陣痛 出産の兆候

陣痛とは

陣痛とは、子宮の筋肉が赤ちゃんを出口のほうに出そうとするために起こる子宮の収縮です。子宮収縮を繰り返すことで子宮口がだんだん開いてきて、収縮する時間も長くなります。

陣痛の始まり

最初は軽い生理痛のようなおなかの張りや腰の痛みから始まります。不規則だった痛みと間隔がだんだん規則的になってきて、それが10分間隔になったときがお産の始まりとされています。

前駆陣痛とは

前駆陣痛とは、陣痛の予行練習です。出産が近づくにつれ不規則な子宮収縮が起こり、頻繁におなかの痛みや張りを感じます。本物の陣痛をよく間違われ、あわてて入院すると陣痛がなくなってしまうこともあります。

病院に連絡する時期

陣痛を感じたらすぐに時計をチェックします。陣痛の間隔が10分になったら病院に連絡をしましょう。また激しい痛みや発熱がある場合は陣痛の時間とは関係なく病院に連絡をして!

注意すること

初産と経産の人では陣痛の間隔が違います。初産の人が病院に連絡する時期は陣痛の間隔が10分ですが、経産の人では15分というのが一般的です。

病院にいくときは痛みのない時間を見はからい、近い移動でも車を利用したほうが安心です。移動中に陣痛がきたら車の中では横になり、歩いているときは立ち止まって痛みの波が過ぎるのを待ちましょう。






関連イメージ