胞状奇胎、科学的流産、子宮外妊娠

胞状奇胎

胎盤になるはずの絨毛が異常に増殖してしまい、子宮内がぶどうの粒状になってしまう病気。昔は妊娠初期には区別がつかなかったのですが、近年では超音波検査やhCG量の測定で妊娠早期にも発見できるようになりました。

胞状奇胎の特徴

流産は通常、細胞が子宮外に流れ出て行きますが、胞状奇胎は逆に細胞が子宮内にとどまろうとします。そのため放って置くと絨毛がんに移行する可能性があるとされています。全妊娠の500分の1程度の割合(別名ぶどうご)

胞状奇胎の症状

断続的や継続的に出血することがあります。子宮は通常より大きめになります。心拍数、胎児ともまず確認できません。吐き気や嘔吐などのつわりの症状が強いことがあります。

胞状奇胎の治療法

掻爬(そうは)手術を何回かに別けて子宮内の組織を完全に取り除きます。その後は残った細胞が、絨毛がんに移行してないかを観察をします。

胞状奇胎の体験談はこちら

科学的流産

妊娠超初期の排卵から着床の時期、受精は成立したのに妊娠が継続できないことを科学的流産いいます。医学的には流産に含まれません。妊娠超初期に受精卵となっても子宮内に着床が完了せずに妊娠に至らないケースがよくあります。自分では妊娠したことに気づかない人も多いようです。(ケミカル・アボーション)

気づかない人も多いわけですから統計も取れません。科学的流産を含めると流産率はものすごく高くなると考えられます。

科学的流産の症状

妊娠検査薬で陽性がでますが、胎のうは確認できません。普段より生理が遅れて「重い」と感じたり、いつもと違った出血があったりします。

科学的流産の治療

細胞は全て流れてしまうので治療しない事がほとんどです。その後の生活も今までと変わりません。

子宮外妊娠

子宮外妊娠とは、受精卵が子宮内膜以外に根をはって着床してしまうことです。軽い出血が間隔をおいてあったり持続したりします。出血量は少なく激しい腹痛があるのが特徴です。

e-妊娠詳しくは子宮外妊娠






関連イメージ