切迫流産

妊娠中に流産の症状が合併した状態を切迫流産と言います。赤ちゃんは子宮の中に生きていて、流産が進行していることではありません。

切迫流産の症状

おなかに張りや痛みがあり、出血が続くこともあります。子宮にトラブルはなく子宮頚管も閉じていて、胎児や心拍も確認できます。腹痛や出血の症状が大きいほど、流産する危険があります。

切迫流産の治療

安静が大切

医師に切迫流産と言われたら、何より安静が大切です。外出や運動は避け、生活最低限の行動までにとどめます。出血が続く場合や症状が重い場合は薬を出されたり、入院することもあります。

切迫流産の影響

出血や腹痛の症状が消えれば、その後の妊娠生活に影響はありません。また出産後の赤ちゃんへの影響もないとされています。

切迫流産の意味

昔は超音波検査が発達していなかったので、「流産が切迫している」と言う意味で使われていました。ですのでおなかの張りや腹痛、出血などの症状が出ると、とりあえず切迫流産と診断されたようです。

切迫流産の現在

超音波検査(経膣プローブ)で赤ちゃんの様子を確認できるようになってからは、切迫した状態ではなく、症状が合併した場合を切迫流産と呼んでいます。

胎のうに赤ちゃんが確認され心拍があることもわかっていれば、出血や腹痛があっても妊娠を継続できる可能性が高く、安静にしていれば問題ないことが多いようです。

しかし母体側、赤ちゃん側に何らかの原因がある場合には、進行流産に移行してしまうことがあります。






関連イメージ