷きます。

上げ底の必要がなければ、赤ちゃんが滑り落ちない素材のタオル等を敷いても良いし、そのままママの足の上に座らせます。授乳前に縦抱きして、どの方法が向いているか知っておきましょう。

もしもクッションや枕が足に乗せにくい時は、ママの足自体を高くします。赤ちゃんのお尻を乗せるほうの足を、台にのせて膝の高さを調節します。

台が無くて、足を置く場所が見当たらない時は、厚みのある雑誌を重ねて縛ったり家にあるもので足が滑らない台を作ります。

縦抱き授乳の抱き方

・赤ちゃんを授乳させたいおっぱいの側の太ももに座らせます。
・ママの足に乗せた赤ちゃんの足は、ママの太ももを挟んで両側に。
・授乳前に、赤ちゃんのおしりが滑り落ちないように確認すること。

・首の座っていない赤ちゃんは上半身が反らないように注意。
・授乳させたいおっぱい側の腕を赤ちゃんの背中にまわして固定。
・赤ちゃんを縦抱きした時に乳首よりも、口元が少し下になるように。

縦抱きした時に、赤ちゃんの口元が授乳させたい乳首よりも少し低い位置にあると、軽く上あごをあげて飲むようになります。このバランスが最も授乳しやすいので、ママの足の高さやクッションで調節します。

縦抱き授乳の飲ませ方

縦抱き授乳では、赤ちゃんが正面から乳首を口に含ませることができるので、深い吸着が可能です。小柄な赤ちゃんや乳首を深くくわえることに慣れていない赤ちゃんにとって、縦抱き授乳は哺乳しやすいスタイルです。

赤ちゃんが口を開いたら、授乳させないおっぱい側の手で乳輪ごと含むようにします。この時手でUの字を作って、授乳させるおっぱいを下から挟むように添えます。

手を、乳首の上に添えると滑って赤ちゃんの顔を強くうつ心配があるので、おっぱいの下側に手を添えるほうが安心です。下側に添えた手でガーゼやタオルを持っていると、赤ちゃんが垂らす母乳やよだれに対応できます。






関連イメージ