帝王切開の不安

はじめての帝王切開での出産、2回目以降も帝王切開のなる場合の疑問をわかりやすく説明します。帝王切開は手術なので母体の体力や、術後すぐに育児を開始できるのか心配になります。

帝王切開の痛みが怖い

安産

帝王切開は開腹手術で赤ちゃんを取りだします。痛みに耐えられるのか不安になります。

実際は、部分麻酔または全身麻酔によって腹部の感覚をなくして手術をすすめます。ですから開腹手術中に激痛が続くことはありません。

手術後数時間で麻酔の効果が薄れていきます。そこからは産後の子宮収縮も手伝って、急に痛みを感じることになります。つらいときは医師や看護師に相談して、痛み止めを処方してもらったり休息できるようにケアしてもらいます。

赤ちゃんの産声は聞こえる?

帝王切開で麻酔をすれば痛みは緩和されますが、眠くなったり意識が遠のいて赤ちゃん誕生の瞬間がわからなくなるのは避けたいです。自然分娩のように生まれた姿をみて抱っこしたり、初乳をあげたいものです。

部分麻酔の場合は腹部周辺の麻酔なので、意識は残ります。多くのママが帝王切開で赤ちゃんの産声を聞いています。帝王切開でも赤ちゃんの産声を聞くことは不可能ではありません。

出血量が心配

帝王切開で開腹から子宮を切って、赤ちゃんを取りだすまでの時間は5~10分程度です。

特に子宮は多量出血を最小限に抑えて赤ちゃんを取りだせる下部を切り、赤ちゃんを取りだした後の縫合も素早く行われます。

麻酔が赤ちゃんに悪影響を与えないか心配

帝王切開の前の麻酔は、麻酔に熟練している医師が行います。誰でも麻酔を扱えるわけではないので安心してください。

麻酔の多くは部分麻酔です。腰から背中になけて脊椎に直接注射をする腰椎麻酔(ようついますい)か、カテーテルを挿入して麻酔薬を注入する硬膜外麻酔です。どちらになるのかは、母子の状態や病院によって異なります。どちらも赤ちゃんに影響を与えるものではありません。

麻酔に関しては、副作用など手術前の同意書でも説明があります。不安な点ははっきり質問しておくことをおすすめします。

自然分娩より劣っている?

帝王切開をすることが、自然分娩よりも劣っている出産方法のように考える必要はありません。実は帝王切開で出産しているケースは増加しています。昔は出産トラブルで帝王切開になるというイメージだったかもしれませんが、現在は母子が最も安全にお産を乗り切るための選択肢の1つです。

自然分娩など分娩スタイルこだわって母子の生命を危険にさらしたり、体力的に無理をすることのほうが心配されています。

好きな分娩施設で出産できる?

帝王切開は健康保険適用の医療行為になるので、自宅や助産院では出産できなくなります。自宅や助産院でのお産中に、母体や赤ちゃんの生命を優先して病院での緊急帝王切開に切り替わることも考えられます。

分娩場所や雰囲気にこだわりたいときは、ちょっと理想と違ってしまいますが、母子の安全を優先した措置をとることに変わりはありません。

切開跡が残るのか気になる

帝王切開は下腹部(おへそ下から恥骨)を縦に切る方法と、筋膜まで横切りする2種があります。横に切ったほうが跡が残りにくいという人も多いです。

縦に切るほうが傷跡が目立つという人が多いのですが、赤ちゃんを取りだしやすく短時間で手術をすすめやすいメリットもあります。

最初だけは傷跡が痛々しく、消毒も必要なのでびっくりするかもしれません。手術後1週間ほどで、お腹表面のステープラー(医療用のホチキスのようなものです)も取れて、傷も回復していきます。完全に目立たなくなるには1年ほどかかると考えてください。

次の妊娠はいつから?

帝王切開で出産すると傷が目立たなくなるまで、長くて1年ほどかかる人もいます。半年以降に生理が順調に再開していれば妊娠は可能ですが、母体の負担を考えると1年後からの妊娠が安心です。

持病や切開後の傷の様子も含めて、医師に確認してみましょう。もしも2人目も帝王切開になる可能性が高いときは、産後の1人目の育児をどう対応するのかも考えてください。母体が回復しないまま、2人の赤ちゃんの育児をこなすには周囲の助けも必要です。

2人目以降も帝王切開になる?

帝王切開を選択した理由がクリアされていないと、2人目以降も帝王切開の可能性が高くなります。母体の骨盤がもともと狭くて普通分娩が困難、病気によって母子の安全を優先して帝王切開になるなど選択理由は人それぞれです。

母体の状態によっては、2人の自然分娩を受け入れる産院もあります。ただし帝王切開を経験すると、その後の出産で子宮に大きな負担をかけやすいとも言われています。子宮破裂のリスクも高まることから、母子の安全を優先して帝王切開をすすめる産院もあります。




関連イメージ