授乳時の乳首の含ませ方

授乳に適した含み方

赤ちゃんが授乳の際、乳首を的確に口に含むことができると、以下のことが期待できます。

・母乳を吸う力がしっかりとママの脳に伝わり、母乳の分泌が盛んになります。

・乳頭が刺激されて母乳の詰まりを解消します。

・適切な吸着は乳頭を痛めません。

・正しい吸着での授乳は、赤ちゃんのあごを鍛えます。
・母乳が出やすいのでしっかり飲むことができます。
・授乳時間がダラダラ続かない。

授乳に適した含み方

赤ちゃんと乳首の高さ

赤ちゃんに乳首を上手に吸ってもらうためには、ママのリードが役立ちます。まず、ママは赤ちゃんを支えていないほうの手で乳房を支えて、赤ちゃんの口との高さを調節します。

授乳の際は赤ちゃんの口が、乳頭よりも少し下側になります。赤ちゃんは少し首をあげて乳首を口に含むことになります。乳頭よりも赤ちゃんの口が上だと、口に含みにくく、授乳に時間がかかりがちです。

赤ちゃんと乳首の距離

授乳時には、どんな抱き方でも赤ちゃんとママの体は密着します。

赤ちゃんとママが離れて、顔だけ乳首に近づける飲ませ方は、あごがママの乳房に触れにくいので吸着が浅くなりがちです。でも、ママの体を傾けて赤ちゃんの口に乳首を寄せると、乳房で赤ちゃんの顔を押してしまいます。

授乳の際は、赤ちゃんの位置を調節して、赤ちゃんが乳首に近づくようにします。ママはリラックスして前のめりにならない姿勢がベストです。ママから体を動かすのは、添い乳で上になったほうの母乳を与える時です。

吸着のタイミング

赤ちゃんに乳首を含ませる吸着のタイミングは、赤ちゃんの口が大きく開いて、舌が歯茎を越えて出てきた時です。

赤ちゃんが大きく口を開けて舌を出した時に、素早く口を乳首に引き寄せて含ませます。特に新生児は深い吸着に慣れていないので、口を閉じている状態で引き寄せるよりも、大きく開けている時に引き寄せたほうが上手に吸着できます。

赤ちゃんが口に含むのは乳首ですが、口に含む際は乳輪まで含むくらいに吸着させます。こうすることで、赤ちゃんは深く吸着することができます。

吸着の確認

吸着の確認

赤ちゃんが的確に乳首に吸着できているかどうかは、以下のことでもチェックできます。

・赤ちゃんの上唇と下唇はそれぞれ外向きにめくれている。

・赤ちゃんの下唇をめくると、舌が縦に丸まっている。

・赤ちゃんの下あごが乳房に触れている。

・赤ちゃんの舌は乳輪と乳頭の外側を回るように巻きついている。
・赤ちゃんの舌が乳頭を塞がずに、歯茎よりも外側で動いている。

・赤ちゃんの口内に隙間が少なく、授乳中に乳房がずれたり、大きく移動しない。
・赤ちゃんが体全体を同じ方向に向けていて、ママと密着している。
・ママに赤ちゃんが哺乳している音や口の動きがわかる。
・ママが吸着による痛みや傷を感じない。

吸着トラブルのサイン

以下の症状が頻繁に続く時は、赤ちゃんの乳首への吸着にトラブルがある可能性が考えられます。

・乳首が引っ張れたり、授乳後に乳頭が平たく潰れている。
・赤ちゃんの唇に、水泡のような「すいだこ」ができている。
・授乳終了後も短時間で母乳を欲しがり続ける。
・母乳が吸われていないために乳房が張る。






関連イメージ