花粉症対策で注目されるワセリン

花粉症対策でワセリンが注目されています。妊娠中でも安心して使用できるワセリンが注目される理由と期待できる効果、各パーツの塗りかたと妊婦にも安心なワセリンの選びかたをやさしく説明します。

妊娠と花粉症

妊娠中の花粉症は、その症状によってお腹の赤ちゃんに影響を及ぼさないかと心配になります。鼻をすすったり、くしゃみをするときはお腹に力がはいります。症状の辛さから疲労がたまったり、眠くなるのも妊娠中は頻繁になる人が多いようです。

花粉症の薬は様々ですが、妊娠中は妊娠にかかわる薬以外は摂取したくないのが本音です。そのため妊娠中は食材や身近なアイテムで簡単に取り入れることのできる花粉症対策が人気です。

花粉症対策にワセリンが話題になっています。簡単に手に入り、摂取しても赤ちゃんに大きな影響が出にくいと考えられること、家庭で試せることが妊婦にも向いています。

ワセリンが注目される理由

花粉症花粉症対策にワセリンを使用すると、ワセリンに花粉が付着して目や鼻、のどに花粉が入る前に花粉をキャッチしてくれます。ワセリンは赤ちゃんの肌にも使用されるほど低刺激なので、特別なアレルギーや副作用の経験がなければ顔に塗っても安心です。

また、バリア効果があるので花粉症の症状で鼻水がでて荒れてしまった部分に重ねても安心です。ワセリンが外部の刺激から患部を守ります。ワセリン自体は水っぽくないので、目の周辺に塗っても目に流れ込むことはありません。

なによりもワセリンは、病院で診断を受けなくてもドラッグストアで簡単に手に入ります。ちょっと試してみたいと思ったら自分で選んで購入できるのも、花粉症対策にワセリンが注目される理由の1つでしょう。

ワセリンの注目される理由ははじめやすさと、ほかに必要な補助アイテムが不要で自分の手指で塗ることができる簡単さです。妊娠中でも簡単に取り入れることができます。ただし塗りかたやワセリンの選びかたも注意してください。

ワセリンの効果

ワセリンは肌を保湿したり潤わせるものではありません。石油系なので印象が悪い人もいるかもしれませんが、現在は精製技術も高くなり病院では軟膏のベースになって処方されることも多いです。

ワセリンの効果はバリア機能とカバー力です。花粉症ですでに鼻の下や目の下の皮膚にダメージを受けている人には、ワセリンが向いています。ダメージをうけた患部は花粉の影響を受けやすいところでもあるので、ワセリンを塗ってさらにダメージをうけないようにバリアすると共に、また花粉が侵入しないように手前でキャッチすることが期待できます。

つまりワセリンに期待できる効果は、花粉症の症状を和らげるというよりは花粉そのものを体内にいれないようにするバリア機能です。これは妊娠中の外出に活用できそうです。

ワセリンの塗りかた

花粉症対策としてワセリンを塗るときは、鼻は綿棒をつかって中の粘膜に塗ります。空気を吸い込んだ時に一緒に侵入してくる花粉を、ワセリンでキャッチします。鼻の奥まで綿棒を入れると粘膜を傷つけて逆効果です、鼻の入り口を中心に塗ってください。

鼻の入り口にもワセリンを塗りますが、妊娠中でにおいが気になるときは薄めにしておきましょう。2~3時間の効果があると考えられるので、短時間のお出かけなら塗り直しも不要です。マスクと併用すればさらにバリア効果が高まります。

目にワセリンを塗るときは、目の粘膜につかないように肌部分だけに塗ります。量は片目で米粒大です。指に軽く伸ばしてから、目の下とまぶたに指の腹をつかって均等に伸ばして塗ります。

目はメイクをしてからワセリンを塗ることを、おすすめします。パウダー系のメイクグッズは粉がワセリンに固まって付着することがあります。

もしも化粧水を肌につけるときにワセリンも塗るようなら、化粧水を先に肌にのせます。化粧水は肌の内部に浸透して潤うので先に塗って、肌内部に浸透しないワセリンは化粧水のあとに塗ってカバーします。

女性に関していえば、心配なあまりたくさん塗ると顔がてかっているように見えてしまいます。ワセリンはよく伸ばして塗りましょう。余ったら肘やかかとに塗って、乾燥や擦れを予防してください。

ワセリンの選びかた

花粉症対策にワセリンが利用できるといっても、ワセリンは様々なメーカーから販売されています。ワセリンは石油系の天然素材を精製してつくります。大きく分けると黄色っぽいワセリンと白いワセリンがあります。

黄色のワセリンは「ヴァセリン」と呼ばれている商品です。カバー力はありますが医薬品扱いではないので、妊娠で肌が過敏になっている妊婦さんやアレルギー、アトピーの心配な人は注意してください。安価で購入しやすく、多くのドラッグストアで取り扱っています。

白いワセリンは「日本薬局方 白色ワセリン」が有名です。パッケージもシンプルでデザイン性は低いと感じるかもしれませんが黄色ワセリンよりも不純物が取り除かれています。

病院で軟膏のベースに使われるのは白いワセリンです。顔の使用やアレルギー、アトピー保持者は白色ワセリンがおすすめです。ただ、黄色ワセリンよりも値段が高いのが特徴です。

ワセリンは花粉シーズンに1つ使い切らずに終わることも多いものです。妊娠中なら産後に赤ちゃんと使用することをかんがえて、不純物の少ないワセリンを購入すると無駄がありません。

ワセリンの保管

ワセリンは余計な成分が入っていないぶん、デリケートです。高温になる場所に保管するとベタベタになってしまいます。熱が強いと油分が分解されて、油が表面に浮いたり液状になります。ですから直射日光に当たる場所も控えてください。

花粉症対策のワセリン注意点

洗顔花粉症対策としてワセリンを使用するときは、ワセリンに期待する花粉をキャッチする効果に注意してください。ワセリンがキャッチした花粉はワセリンに付着しているので時間がたっても消えません。そのままワセリンと一緒に肌に残っています。ただ体内に侵入していないだけです。

時間とともにワセリンが薄くなったら花粉が肌に直接触れることもあります。ワセリンを塗りなおしたり、洗い流す間隔は短いほうが安心です。例えば妊娠中に1時間買い物で外出したら、まだワセリンの効果が持続していても帰宅したら洗い流すことを、おすすめします。

ワセリンも使用期限が定められています。食品と違って長期間なので忘れがちですが、安全性が高いといってもにおいが変わったり表面の色が変化しているときは酸化している可能性が強いです。

治療ではなく予防

以上のことを踏まえると、ワセリンは花粉症の治療ではなく予防対策に効果的だとわかります。まずは目や鼻粘膜、のどに花粉を侵入させないことが花粉症状をださないための鉄則です。そんなときに花粉が体内に侵入する手前で、盾になってくるのがワセリンです。

妊娠中も薬に頼らない花粉症対策の1つとして、ぜひ参考にしてください。効果のほどは人それぞれのようですが、お腹の赤ちゃんに影響がない花粉症対策は安心感があります。


もっとみる→



関連イメージ