高齢出産の疑問解決

高齢出産は帝王切開になる?肌が老ける原因や、若いママとの付き合いに不安など高齢出産の疑問をわかりやすく説明。

流産・早産しやすいってホント?

妊婦健診高齢出産は流産しやすいというイメージを持っている人もいます。高齢出産で確率の上がる染色体異常や前置胎盤早期剥離(ぜんちたいばんそうきはくり)が流産の原因の1つだからでしょう。

不妊治療で前置胎盤のリスクが高まるケースもあるので、母体の年齢だけでは判断できません。でも、出産年齢が上がって流産の確率が下がることもありません。高齢出産だからといって怖がる必要はありませんが、妊娠中の無理は禁物だと考えましょう。

妊娠中の流産や早産が心配だと考えるときは、必ず妊婦健診に行ってください。不安要素が早めに見つかれば、流産や早産を予防できる可能性も高くなります。

高齢出産は帝王切開になるの?

高齢出産で帝王切開になるケースが増えるのは本当です。でも帝王切開になる理由は人それぞれで、高齢出産が原因ではないことも多いです。高齢出産だから帝王切開を選ばないといけないとは決まっていません。

高齢出産で帝王切開になるケースが増えるのは、微弱陣痛でお産が長引いたり子宮口が開きにくくなるトラブルがあるからです。高齢出産で自然分娩やLDRで出産した人や、無痛分娩を選んだ人もいます。

高齢出産は分娩施設が限られる?

高齢出産でも沢山の分娩施設から選ぶことができます。ただ、お産を前にして早産の兆候や、妊娠高血圧症候群などのトラブルが見つかっているときは、念のため医療行為のできる施設をすすめられることもあります。

妊娠中にバースプランを考えて、自分の要望に沿える分娩施設を探すことも可能です。そのためには日頃の食生活や体調管理を整えて、妊娠中の高血圧や尿たんぱくを予防することも必要です。

産後の回復が遅くなる?

産後の回復はお産の経過に影響されます。若くても帝王切開で出血が大量で輸血をする人もいるし、高齢出産でも自然分娩で出産する人もいます。

高齢出産では体力作りと筋肉維持も大切な課題です。お産が長引きやすいことから、産後の回復も時間がかかることがあります。例えば高齢出産で帝王切開をすると、出血量が多くなりがちです。その影響で産後の回復が長引くこともあるでしょう。でも、予測して鉄分を摂取したり対策を練ることもできます。

肌が一気に老けてしまった

高齢出産で髪や肌がパサパサになったという話も聞きます。これは肌の調子を整えている女性ホルモンのエストロゲンの分泌量が、妊娠中に変化するからです。髪や肌は、女性ホルモンの急な変化に対応できずにカサカサしたり、過敏になります。そんなときは肌にやさしい成分を選んでください。

高齢出産に限らず、出産後は肌がきれいになったという人もいるので、肌異常がずっと続くわけではありません。産後の生理が再開して女性ホルモンの分泌量が戻って安定すれば、髪や肌質も改善されます。

若いママのなかで浮いてしまいそう

高齢出産でママになると、周りのママの年齢が気になることもあります。世代が違えば話が合わないのではないか、仲良くなれないのではと不安もあります。ただ皆、同じ年に妊娠・出産を経験しているので、ママになったスタート地点は一緒です。産院の話や、育児グッズなど共通の話題もあります。

産後は年齢が気にならないことも多く、年齢よりも共通点や考え方で仲良くなります。35才以上での妊娠経験が、次の高齢出産を予定しているママ達の励みや参考になります。年齢は気にせず、新たな出会いを広げていきましょう。




関連イメージ