緊急帝王切開

出産時に緊急帝王切開を選択する主なケース、なぜ緊急帝王切開になるのかを説明します。

緊急帝王切開とは

緊急帝王切開とは、分娩中の母体あるいは胎児の状態になんらかのトラブルがおきて、緊急に赤ちゃんをお腹から取りだす必要があるときにとられる措置です。普通分娩の途中で緊急帝王切開に切り替わることもあります。

緊急帝王切開は、予定帝王切開と違って詳しい説明や同意書を書く時間も限られています。母子の生命を守るための緊急措置と考えてください。

常位胎盤早期剥離(じょういたいばんそうきはくり)

赤ちゃんは生まれるまで胎盤から酸素と栄養を受け取っています。通常は赤ちゃんが産まれた後に、胎盤も子宮から出ていきます。

ところが赤ちゃんがまだ子宮にいるうちに胎盤が子宮の壁からはがれ落ちてしまうと、大量出血とともに赤ちゃんには胎盤からの酸素と栄養が届かなくなります。その時間が長引くほど、赤ちゃんは生命が危険になります。

母体も出血が多いので血圧が下がって危険です。胎盤がはがれて母子の体力が継続不可能、生命の危険が予測されるときに緊急で帝王切開に切り替えます。

臍帯トラブル

臍帯巻絡胎盤と赤ちゃんを結ぶ臍帯(さいたい)が、赤ちゃんの腕や首に巻きついてほどけない状態を臍帯巻絡(さいたいけんらく)と呼びます。赤ちゃんは臍帯に動きを制限されて産道に移動できません。首に巻きついたままでは、子宮内で赤ちゃんが呼吸困難におちいります。

臍帯巻絡は、お産が進まず、陣痛がおきてもなかなか胎児が降りてこない時に考えられるトラブルです。赤ちゃんの心拍数も低下し始め、母体も体力の限界に達すると母子ともに危険です。

他にも臍帯脱出(さいたいだっしゅつ)といって、赤ちゃんよりも先にへその緒が出てしまい、赤ちゃんに酸素と栄養が届かなくなることもあります。酸素が届かなくなる前に、緊急帝王切開で赤ちゃんを取りだします。

微弱陣痛(びじゃくじんつう)

陣痛がはじまっているのに間隔が狭まらない、陣痛が弱くて子宮収縮で赤ちゃんを押しだすことができない場合は、自然分娩から緊急帝王切開に切り替えるケースがあります。

帝王切開の他にも微弱陣痛でお産が進まない時は、赤ちゃんの頭を吸引して外にひっぱりだす「吸引分娩」や、かんしという器具で赤ちゃんの頭を支えてひっぱりだす「かんし分娩」があります。

過剰陣痛(かじょうじんつう)

陣痛子宮口が開きはじめたばかりでも陣痛が強くて、母体に負担がかかりすぎているときは緊急帝王切開になることがあります。

陣痛促進剤を使用したときに効果が大きく出て痛みが強くなるケースもあり、母体が痛みに耐えられない状況に陥ります。この場合は、医師や看護師にすぐ報告します。陣痛促進剤の使用を中止して普通分娩を続けるケースもあるので、痛みの報告は大切です。

赤ちゃんの様子が陣痛促進剤の影響で弱っていたり、刺激によって子宮にダメージが与えられている場合に緊急帝王切開を選択することが多いようです。

妊娠高血圧症候群

妊娠高血圧症候群は最高血圧140、最低90以上の血圧検査結果が連続で出て、足のむくみや尿検査陽性(尿たんぱく)の場合に心配な症状です。

高血圧気味の人なら珍しくはないかもしれませんが、妊婦の高血圧は危険です。血管が収縮されて血流が滞ると、赤ちゃんに酸素や栄養を届けることも困難になり、発育遅延や生命の危機に至るケースもあるのです。

分娩中に血圧があがって症状が悪化した場合、経膣分娩から緊急帝王切開に切り替わることがあります。

胎児仮死(たいじかし)

胎盤やへその緒のトラブルによって、分娩中の赤ちゃんに充分な酸素がいき渡らずに低酸素状態で苦しんでいる状態は胎児仮死と呼ばれます。

赤ちゃんの低酸素状態は心拍数の低下で判断します。改善されずに生まれると、新生児仮死といって麻痺が残る可能性があります。低酸素状態が重度の場合は、死亡の危険性も含んでいます。そのため、早急に赤ちゃんを取りだす必要があるのです。




関連イメージ