花粉症の遺伝

花粉症は昨年まで全く無縁でも、急に今年から症状が出始めることも珍しくありません。妊娠をきっかけ花粉症が発症することもあり、環境や外部からの影響がきっかけになることもあります。

花粉症は、身内にアレルギー体質や既に花粉症保持者がいるとかかりやすいとも言われています。遺伝性の病気は親から遺伝することが多いと言われますが、同じ地域に住んでいなくてもアレルギー体質の遺伝があれば、花粉症になりやすい体質なのでしょうか。

また、妊娠中の母親が花粉症の場合、産まれてくる赤ちゃんには花粉症が遺伝する可能性が高いのか考えてみましょう。

妊娠中の花粉症は赤ちゃんに遺伝するの?

花粉症は、簡単に言うとアレルギー疾患の1つです。ですから、もともとアレルギー体質で目に症状が出やすい人は、花粉症でも目の症状が目立ちます。

花粉症の場合は、本来持ち合わせているアレルギー抑制遺伝子が、花粉のつくるIgE抗体(アレルギーの元となる抗体)を体内で繁殖させなければ症状も抑えられます。しかし、IgE抗体を抑制できない場合、抑制できる体よりも花粉症になる確率がかなり上がってしまいます。

IgE抗体を抑制できなければ必ず花粉症になると断定はされていませんが、抑制できる場合は花粉症を遠ざけることができます。そして、この体内の仕組みが遺伝されるのならば花粉症になりやすい体質も遺伝されていると考えられます。

アレルギーの中でも、喘息やアトピーは身内間での遺伝が多く見られます。もちろん体質も影響しているのでしょうが、子どもにアレルギーが認められた場合、親や祖父母・兄弟姉妹でアレルギー保持者があるか調べられることは珍しくないことです。

しかし、アレルギーが必ずしも子どもに遺伝する確定はできません。ですから花粉症も、産まれてくる子どもに必ず遺伝するとは決まっていないのです。

ただ、注意しておきたいのは花粉症の時に服用する薬です。妊娠中は一時的な服用であっても、遺伝ではありませんが胎盤を通じて赤ちゃんに何らかの影響を及ぼす可能性があります。妊娠中に花粉症の症状をやわらげる薬を服用する時は、必ず主治医に確認する必要があります。

どうしてアレルギーは遺伝するの?

花粉症はアレルギーの一種として考えられます。アレルギーは、体内に異物が侵入した際に、体が拒否反応を起こすことです。通常はだれでも拒否反応は起こしますが、アレルギーの場合は拒否反応が過剰に行われて肌や体調に現れてしまいます。

このアレルギーの拒否反応の出方は人それぞれです。肌に湿疹が出てしまう人もいれば、発熱を伴う人もいます。このように人それぞれの反応が出るにも関わらず、アレルギー体質が遺伝する可能性が高いのは、体質的な問題だけはないからです。

育った地域の環境や、食べ物、ライフスタイルが家族では似ているからアレルギーの出方も似ているという指摘もあります。つまり、極端に言えば杉の木が沢山ある地域に住んでいれば、代々、スギの花粉にアレルギー反応を起こしてしまう可能性があるということです。

食生活においても肉類中心のメニューは、野菜や魚中心の食生活よりも花粉症になりやすいと言われています。妊娠中にそのような食生活をして、産後も肉類中心の食生活を続ければ子どもは必然的に、肉類のたんぱく質を必要以上に摂取する食生活になってしまいます。

花粉症やアレルギーが子どもに遺伝するか考える時に、生活習慣や食生活も考えてみましょう。もしも花粉症やアレルギーの原因になりそうな点があったら、それは子どもに習慣付けても良いのか、主治医に相談して妊娠中に判断しておく必要があります。

妊娠中に気を付けること

花粉症をはじめとするアレルギーの遺伝は、妊娠中に気を付けただけで防げる問題ではありません。しかし、赤ちゃんの体質をよりよくして健康な状態で出産に臨む準備はしておきましょう。

必ずしも母親が花粉症だからと言って遺伝すると決まったわけではありません。ハウスダストや花粉の侵入を防ぎ、新生児が安心して過ごせる部屋作りを心がけましょう。他にも気を付けることは以下の通りです。

・アルコール、喫煙を控える。
・肉類中心の食生活は避ける。
・野菜と果物を定期的に摂取する。
・ヨーグルトなど、乳酸菌の摂取を心がける。
・うがい手洗いで風邪や他のウイルスを予防。
・睡眠時間をたっぷりとって疲れを持ち越さない。

ちょっとした生活の予防が、自身の予防とともに赤ちゃんへの予防にも繋がります。大切なのは一時的ではなく、無理なく続けていくことです。花粉症の時期に気を付けるのは当然ですが、症状が現れる前から実践しなければ本格的な花粉症シーズンに効果は出ません。

今シーズンに得た知識は、また来シーズンの花粉症の時期に必ず役立つ情報です。そして花粉症は張るだけではなく秋に症状が出ることもあるので、通年を通して念頭に入れて食生活や習慣を見直していきましょう。




もっとみる→



関連イメージ